FC2ブログ

いくさかの郷のおやきリベンジ

新しい車になって2週間が経ち、その乗り慣らしの意味も兼ねて、
昨年10月に行った時におやきが売り切れていて買えなかったリベンジと
またおからドーナツとおからクッキーが食べたくて、生坂村にある
『道の駅 いくさかの郷』へ行ってきました。

その途中、安曇野市の『道の駅 ほりがねの里』に寄り、
そこから少し歩いた歩道から常念岳などの山の写真を撮りました。

常念岳(左側)と横通岳。
2019年2月常念岳1

常念岳、横通岳と右の方には有明山、その右奥の白い山は餓鬼岳?
2019年2月常念岳2

ほりがねの里から車で4,50分ほどでいくさかの郷に到着。
到着したのは12時前で、灰焼きおやきの売り場へ行くと野菜ミックスは既に
売り切れていましたが茄子が残っていたので購入しました。
サイズはかなり大きめでした。
その後、農産物直売所でおからドーナツやおからクッキーなどを買ってから
食事処で『とうじうどん』をいただきました。
いくさかの郷とうじうどん

帰りは安曇野I.Cから長野自動車道を通り、新しい車で初めて高速道路を走りました。(2区間だけですが)

真冬の乗鞍高原

1年前に乗鞍高原の凍った滝『氷瀑』を観に行き、それが自分が本格的に登山を
始めるきっかけの1つにもなったのですが、1年前はまだ一眼レフカメラを持ってなくて
一眼でも氷瀑を撮影したかったのと、冬場のちょっとした山歩きの意味合いも兼ねて、
今年の冬も乗鞍高原へ行ってきました。
また、先週新しくなったばかりの車での初めての長距離(中距離?)ドライブでもありました。

自宅を8:40頃出発し、約1時間で番所大滝の駐車場へ。
ここから滝へ行くには急な階段もあり冬場は滑って結構危ないので、
今回はアイゼンを装着して行きました。(去年はスノーブーツでしたが)
19年1月乗鞍高原1

19年1月乗鞍高原2

去年はここでは誰にも会いませんでしたが、今回は1人の人と会いました。

車で移動して次は善五郎の滝へ。
乗鞍高原の直前まで雪の量は僅かでスキー場は大丈夫か?と少し心配になり
ましたが(決して自分がスキーやスノボーをやるわけではないが)、スキー場の
辺りまで来るとそれなりの積雪はありましたが、去年来た時よりは少ない印象でした。

善五郎の滝の駐車場には6,7台ほどの車が停められていました。
そして去年来た時よりは少なかったですが、2人の人がアイスクライミングを
していました。
それ以外にも滝を見に来たカップルや十数人の団体の人達などが居ました。
19年1月乗鞍高原3

19年1月乗鞍高原4

19年1月乗鞍高原5

19年1月乗鞍高原6

車で休暇村乗鞍高原へ移動し、まずは中のレストランで昼食として
『信州サーモン山かけ重』(テーブルのメニューには「山かけ丼」となっているが
店の入り口の所のメニューには「山かけ重」となっていて実際丼ではなく櫃で出てくる)
を食べました。
このメニューを食べるのは一昨年の秋に紅葉を観に来た時以来です。

食事後、休暇村から歩いて5分ほどで行ける牛留池へ。
牛留池には何度か来たことはありますが冬来たのは初めてでした。
19年1月乗鞍高原7

19年1月乗鞍高原8

車に戻り、最後の目的地の日帰り入浴施設『湯けむり館』へ。
ここは1年ぶり2度目です。
入浴を済ませてから、館内のレストランで気になっていたピザと『こけももソフト』
を食べました。
コケモモソフトは確か去年も食べましたが、ピザも気になったので注文しました。
よく高原へ行くと石窯で焼いたピザがありますが、今回初めてそのような焼きたての
ピザを食べてみたのですが、こけももソフトも美味しかったですがピザもかなり
美味しかったです。
19年1月乗鞍高原9

新車

先月契約した新車が納車となりました。
C-HR.jpg

真冬の寒い時季ということや、つい先日の酷い土埃、また普段から洗車や
車内清掃をあまりやらないこともあり、今まで乗っていた車をかなり汚い状態で
引き取ってもらい何か申し訳ない気持ちでした。
だったらちゃんと綺麗にしてから引き取ってもらえって話ですが、
この寒い時季で前日の土曜日が仕事だった事、午前中の納車だったこともあり、
「少しは綺麗にしておいた方がいいかな?」と思いつつもやれませんでした。

今まで乗っていた車で行った主な遠い所は、富山、長岡、東京(調布)、宇都宮、
房総半島(一周)、伊豆半島(一周)、浜松、白川郷、津、京都
といったところです。

納車したこの日は近場にしか行きませんでしたが、この冬のうちに車で行く予定の
少しだけ遠い所は乗鞍高原と駒ヶ根です。
乗鞍高原は去年の冬にも行った凍った滝を見るのとアイゼンでの雪道歩行の練習も
兼ねて行きます。
駒ヶ根は一年中営業している中央アルプスの駒ヶ岳ロープウェイに乗り、
白銀の千畳敷カールを散策しようと思っています。

