fc2ブログ

名古屋2日目(中部国際空港、ボートレース常滑)

名古屋2日目といってもこの日はほぼ常滑市に居ました。
前日はライブだった事もあり時間の都合で大須にも行けず、
2日目は名古屋市内を色々回りたい気持ちもあったのですが、
中部国際空港の空港島内にオープンしたボーイング787初号機の展示をメインと
した複合施設・フライト・オブ・ドリームズに行きたかった事や、
久しぶりにボートレースにも行きたかったので、中部国際空港とボートレース常滑に
行くことになりました。

栄のホテルを6時45分頃チェックアウトし、当初は名古屋駅まで地下鉄で行く予定
でしたが、思ったより涼しかったのと時間に余裕があったため、
歩いて行くことにしました。
その途中、まだ通った事の無い道を歩いてみると、名古屋駅から比較的近い所に
歴史のありそうなお寺がありました。
背後の高層ビルとのコントラストが面白いと思いました。
22中部空港01

JR名古屋駅のコインロッカーに荷物を入れ、土産品売り場で帰りに買うお土産の
下見をしてから名鉄名古屋駅へ。
7:51発の特急に乗って8:25に中部国際空港駅に到着。
中部国際空港に来たのは4年ぶりなのですが、空港島内にホテルが増えたという
印象を受けました。
まだ中部国際空港が開港して間もない頃に来た時はホテルは1,2軒しか
ありませんでしたが、今はホテルも増え、フライトオブドリームズや
国際展示場など建物が大分増えました。

フライト・オブ・ドリームズの開館は10時なので、まずは空港内の売店を見たり
展望デッキから飛行機を眺めたりしていました。
22中部空港02

22中部空港03

22中部空港04

10時ちょっと前になりフライト・オブ・ドリームズへといきたいところですが、
その前に空港内の『矢場とん』に開店直後に行くと決めていたので矢場とんへ。
矢場とんで早めの昼食を食べ、その後フライト・オブ・ドリームズへ。
22中部空港05

22中部空港06

22中部空港07

22中部空港08
時間の都合でゆっくりは見れませんでしたが、すぐ間近に飛行機を見れ、
ボーイング社の本社があるシアトルの街をイメージしたショップもあり
入場無料だけど見応えのある施設でした。

11:22発の列車に乗り、2駅先の常滑駅で下車。
ここから徒歩10分ほどのボートレース常滑へ。
ボートレース常滑へ来たのは今回が3回目で、新しいスタンドが出来ていました。
新しいスタンドは綺麗でしたが、フードコートの座席数が少ないのが不満です。
ボートレース常滑では4レース観戦&舟券を購入し、うち2レースで的中し、
トータルで4880円の利益を得ました。
最初の2レースは外し、その外した2レースの順位の傾向を自分なりに分析し、
それを活かしてその後の2レースで的中させることができました。

常滑駅から特急で名古屋へ行き、昨日行ったけど割と混雑していたために入店を
断念したゲートタワー内の両口屋是清直営の和カフェへ。
今回はちょっと混雑しているくらいだったら入るつもりでしたが、
外で順番待ちしている人が居て、しかも店内を見ても順番待ちしている人を
見ても自分のようなソロ客は見当たらず、こんな混雑している時にソロ客は
店にとって有り難くないだろうと思い、今回も入店を断念しました。
今度は開店直後などの空いている時間に行こうと思います。

和カフェに行けなかった代わりにどこか何か食べていこうと思い、
新幹線口の地下街エスカをブラつき、エスカ内のきしめん亭で冷たいきしめん
『天きしころ』を注文しました。
ちなみに『きしころ』とは冷たいきしめんの事のようですが、店のメニューには
きしころ以外に『おろしきしめん』という冷たいきしめんのメニューもあったのですが、
きしころとおろしきしめんの違いは何だろうか?
おろしきしめんは今までに何度か食べたことがあるのですが(別店舗で)、
きしころの事は以前テレビで観て知り今回初めて注文しました。
そして実際初めてきしころを食べて感じた事は、おろしきしめんはおろしきしめん用の
つゆをかけたきしめんで(+大根おろし)、きしころは温かいきしめんの出汁を
冷やしたものだと認識しました。

最後にお土産を買って帰ろうと朝下見した土産品売り場へ行くと、
売り場の前でドラゴンズのユニフォームを着た人が呼び込み(?)をしていました。
そしてその状況をすぐ把握することが出来ました!
それは、元中日ドラゴンズ投手で現在は和菓子店(わらび餅店?)を経営されて
いる山田喜久夫さんがわらび餅の売り込みをされていたのです!
何ヶ月か前にテレビ番組の中で山田喜久夫さんのわらび餅の話題が
取り上げられていて、食べてみたいなと思っていたのです。

わらび餅を買う前に(わらび餅は他のお土産とは別会計)、
気になった名古屋土産をいくつか購入し、最後にわらび餅を購入しました。
すると喜久夫さんが「写真撮りましょうか?」と言ってくれました。
一瞬迷いましたが、鳳凰三山の時の後悔もあったので撮ってもらう事にしました。
鳳凰三山の時の後悔とは、先日南アルプスの鳳凰三山へ行った際、
地蔵岳の賽ノ河原で何人かの人から写真撮影を頼まれたのですが、
そのうちの1人の人が「撮りましょうか?」と言ってくれたのですが
咄嗟に「大丈夫です」と言ってしまったのです。
自分は写真を撮られるのがあまり好きではないのでつい断ってしまったのですが、
後になって「記念に撮ってもらえば良かったな」と後悔しました。
その時の後悔があったので今回は撮ってもらいました。
22中部空港09

その後、特急しなのに乗って帰りました。
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する