FC2ブログ

伊那へ下見

11月18日に伊那のグラムハウスで初めてライブ出演させてもらうのですが、
今の場所へ移転してからまだ行ったことがなかったのでその下見と、
駐車場の場所確認のため、8日の土曜日は伊那へ行ってきました。
ちなみにこの日のグラムハウスは前回の自主企画に出演してくれた
AFTERGROWや、対バン経験のあるTO DESTINATIONなどが出演しました。

伊那へ行く時は今までは必ず車で行っていましたが、現在のグラムハウスは
伊那市駅からすぐで、久しぶりに飯田線にも乗ってみたかったので、
今回は電車で行きました。
松本から飯田までの直通列車に乗ったのですが、座席の転換ができるシートで、
途中岡谷で進行方向が変わるので座席を転換させたかったのですが
前後の席に座っている人の都合で転換を断念し、岡谷から伊那市までは
進行方向後ろ向きでした。
こういう転換できる座席で途中で進行方向が変わる列車って困るんですよね。
岐阜駅で進行方向が変わる特急『ひだ』のように名古屋駅出発時から後ろ向きに
なっていれば転換の必要はないのですが、以前特急『はまかぜ』に乗って
姫路駅で進行方向が変わる際、乗客同士が声をかけあって座席を転換させ、
ちょっと面倒でした。

伊那市駅に着いたのはライブのスタート時間の3時間以上前の14時半前。
まずはグラムハウスの場所を確認し、周辺の駐車場を調査。
その後、一度行ったことのあるショッピングセンター『ベルシャイン』へ。
その途中の天竜川に架かる橋の上から撮影。

北側
伊那天竜川1

南側
伊那天竜川2

伊那市駅前から歩いて約15分ほどでベルシャインに到着。
前回行ったのはもう10年以上前だったと思うのですが、
その頃と比べて老朽化したこともありますが、店内が殺伐とした雰囲気になっている
という印象でした。

ベルシャインから駅方面に戻り、天竜川沿いの国道153号を南下してアピタ伊那店へ。
ベルシャインからは25分~30分くらいかかりました。
アピタではフードコートで早めの夕食を食べたり(16時過ぎ)、その後どうしても気に
なって食べたくてフードコートの別の店で抹茶アイス入りのクレープを食べました。

16時半頃にアピタを出て伊那市駅前に戻り、途中から雨が強くなり、
伊那市駅の待合室で時間を潰してから17:20頃にグラムハウスへ。
ホールの広さは前のグラムハウスよりも狭めでしたが、ライブハウスとしては
手頃な広さかなと思いました。
また、天井が少し低めなのが少し気になりました。

白馬岳の代わりに甲府

1日の土曜日は天気が良ければ白馬岳に登るつもりでした。
しかし1日も2日も天気は良くなさそうで、しかも松本近辺で特に観に行きたい
ライブも無かったため、この土日の楽しみが何もない状態でした。
そこで、天気が良くなくてもある程度楽しめる所へ行きたいと思い、
だったら行楽地よりも街がいいと思い、比較的近場でそこそこ店もあって
しばらく行ってない所という事で甲府へ行くことになりました。

そんな甲府での主な目的は、
・まだ行ったことのないイオンモール甲府昭和へ行く
・甲府駅の駅弁を食べる
・信玄ソフトクリームを食べる
・2回行ったことのあるラザウォークへ行く
といった感じです。


最寄り駅発7:49発の普通列車に乗り、9:37に甲府駅に到着。
最初に駅弁を買って食べようと思ったけど腹が減ってなかったので、
駅から出て、駅前のバスターミナル発9:45のイオンモール行きの
快速バスに乗車。
約25分でイオンモールに到着。
店内を1階から3階まで一通り見て回りました。
見て回った感想としては、規模としては松本のイオンモールよりも少し
大きい感じですが、あまり自分の興味のある店はありませんでした。
モール内の回転寿司店で軽く食事をしてから12:00発のバスに乗って甲府駅前へ。