京都2日目(智積院、養源院)

[1月14日]

京都御所近くのホテルを朝8時過ぎに出て、丸太町から京都駅まで地下鉄に乗り、
コインロッカーに荷物を入れてから歩いて智積院へ。
京都駅から智積院までは徒歩20~25分ほどの距離です。

9時ちょっと過ぎ頃に智積院に到着。
智積院は真言宗智山派の総本山です。
19年1月京都11

金堂(本堂)へ行く手前に有料エリアの受付があったので拝観料を払い、
先に庭園などの有料エリアへ。
19年1月京都12

少し行くと庭園に造られた山としては異常に高い人口の山のある美しい日本庭園が
ありましたが、池の改修工事中のため、池の水が抜かれていて少し残念に
思いましたが、案内していた女性が「普段は池を囲む石の上の方しか見れないので
下の方まで見られた皆さんはとても貴重な体験をされました」と前向きな案内を
されていて、「池の水があれば更に綺麗だっただろうな」と思った自分の悔しさを
軽くしてくれました。
19年1月京都13

19年1月京都14

19年1月京都15

19年1月京都16

有料エリアの見学を終え金堂へ。
成田山新勝寺、川崎大師、大須観音などの名立たる寺院が属する真言宗智山派の
総本山の金堂としてはそれほどの規模ではありませんでした。
19年1月京都17

19年1月京都18

智積院の見学を終えた時間は10時半頃で予約してある帰りの新幹線の時刻は11:58。
まだ若干時間に余裕があったので、少し気になっていた養源院へ行ってみることに。
養源院は道路を挟んで智積院の隣(京都駅寄り)、
智積院と三十三間堂の間にあります。
19年1月京都19

養源院は30分以内で見る予定でしたが、中で案内をしていてそれを全て聴いていたら
40分くらい滞在していて、帰りは京都駅まで時々走りながら急いで行きました。
養源院は有料エリアの見学する範囲こそ狭いですが、木の戸に描かれた杉戸絵や、
関ヶ原の戦いの前哨戦となった伏見城の戦いで徳川方の武士が自刃して血で
染まった廊下の板を天井にして弔った『血天井』といった歴史好きにとっては
とても見応えのある寺院でした。
血天井は400年以上経った今でも血の跡が黒くなって手形や足型なども確認できる
部分もあり、とても興味深く見入ってしまいました。
ちなみにここでの案内は最初録音された解説のアナウンスがラジカセで流され、
その後係員の人が補足みたいな感じで説明するのですが、ラジカセで流している
音声はカセットテープに録音されたもので音質も悪く、だったら案内する人が
その録音されている内容を暗記して説明すればいいのでは?と思いました。

その後、京都発11:58の『ひかり』に乗って12:34に名古屋に到着。
名古屋発13:00の『しなの』13号に乗って塩尻で乗り換え、15:15頃帰宅しました。

アフタービートDE新年会3

13日の日曜日は京都のAFTER BEATで光誉祐華さん(旧・愛$菩薩さん)主催の
【アフタービートDE新年会3】に出演させていただきました。

リハを終え、オープンまであと30分も無いという時、下にライブ衣装(ユニフォーム)を
着ておこうとしたら衣装が無い!
衣装をホテルに置いてきてしまったのです。
急いでホテルまで取りに行ってそのまま下に着てきました。
普通に歩いて行けば20分かかるところを片道10分で行きました。

今回のイベントは祐華さん以外には石川県の第七警察さんとも何度かご一緒して
いて、Bugって花井さんとも一度ご一緒しています。
第七警察さんはユーキの前の2番目に出演。
味方の刑事が2人殉職してしまうというシーンでは、すごく悲しい音楽が流れて
いるのに何故か笑えてきました。
19年1月京都ライブ1

そして自分自身のライブ。
今回のライブは年末の新松戸の時と同じセットリストでした。

1.山賊焼き
2.松本城初代城主・石川数正
3.名古屋魅力発見
4.GO-HEY!
5.名古屋の和菓子
6.尾張七代藩主・徳川宗春
7.おやきサンバ

いつもライブでは2曲連続で歌う箇所が前半に1ヶ所あるのですが、
今回は珍しく後半に2曲連続を持ってきました。
同じセットリストだった新松戸の時は1,2曲目を連続にしたのですが、1曲目を歌い
終えたところで一度MCを入れたかったので、今回は5,6曲目を連続にした
のですが、慣れないことをやったせいで連続でやることを忘れていて、
5曲目が終わり6曲目の『尾張七代藩主・徳川宗春』のイントロが流れたところで
オケを止め忘れたのかと勘違いし、一度止めてもらいました。
その直後、元から連続だった事を思い出し恥をかきましたが、それはそれで
ウケたので良かったと思います。
その失敗以外ではそれなりに納得のいく出来でした。
19年1月京都ライブ2

主催の祐華さんはトリ前の5番目の出演。
改名されてからは初めて観たのですが、笑いは封印(?)したライブになっていました。
19年1月京都ライブ3

最後は出演者全員で集合写真。
19年1月京都ライブ4

ライブ後は店内で打ち上げを行いました。
打ち上げでは関西人パワーに圧倒されました。