fc2ブログ

カルト教団に注意!!

昨日のブログに長野にある用事があって行ってきたと書きましたが、
その事について書きます。
その相手の人には自分の名刺を渡してあるので、このブログを読む可能性もあります。
それから、この事を書いたら自分の恥を自ら広げてしまうことになりますが、
この被害を少しでも防ぐために真実を書きます。


実は昨日の昼間の長野での用事というのは、
先月29日に東京駅で夜行列車を待っている時に話しかけられた東京在住の同い年の男性が、
旅行の時の話を聞きたいので長野か甲府で会いたいというので、
会いに行ってきたのです。
会う場所が松本ではなく、長野か甲府というのが今考えればポイントだった訳です。

12時に長野駅で待ち合わせをしました。
するともう1人知らない男性が一緒でした。
自分は相手は県外から来るのだから、信州そばでも食べようと思い、
予め蕎麦屋を調べておきました。
すると東京駅で話しかけてきた方の人が「ゆっくり話せるファミレスがいい」
と言いだしました。
「何で東京から信州に来てファミレスなんだ?」と思いながらも、
長野駅の近くにはファミレスが無いことを告げ、
もしかしたら東急のレストラン街にファミレスっぽい店はあったかもと言うと、
なら東急へ行こうということになりました。
このファミレスというのも1つのポイントです。
結局ファミレスっぽい店はありませんでしたが、
東急の中の店で昼食&お話をすることに。

最初は列車の話などをしていたんですが、突然冊子のような本を出し、
「○○先生は凄いよ!」みたいな話になり、
そのうちある宗教団体の名前が出てきて、
長野にも支部(会館)があるからちょっと試してみてよみたいな話になりました。
自分は最初拒否してたんですが、「僕達もそれなりの覚悟を持って長野まで来てます」
と言うので、その会館とやらへ行かなくてはそう簡単には帰してくれそうにないと思い、
時間もかからないというので行ってみることにしました。

3人でタクシーに乗り、吉野家のある交差点から赤十字病院方面へ少し入った所にある、
その会館に到着。
すると、「住所も知らない人を御本尊様には紹介できない」として、
「入信書」なる紙に住所と名前を記入。
この「入信書」という記載が気になり“付添いの人”に訊いてみると、
それを書いたから入信という訳ではないとのこと。
また、こっちから要求しない限り自宅に何か届くこともないという。
少し怪しいとは思ったけど、それを書かなくてはこの場を離れられないと思い、
記入しました。

この後お祈り(?)をする訳ですが、それをするには教本と数珠が必要だという。
付添いの人は「お金を払いたくなければ貸します」と言ったけど、
借りるのも何か嫌だったので、520円でそれを買いました。
そして女性信者の後ろに3人で正座して並び、約20分間お経を唱えたりしました。

その後タクシーで長野駅に戻り、2人と別れました。
この時も多少怪しいとは思いましたが、
更に怪しいと思ったのは、東京駅で声をかけてきた人から、
帰りの列車に乗っている時に届いたメールの内容を見てから。
自分の「まだ半信半疑」という内容のメールに対し、
「御本尊様絶対!」というタイトルのメールが帰ってきて、
これは洗脳されてるなと思ったのです。
その後も列車の中で色々考えてみて、やっぱ怪しいことばかりだと改めて思いました。
東京駅で少し話しただけの人が話がしたいと言ってわざわざ長野まで来たこと、
しかも実際は旅の話ではなく勧誘のためなのに嘘の理由で呼び出した、
何故か付添いの人が一緒、
ライバルの宗教団体を批判、
持っているお守りを全て処分してその宗教だけを信じろというやり方、
などなど。

そして帰宅してからその宗教団体の事をネットで調べてみると、
強引な勧誘で多数の逮捕者も出ていて、
その団体の被害者用のサイトまであるという
かなり危ない団体だということが判明!
ちなみにそのサイトなどによると、入信書を書くと信者として登録されるが、
活動に参加しなければ事実上退会したことになるとか。
一度入信すると例え退会しても信者として名前が残り、
そんな事実上退会した幽霊信者が大半なのに、それを信者数として公表し、
自身の団体の急成長ぶりをアピールしているそうです。

もうあの人達とは2度と会わないし、あの会館にも絶対に行きません!
この勧誘のポイントは、ファミレスや喫茶店で会おうとすること、
その知り合いの人ともう1人付添いの人(先輩の信者)が一緒だということです。
被害報告によると、その勧誘者が昔からの親しい友人だったり、
それほど親しくなかった学生時代の同級生からいきなり会おうと連絡が来たケースもあります。

とにかく、怪しい宗教団体には注意しましょう!!
自分の事ですが…。

スポンサーサイト



コメント

No title

本当に危なかったよ!
仕事の事で悩んでたりしたから、ちょっと試してみたい気持ちになってしまって。

それは…

大変な事に巻き込まれそうになりましたね?(°□°;)
明日は我が身…自分も気をつけたいと思います!
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する