fc2ブログ

4日目:金刀比羅宮

[7月2日]
高知駅前のホテルをチェックアウトしたのは朝の6時半頃。
高知発7:03の列車に乗って後免(ごめん)へ行き、
ここから土佐くろしお鉄道ごめん・なはり線に乗車。
この線は8年前に開業して、乗るのは今回が初めて。
終点までは約1時間かかります。

この線の各駅には、地元出身のやなせたかし氏デザインのキャラクターが描かれてます。
こちらは終点の奈半利駅のキャラクター。
奈半利駅

こちらは車体に描かれた各駅のキャラクター。
奈半利駅2

奈半利まで往復してきて、後免から特急「南風」に乗って琴平へ。
この旅行の最後の目的地である「こんぴらさん」こと金刀比羅宮へ行きます。
こんぴら詣りは17年前の初詣に友達と2人で一度来てますが、
この時は時間の都合で本宮までは行けませんでした。
今回はたっぷりと4時間の時間を取っているので、
本宮より更に上の奥社まで行くことに。

本宮までは琴平駅から約30分かかりました。
途中で急な階段続いたりで、なかなかキツイです。
そんなこんぴらさんの過酷な石段登りに遠足か修学旅行で挑戦させられてる
高校生達がいました。
この高校生達の最後尾の女子生徒2名は半泣き状態で本宮に辿り着いてました。

こちらが金刀比羅宮の本宮。
本宮
こんぴら詣りをする人の多くは本宮までの参拝ですが、
自分は一番上の奥社まで行きました。
本宮から奥社までは階段はほとんどなくて山道です。
本宮から奥社までは20分くらいかかりました。

こちらが奥社。
奥社
本宮へは関係者に限り車で行くことが出来るのですが、
奥社までは車の通れる道はありません。
そんな山奥にある奥社でもお守りを売っている人がいました。

こちらが奥社から見た下界(琴平駅方面)です。
奥社展望

琴平では4時間時間を取っていたけど、実際は3時間で十分だったので、
予定よりも1時間早い列車に乗って帰りました。
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する