fc2ブログ

3日目:徳島、土柱、高知

[7月1日]

高松から特急「うずしお」3号に乗って徳島着9:35。
歩いて眉山(びざん)のロープウェイ乗り場へ。
山頂からは徳島市内や吉野川が見えました。
眉山ロープウェイ

その後、徳島ラーメンの某有名店へ。
平日の午前11時頃とあってまだそれほど混んでなかったけど、
昼時や休日はかなり混むらしい。
店内にはフルーツポンチを始め、何十枚というサイン色紙が貼ってありました。

徳島ラーメンは初体験。
すき焼き風のスープと聞いていたけど、意外と味噌味っぽい味だと思った。
麺はやや九州風?
生卵をトッピングして食べるのが一般的だそうです。
徳島ラーメン

徳島線の特急「剣山」5号に乗って阿波山川へ。
この駅でコインロッカーを使用する予定だったけど、
コインロッカーはありませんでした。
コインロッカーどころか、特急停車駅にしてホーム1面のみの無人駅って…。
仕方ないので大きな荷物を持ったまま土柱へ行くことに。

ここから阿波の土柱へ行くんですが、土柱へはバスが出てないため、タクシーで。
ちなみにこの土柱は、世界中でアメリカとイタリアとこの徳島県の3ヶ所にしか
存在しないという、世界的にも貴重な景勝地だそうです。
しかも、間近に見られるのはこの阿波の土柱だけだそうです。

土柱へはタクシーで片道2千円ちょっとかかりました。
最初土柱の駐車場に着いた時、目の前に土柱らしきものが見えたので、
「これがあの土柱か!」と思った。
偽土柱
しかし近付くと、写真で見るようなちゃんとした柱状にはなってなくて、
ただ土が縦に少し削れた程度のもので、
「雨や風で浸食してしまったのかな~?」と思った。

そして遊歩道をもう少し先まで歩いてみると、
写真で見た本物の土柱が!
土柱

ということは、さっきの土柱は偽物(というか出来損ない)の土柱だったんだ!
遊歩道で土柱の上まで行けるそうだけど、列車の時間に間に合うか微妙なのと、
大きな荷物を持っていたために諦めました。
土柱には40分くらい滞在してたんですが、その間他の観光客は1人も来ませんでした。
梅雨時の平日ですからね。
土柱には観光客向けの店が数軒あるんですが、あれでは商売にならないですね。

タクシー会社に電話をしてタクシーを呼び、阿波山川の駅へ。
行きとは別の運転手だったんですが、帰りの運転手の話によると、
車で土柱の上まで行けたそうです。
「俺が行きに乗せてたら上まで行ってあげたのに」と言ってました。
上から見る土柱はもっと迫力があるそうです。
上からも見たかった…。

その後、普通列車と特急「南風」を乗り継いで、16:38に高知に到着。
高知はアンパンマンの作者のやなせたかし氏の出身地で、
高知駅の列車の到着を知らせるチャイムがアンパンマンのテーマ曲でした。

ホテルに荷物を置いてからバスで桂浜へ。
日没間際ということで、店や観光施設は全て閉まってました。
桂浜

高知市街地に戻り夕飯。
9年前に高知へ来た時はココイチでカレーを食べたんですが、
今回は絶対高知の郷土食を食べようと決めてました。
そしてアーケード街へ行くと、3軒の土佐料理店がほぼ隣り合っていて、
その3軒の店頭のショーケースのメニューを見比べて入る店を決めました。
その店を選んだ最大の理由は、まだ自分が一度も食べたことのないウツボが
メニューにあったからです!
でもウツボ以外にも食べたいものがいっぱいあって、
迷った挙句頼んだのは、ウツボ丼定食と鯨にぎり。
ウツボ丼定食には高知名物のカツオのたたきも付いてました。

こちらが鯨にぎり。
鯨にぎり

こちらがウツボ丼定食。
うつぼ丼定食
ウツボは味は普通の白身魚で、食感は弾力性があって、
半生の煮魚といった感じでした。
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する