fc2ブログ

乗鞍高原スノーハイキング2022

毎年恒例になりつつある冬の乗鞍高原散策。
元々は2018年に凍った滝を見たくて番所大滝と善五郎の滝へ行ったのが始まりです。
その際、10年以上履いてなかったスノーブーツを履いて行ったのですが
その靴がボロボロになっていて、また今後氷瀑を見に行く際に履いて行く
スノーブーツの代わりになる靴が欲しいと思い、それで登山靴を買ったのが
自分が登山を始めるきっかけとなったのです。


家を7時半過ぎに出て最初に行ったのは番所大滝で8時半過ぎに駐車場に到着。
他に2台の車が停まっていてそのうちの1台は自分が着いた直後に去りました。
まずは料金徴収箱に駐車料金の200円を入れ、冬季でも使用できるトイレへ
行ってからアイゼンを装着して滝へ下ろうとすると、滝へ続く道が通行止めに
なっていました。
滝へ行く際に通る階段が冬場は滑って危ないので通行止めにしたのだろうか?
去年までは冬場でも行けたのに。
通行止めを無視して滝へ行っている人もいるようですが自分はルールを守り、
番所大滝は断念しました。
でも通行止めにしているくらいなのに料金徴収箱には普通にお金を入れられる
ようになっていたしトイレも使えたけど、それはルールを無視して滝へ行く人のため?
でもルールを無視して滝まで行く人がここで駐車料金を払うとは思えないし。

続いて向かったのは善五郎の滝。
予定ではこの後、善五郎の滝へ行ってから一の瀬園地周辺を歩き、
湯けむり館で温泉には入らず(コロナの感染が心配なので)昼食を食べてから
帰宅するというイメージでした。
そして車で善五郎の滝の駐車場まで来るとほぼ満車で、1台分だけスペースが
あったので停めようとしたけど後ろから車が来たので断念し、
そのまま先に進みました。
もう少し先に鈴蘭橋の駐車場があり、そこに停めて滝まで歩こうと考えました。
以前乗鞍登山の時にそこへ駐車して登った時は他に数台の車が停まっていただけで
ガラガラでしたが、今回はスキーシーズンで3連休中日ということもあってスキー客の
車で混み合っていたのでここの駐車場も断念。
結局冬場に車で行ける最高地点の休暇村乗鞍高原まで来てしまいました。
ここからすぐ引き返して善五郎の滝の駐車場へ行くことも考えましたが、
ここまで来たついでに今回は行くつもりはなかった牛留池へ行くことにして、
スノーシューを装着しました。
約10分で牛留池の展望台に到着。
22冬乗鞍01

その後、この後歩いて善五郎の滝まで行ってみようと考えました。
雪の無い時季なら大した道のりではないと思うのですが、雪の斜面には
トラウマがある自分にとって標高差が案外あるこの区間をスノーシューで
歩くのは危険ではないかとも思い、とりあえず安全に行ける所まで行ってみることに。
すると思ったほどの急坂も無く、30分ほどで案外すんなりと善五郎の滝まで
辿り着けました。
22冬乗鞍02
今年は滝壺の手前に大きな穴が開いていました。
22冬乗鞍03

22冬乗鞍04

善五郎の滝には30分ほど居て、休暇村の駐車場へ戻ろうとすると、
スノーシューが片方無いことに気付きました。
滝の周辺を探し回りましたが見付からず、滝へ来る途中で外れた可能性が
あると思い、スノーシューを片方だけ装着した状態で来た道を戻りました。
すると滝から数百m行った所の道端にスノーシューが差してありました。

11:15頃休暇村の駐車場まで戻ってきて、車の中でこの後の予定を考えました。
この後一の瀬園地へ行ってから昼食を食べるといっても時間が遅くなってしまうし、
予定に無かった休暇村~牛留池~善五郎の滝までを歩いてある程度満足して
いたので今回はもう昼食だけ食べて帰ろうか、それとも昼食の後に一の瀬園地へ
行こうかとも考えましたが、とりあえずは昼食を食べるために車で湯けむり館へ
移動しました。
湯けむり館では730円の入館料を払ったにも拘らず予定通り温泉には入らず、
ソフトクリームとピザとパスタを食べました。
22冬乗鞍05

22冬乗鞍06

湯けむり館で食事を終えた時点ではこのまま帰るつもりでしたが、
外に出ると晴れていて乗鞍岳が綺麗に見えたので、
一の瀬園地へ行きたい気持ちが強くなりました。
それにまだ歩き足りなかったのと翌日も休みだったので、
一の瀬園地へ行くことにしました。
車の冬季閉鎖区間手前のあづみ森林組合の駐車場に車を停め、
そこからスノーシューを装着して2時間ちょっとの雪原歩きを楽しみました。
22冬乗鞍07

22冬乗鞍08

22冬乗鞍09

22冬乗鞍10

帰りに乗鞍高原観光センターでトイレに寄り、乗鞍高原にあるバームクーヘン屋と
道の駅 風穴の里へ寄って帰りました。
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する