fc2ブログ

伊那市駅~七久保駅ウォーキング

この日は金曜日で平日でしたが、勤続30周年のご褒美として貰ったプレミアム休暇
のために休みとなったので、伊那市駅~七久保駅まで歩いてきました。
ちなみにプレミアム休暇は全部で5日間でこれが最後だと思っていたのですが、
全部で7日間あるそうで、使用期限が3月いっぱいなので来週の月曜日と水曜日も
休むことになりました。
それまでなかなか有休を取得できず、また自分自身の時間外労働時間が
他の人と比べ長いために2月以降に立て続けに有休や振り替え休日で
休んでいる状態です。

本題に戻りなぜ伊那市駅~七久保駅の区間を歩いたのかというと、
以前住んでいた自宅から伊那市駅までは昔歩いたことがあって、
その伊那市駅と飯田駅の間も歩いてみたいと思い(2年前に飯田~中津川間を
歩いているので)、今回はその前半として伊那市駅と飯田駅のおよそ中間地点
である七久保駅まで歩くことにしました。

まずは電車で伊那市駅へ。
行きは本数の少ない小野経由で辰野まで出ました。
小野経由で辰野へ出たのはかなり久しぶり(20ぶりくらい?)でこの区間に
乗ることも楽しみにしていました。
この区間といえばまだ塩嶺トンネルが開通する前の小学校低学年の頃、
当時まだ車の免許を持っていなかった母と姉と3人で電車で茅野市の母の
実家へ行く際、この区間を普通列車で何度も通っていました。
その時に東塩尻という駅があり、その駅はホームが列車1両分しか無いものの
全ての車両のドアが開き、ホームの無い車両からは地面に飛び降りるように
降りていたという今となっては信じられないような駅でした。
そんな東塩尻駅の形跡は残ってないかと外を見ていると、
途中で旧東塩尻駅の短いホームが見えて興奮しました。
後で調べてみたらその場所にはみどり湖駅から徒歩15分ほどで行けるそうなので
今度行ってみようと思っています。

辰野で飯田線の列車に乗り換え8:25に伊那市駅に到着。
伊那市駅を8:33に出発し、この付近の国道153号には歩道が無く危険なので
県道に沿って南下し、下島駅、沢渡駅の前を通り、途中で県道から外れ線路沿いの
道を進んでみました。
22伊那市七久保01
その後、GPSで確認しながら駅前にトイレのある赤木駅へと向かい、
赤木駅からは計画していたコースに戻り、国道153号に出て撮影スポットの
大田切駅手前の大田切橋へ。
22伊那市七久保02
ここには2回ほど写真を撮りに来たことがあります。

午前中は中央アルプスの山々が綺麗に見えました。
22伊那市七久保03

この付近には河岸段丘が多く、段丘ごと跨ぐ長い橋がいくつもあります。
22伊那市七久保04

その橋の中でも特に長い駒ヶ根市と飯島町に跨る中央アルプス大橋を渡り切った
所にある道の駅 田切の里で昼食にソースかつ丼を、その後にソフトクリームを
食べました。
22伊那市七久保05

22伊那市七久保06
ここの道の駅には1時間の長居をしました。

その後、このウォーキングで一番楽しみにしていた場所に来ました。
その場所は与田切川を渡ってから河岸段丘の高低差を数回大きくカーブしながら
上る坂で最初地図で見た時は「こんなに大回りするカーブは距離が長くなって
面倒だし歩道が無いから車に気を付けながら歩かないといけない」と思っていた
のですが、その後カーブをショートカットする歩行者用の道がある事を知り
面白そうだと思ったのです。
22伊那市七久保07

22伊那市七久保08

そんなショートカットルートを通り14:29に道の駅 花の里いいじま に到着。
ここでは五平餅を買って食べたり、売店を見たり、隣にある菓子工房で買い物を
したりしました。
22伊那市七久保09

その後、道の駅から十数分歩いた所にある七久保駅に到着。
駅から南アルプスの赤石岳や荒川三山などの山が見えました。
22伊那市七久保10

七久保駅から15:44発の列車に乗って帰りました。
そういえばこの日は学校は春休み中なので電車は空いていると思ったのですが、
飯田線の列車は行きも帰りも学生(行きは高校生と中学生、帰りは高校生)で
賑わっていました。
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する