駅前の山交百貨店へ行ってみると、日曜日なのに客がほとんどいなくて
これで経営が成り立っているのか心配になりました。
その後、岡島百貨店へ行くと、こちらはそこそこ賑わっていました。
岡島百貨店では下着を購入し、その後ネットで調べたパン屋でパンを
買ってから甲府駅の駅ビルを少し見て、まだ時間は13時半頃だったため、
もし時間に余裕があれば行こうと思っていた武田神社へ行くことに。
武田神社は甲府駅から2kmほど離れていますが、そこまで歩いて行くことに。
そもそも本来ならこの日は白馬岳へ行くつもりだったので、登山と比べれば
ほぼ平坦な道といっても良い武田神社までの緩い坂道を歩いて
往復するくらい何ともないです。
ただ、曇っていたとはいえ(時々雨もあたっていた)、外を歩いていると
かなり汗をかいてしまいますが。

甲府駅から約25分ほどで武田神社に到着。
武田神社1

武田神社2
境内を一通り見て回ってから鳥居の前にある土産店で信玄ソフトクリームを
買って食べました。
ちなみに信玄ソフトは山梨県内の色んな観光地の土産店などで販売していて、
元々今回は甲府駅近くの別の店で買うつもりでしたが、
ここにもあったので武田神社前の店で買ったという訳です。

歩いて甲府駅前に戻り、元々信玄ソフトを買うつもりだった店の方へ行ってみると、
線路沿いに土蔵風の店が並んでいてなかなかいい感じの所でした。
(ここの写真も撮っておけば良かったと後悔してます)
その中の店で白桃ジュースを飲み、甲府駅へ行って駅弁を買ってから
身延線ホームのベンチで人目を気にしながら駅弁を食べ、
15:43発の中央線の下り列車に乗り、2駅先の塩崎へ。
ここから徒歩5分(信号待ちの時間を除けば)ほどの所にある
アピタのショッピングモール・ラザウォークへ。

ラザウォークは今回で3回目で、規模ではイオンモール甲府昭和には
負けますが、自分的にはこっちの方がなんか好きです。
東海地方が本拠地のアピタのショッピングモールだという多少の
贔屓目もあるかもしれませんが、モール内の雰囲気とかもラザウォークの
方が何か落ち着きます。
ラザウォークではフルーツジュースの店で梨ジュースを飲んだり、
フードコートで和風スパを食べたり、お土産を買ったりして、
塩崎発18:14の列車に乗って帰りました。

松本サマーフェスト2018

25日の土曜日は松本パルコ前の花時計公園で開催されていた
松本サマーフェスト2018のステージでのライブに出演させていただきました。
今年で3年連続の出演で、去年は13時からの比較的人が少ない時間帯でしたが、
今年は特に賑わい始めることが予想された時間帯の18:15からの出演でした。
サマフェス2018-3
しかし実際にはライブ中盤の18時半頃から特に人が増え始めたように感じました。

[セットリスト]
1.山賊焼き
2.松本城初代城主・石川数正
3.中央西線
4.GO-HEY!
5.尾張七代藩主・徳川宗春
6.おやきサンバ
7.信州人

サマフェス2018-2

サマフェス2018

1曲目の『山賊焼き』のイントロの時、マイクスタンドの高さを調整していたら
急にガタッと下がってしまい、それに焦ってあたふたしていたらイントロが終わり、
歌い出しの準備が出来てない状態で歌い出してしまったため、
歌い出しで上手く声が出ませんでした。

その後、お客さんの反応がいまいちに感じたので少し飛ばしてしまったのと、
練習不足のため、終盤はバテバテになってしまいました。
それでも知り合いの人も沢山来てくれて(たまたまの人もいたかもしれませんが)、
最後までやり切ることができました。
ですが、出来的にはMCもあれだけ大勢の前でグダグダで(いつもの事ですが)、
悔いの残る内容でした。

今年2度目の蝶ヶ岳

20日の月曜日は会社の平日休みを利用して今年2回目となる蝶ヶ岳へ行ってきました。
前回は5月の残雪期に行ったのですが、その時は時間の都合などによって
最終目的地だった蝶槍まで行けなかったため、蝶槍へ行きたかった事、
5月の時は雪渓の斜面を直登した箇所もあり、その際に通ってない本来の
登山道を通ってみたかった事、また、5月の時に滑落しかけた箇所も含め
あの時雪で埋まっていた箇所が雪が無い時はどのような姿なのか
見てみたかったため、そして5月の時は山頂付近から雄大な槍穂高の姿は
よく見えたものの、高い位置に雲がかかっていて空が白かったため、
今度は青空をバックに槍穂高の写真を撮りたかったため、
今回また蝶ヶ岳へ行こうと思いました。

