fc2ブログ

次の新曲

日曜日は南松本のイトーヨーカドーで行われたライブを観に行ってきました。
全7組、約4時間に及ぶライブでした。
ヒナタジュンさんのあのハイトーンボイスは凄いね!
声だけ聴けば女性と間違えてしまいます。

このライブの出演者の中には「以前の楽曲の方があの人の良さを出せてたのに」
と思った人もいました。
そういう自分も、以前の楽曲と比べて人からどう思われてるのか分かりませんが。
自分の楽曲はここ3曲連続(弾丸、地獄と天国、サカエタイフー)で
カッコイイ系の曲になってます。
それは何故かというと、ギターコード入力のコツを掴んだからです。

ギターコードって種類がいっぱいあるじゃないですか。
音楽作成ソフトにはギターコードが簡単に入力できる和音ツールがあるんですが、
コードの種類があまりにも多いので、その中から合ったコードを探すのが
容易なことではないと思い、諦めていました。
でも打ち込みを何年もやってるのにほとんど進歩が無いと思い、
ギターの本を買ったりしてギターコードについて少し学びました。
ギター本
すると、ベースと同じコードのメジャーかマイナーで何とかなると分かり、
それ以来楽曲的にも変わってきました。

年末の企画に向けての次の新曲をどういう系統の曲で行こうか迷ってます。
またカッコイイ系の曲を作りたい気持ちはあるんですが、
自分のライブを観に来てくれる人の多くはコミック系の曲を期待しているのではないか?と思うし。
今少し考えているのが、GO-HEY!に対抗したおやきの曲。
五平餅にはもちろん拘りがありますが、おやきにも結構拘りがあるのです。
自分の中ではおやきは、ある程度厚めで硬い皮じゃなければいけないのです。
よく饅頭みたいな柔らかい皮や、餃子のような薄っぺらい皮のおやきがあるけど、
自分的にはそういうのは真のおやきではないなと思うんです。
でも、だからといって歌の中でそういうおやきを否定してしまったら、
反発をするおやき業界の人もいるのではないかと思うし。

五平餅といえば、先日のライブの打ち上げの時、
山本新さんがユーキの歌に影響されて(?)五平餅を注文したんですが、
その五平餅を少し貰って食べて、「タレはもっと甘い方がいい」とか、
「もっと米の粒が残ってないと」など、
五平餅ソングの第一人者として五平餅の感想を細かく言ってました。(山本新さんとマツムラカズキさんに)
スポンサーサイト



コメント

No title

自分も野沢菜となすが好きだよ。
あとは野菜とか。

No title

話は変わりますが、おやきは「灰おやき」しか認めませんw
中身は野沢菜、茄子、が良いかと。



No title

とりあえず、自分はまだそのレベルにまで達してないからね。
メジャー、マイナー以外にも少し試してはみたんだけど、他のだとあまりしっくりこなくて。
なので、今はメジャーとマイナーに絞ってやってます。
ギターを2本入れる場合は、同じメジャーでも音の高さを変えたりはしてるけどね。

ギターのコード或はボーカルのメロディースケールがEmの時に、ベース音をCで鳴らしてみたり、

B♭、C、Dmの進行の時に
Gm、A7、Dmと崩してみたら、同じメロディーなのに違った雰囲気になります。


旋律を意識したコード
コードを意識した旋律
同じようにも思えますが、全く違います。


一つのコードにとらわれず色んなコードを試してみてください。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する