fc2ブログ

富山遠征1日目・観光編(高岡、富山)

富山県黒部市でのライブ出演のため、早めに富山入りして観光してきました。

最寄り駅発6:03の普通列車に乗り途中松本で乗り換え、7:27に長野に到着。
長野発7:39の新幹線『かがやき』に乗車。
実は北陸新幹線には今まで何回も乗っているけど、速達タイプで全席指定の
『かがやき』に乗ったのは今回が初めてでした。

列車はあっと言う間に46分後の8:25に富山に到着。
富山で『あいの風とやま鉄道』に乗り換えて高岡へ行くのですが、
一旦改札を出てコインロッカーに荷物を入れ、高岡までの切符を買ってから
ホームへ行き8:40の列車に乗車。
富山駅の在来線改札口がICカードに対応していることに驚きました。
辰野支線を除く松本~中央東線の県内区間は東京からの延長でICカードに
対応しているけど、長野県内のそれ以外の区間では対応してないので。

8:58に高岡に到着。
高岡駅は新幹線のルートから外れていますが、まるで新幹線駅のような
外観の駅舎でした。
22富山高岡01
高岡では主に2つの目的があり、1つは国宝にも指定されている瑞龍寺へ行くこと、
もう1つは万葉線(高岡駅から出ている路面電車)のドラえもんトラムを見ること。
本当はドラえもんトラムに乗って万葉線の終点まで往復して来たかったのですが、
時間の都合上それは厳しかったのでせめて見るだけでもと思ったのです。
ドラえもんトラムの到着時刻が9:24でまだ少し時間があったので、
駅前にあるドラえもんの銅像を見に行きました。
22富山高岡02

その後、万葉線の駅(電停?)へ行くと、ドラえもんのポストがありました。
22富山高岡03
ちなみに高岡市はドラえもんの作者である藤子・F・不二雄の出身地です。

そしてドラえもんトラムの到着時刻まであと数分という時に時刻表の横にあった
案内表示を見て衝撃を受けました!

『本日、ドラえもんトラムは点検日となります。』

えっ!!?それを見るために高岡まで来たのに!!(どちらかといえば瑞龍寺の
方がメインだったとはいえ)
でもせっかくなのでドラえもんトラムではない普通の路面電車の写真を撮りました。
22富山高岡04-1

ショックでしたが、気持ちを切り替えて歩いて瑞龍寺に向かいました。
途中まで行くと参道になったのですが、道路と道路の真ん中に歩道があるという
昨年末に行った静岡の三保の松原の『神の道』のような道でした。
22富山高岡04

そして瑞龍寺に着き、拝観料(500円)を払って中へ。
22富山高岡05

22富山高岡06

22富山高岡07

22富山高岡08

22富山高岡09

22富山高岡10

芝で覆われた寺院なんてほとんど見た記憶が無く、とても新鮮に感じました。
ドラえもんトラムを見れなかったショックも癒された、とても自分好みの寺院でした。

瑞龍寺前の売店でコーヒーとミルクのミックスソフトを食べてから高岡駅まで戻り、
10:50発の列車に乗って11:09に富山に到着。
22富山高岡12

まずは前回の3年前に来た時にはまだ無かった富山駅の中に乗り入れている
路面電車の駅へ。
駅舎内に路面電車の線路を横断するための横断歩道があり、面白いと思いました。
22富山高岡11


富山ではまず寿司を食べるためにネットで調べた駅前の回転寿司店(といっても
レーンはあるが寿司は回ってない)へ。
ここで昼食第1弾として寿司を軽めに食べたのですが、値段の割に味はちょっとと
いう感じでした。
これだったら駅中の寿司店へ行けば良かったと思いました。
その後、別の店に行って昼食第2弾として富山ブラックラーメンを食べました。

まだ少し時間があったので、駅前のビル内にある好日山荘(登山用品店)へ行って
帽子を買ったり、駅ビル内でお土産を見たりして、最後に駅弁を2個買ってから
13:17発の列車に乗ってライブ会場のある黒部市に向かいました。
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する