自宅を4時前に出発し、塩尻北I.Cから高速を使い、途中の梓川S.Aで朝食を。
スナックコーナーでわさび肉まんを1つ食べ、それだけでは足りなかったので、
S.A内のコンビニでサンドイッチを買って食べました。
安曇野I.Cで高速を下り、三股登山口の臨時駐車場には5時前に到着。
今シーズンは土砂崩落の影響で三股駐車場までは行けず、
それよりも1kmほど手前の臨時駐車場から歩いて行かなくては
いけないのですが、それよりも更に1km以上手前にある公園の駐車場にも
数台の車が停まっていて、お盆の連休から泊まりで来ている人の車だと思いますが、
こんなに遠くの駐車場じゃないと停めれないくらい混雑していたんだと思いました。

駐車場を5:04に出発。まだ少し薄暗かったですが、ヘッドライトは装着しませんでした。
ちなみに9月1日に白馬岳登山を計画していて、今回はその予行演習的な意味合いも
あったのですが、その時も5時くらいの登山開始を予定しており、
その際の出発時はヘッドライトが必要かもしれません。

途中、標高約1900m地点のまめうち平で休憩をして、標高2200くらいの地点からは
5月の時に雪がありアイゼンを装着して歩いた道へ。
あの時雪で覆われていた場所は草木が伸びて大きく姿を変えていました。
そして自分が滑落しそうになった場所と思われる所も通り、
45度以上の傾斜があるのではないかという斜面を見て
「こんなに急な斜面だったのか!」と驚きました。
また、あの時は雪で覆われていた場所が今は岩がごつごつした急斜面で、
そんな所を今よりももっと初心者だった3ヶ月前の自分がよくアイゼンと
トレッキングポールを使って登り切ったなと思いました。

8合目くらいまで来ると眼下に安曇野や北信~南信の山々が見え、
テンションが上がって「天気が良いうちに山頂へ行きたい!」と歩くペースが
上がった反面、景色に感動してそこら中から写真を撮っていたため、
それなりに時間はかかりました。

安曇野と浅間山(右奥)
18-8蝶ヶ岳01

18-8蝶ヶ岳02

常念岳
18-8蝶ヶ岳03

蓼科山(中央)と松本市南部方面
18-8蝶ヶ岳04

そして8:44に蝶ヶ岳山頂に到着。
しかし、青空は出ているものの、槍穂高の上の方は雲がかかっていました。
18-8蝶ヶ岳05

18-8蝶ヶ岳06

でも稜線上にはあと3時間くらい居る予定なので、それまでに雲が無くなって
くれればと祈っていましたが、天気予報では午後から曇ってくる予報だったので、
午前9時で見えなければこの後雲が無くなる可能性は低いかなとも思いました。

蝶槍へ行く前にトイレへ行こうと蝶ヶ岳ヒュッテに寄ったら掃除中でした。
5月の時も最初蝶ヶ岳ヒュッテに寄った時にトイレの掃除中でした。
仕方ないのでトイレは2時間近く我慢することにして、
5月の時は行けなかった蝶槍へ行くことに。

ところで、稜線上は到着した直後は風が吹くと寒く、半袖Tシャツの上に長袖シャツを
着ていたのですが、それだとかなり寒かったので、その上にソフトシェルジャケットを着ました。
ちなみに駐車場を出た時点では早朝で少し肌寒かったのでそのジャケットを着て
出発したのですが、途中で熱くなってきたので まめうち平で休憩した時にジャケットを脱ぎ、
山頂に着いてからまた着たという訳です。
そして昼に近付き暖かくなってきて風も弱まっていたので、下山時は再びジャケットを
脱ぎました。

蝶槍へ途中に撮影した上高地方面(上高地は山に隠れて見えないが)の写真。
18-8蝶ヶ岳07
実は上高地にはまだ2回しか行ったことがなくて、1回目はまだ保育園に行ってるか
どうかの小さい頃で全く記憶になくて、2回目は高校生の時に川崎から従兄弟が
来た時に家族と一緒に行っただけなのです。
なので上高地は結構行ってみたい場所の1つです。

途中で写真を撮りながらだったりライチョウを探しながら(見つからなかったけど)
ゆっくりと歩いて蝶槍を目指し、蝶ヶ岳ヒュッテから40分ちょっとで蝶槍に到着。
それにしても帰りの雪の斜面に対する恐怖で精神的に余裕のなかった5月の時とは
打って変わり、今回は時間にも心にも余裕があってとても楽しめました。

