fc2ブログ

逆の立場

自分が小学校の3,4年くらいの頃だっただろうか?
千葉にある親戚の家に行った時、
当時高校生だった従兄弟の兄さんの部屋に、
日本刀型のペーパーナイフがあり、
それが欲しくて従兄弟の人に「欲しい」と言ったら、
特に嫌がる様子もなくくれました。
でも本当はあげたくなかったんだと思う。

今はそのペーパーナイフはもうありませんが、
その代わりに自分が旅先で買った日本刀型のペーパーナイフが3本あります。
2本は去年岡山城で買った物で、もう1本は中学の修学旅行で
京都へ行った時(23年前)に買った物です。
好きな物って小さい頃とそれほど変わってないんですね!

それはともかく、今家に甥っ子達が来ているんですが、
姉の次男と三男が自分の部屋に来て色々と物色して、
アレが欲しい、コレが欲しいと言います。
その結果、10年くらい前に山口県の秋芳洞で買った
大理石の文鎮と、2年前に糸魚川のフォッサマグナミュージアムで買った
外国の珍しい石3つをあげてしまいました。
本当に大事な物はあげませんが、それでも比較的気に入ってた物なので、
ちょっと痛いです。
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する