蝶槍手前から見た蝶槍と常念岳
18-8蝶ヶ岳08

蝶槍から見た常念岳と大天井岳
18-8蝶ヶ岳09

蝶槍には15分ほど居て、蝶ヶ岳ヒュッテには10:53に到着。
トイレに行ってから食堂の営業が始まる11時まで待ち、中の食堂へ。
前回は山小屋の定番であるカレーライスを食べたので、今回は別の物を。
食べ物のメニューは他にラーメン、うどん、おでんがあり、
おでんだけではあまり主食という感じではないので、ラーメンとうどんの2択に。
そこで自分の選んだのは食べたかった方のラーメンではなく、うどんでした。
うどんにした理由は両方とも汁物ですが、汁が残ったらこの山の上でどう処理するのか
気になりました。
ヘリか人力で下まで運ばれるのか、それとも乾燥させるのか。
そう考えると、汁は全て飲み干した方がいいと思ったのです。
その場合、よくラーメンのスープを飲み干すのは体に悪いと聞くので、
だったらうどんかなという自分なりの結論でした。
そして駐車場から3時間以上歩いて登ってきた山の上の山小屋で
うどんを頂きました。
18-8蝶ヶ岳10

その後、改めて槍穂高方面を見てみましたが雲がかかったままで、
青空をバックにした槍穂高の写真を撮るという目的だけは果たせませんでしたが、
自分的にはとても充実した山行でした。

蝶ヶ岳ヒュッテを11:46に出発し、下山の途中から右膝が痛み出しました。
昨年7月の木曽駒ケ岳、今年5月の乗鞍岳、6月の北八ヶ岳の時も
下山中に右膝を痛めたのです。(意外にも5月の蝶ヶ岳の時は大丈夫だった)
そして膝に負担をかけない歩き方というものを調べて実践していたつもりだったのですが。
それでも、7月の仙丈ケ岳の下山時に少し痛み始めてそれ以降右脚を出来るだけ
伸ばさないように歩いた結果、それ以上の痛みにはなりませんでした。
今回も途中からそれを実践したのですが、痛みが少し増してきました。
それでも北八ヶ岳の時ほどの痛みにはならず、最後までトレッキングポールを
使わずに歩き切り、15:12に駐車場に到着。
駐車場の手前で猿の群れに出くわしました。
18-11蝶ヶ岳02

今回は飲み物は2.5L持って行き、2Lちょっと飲みました。
下山時に右膝の痛みに耐えながら歩いている時「ソフトクリームが食べたい!」と
思い、帰りに梓川S.Aで『松本山雅牛乳ソフトクリーム』を食べて行きました。

中津川の五平餅

名古屋遠征3日目の8月16日はほぼ名古屋からの移動だけなのですが、
帰りに中津川に寄って五平餅を食べてきました。
この日の昼食はどこで食べてこようかという事になり、
次の日は仕事なので遅くても16時には帰宅したかったので、
しかも行きと同じく特急や高速バスは使わず普通列車で帰って来ると
決めていたので、名古屋で食べてからだと時間的に厳しく、
そうなると途中の乗換駅でもある中津川かなと。
中津川の駅前にアピタがあるのでその中の店で食べてこようと最初は
考えていたのですが、そのアピタが閉店してしまっていることを
出発日前日に知り、何度か寄った事のある駅前の五平餅店と、
自分の好きな味付けの中津川の立ち食い蕎麦を昼食にすることに。

名古屋のホテルを8時半頃出て、名古屋発9:24の中津川行き快速列車に乗車。
10:39に中津川に着き、まずは五平餅店へ。
中津川や恵那など岐阜県の東濃地方ではこのような団子型(つくね型)の
五平餅が一般的です。
18-8中津川五平餅

その後、旧ダイエーのビル1階の物産館みたいな所でお土産を見て、
鮎の形の和菓子を買い、駅蕎麦を食べ、12:00発の松本行き普通列車に乗車。
途中、大雨の為速度規制がされていて時速20~30キロのノロノロ運転の
区間があり、松本行きだった列車が塩尻-松本間の運転を取りやめ、
塩尻には50分以上遅れて到着。
塩尻で乗り換えて予定より1時間ほど遅れて15時過ぎに帰宅しました。