fc2ブログ

放光寺&アルプス公園&城山公園

このところ週末は遠出したり長距離を歩いたりしていたので、
今週末は松本で止めておいてのんびりと過ごそうと思い、
パン屋で昼食用のパンを買ってから松本駅前のネットカフェへ。

13時前まで2時間半ほどネットカフェで過ごし、午後は松本市内を少し歩くことに。
目的地は、小学生の頃親に連れられ毎年のように厄除け祈願に来ていた放光寺。
パルコ前からおよそ30分ほどで放光寺に到着。
しかし自分が記憶していた放光寺とはあまりにもギャップがあり、
「あれ?これが本当に放光寺?本堂は別の場所にあるのでは?」
と半信半疑の状態でした。
というのは、当時の記憶では放光寺はもっと広大な敷地の寺院というイメージが
あったのです。
駐車場から結構長く歩いた記憶があり、その歩いた道も法光寺の境内という
イメージだったため、もっと広い境内のお寺だったと記憶していたようです。

そんな子供の頃との記憶とのギャップに戸惑いながら放光寺を参拝しました。
21放光寺01

21放光寺02
参拝を終えても「本当の本堂は別の場所にあるのではないか」とまだこれが
子供の頃毎年訪れていた放光寺だということが信じられない状態でした。

当初はここで引き返して城山公園を経由して駅前に戻る予定でしたが、
登山アプリのGPSの地図を見たらこの先の山上に神社がありそれが気になった
ので行ってみることに。
GPSの地図を頼りに人や車がほとんど通ることがないような未舗装の山道を
歩いて行くと、途中から草が生え放題になっていて、
「蛇でも出そうだしこれ以上行ったらやばくないか?」と少しは躊躇いましたが、
GPSで確認したらもう少し行けば建物があるようだったので、
草だらけの道を足早に進みました。
すると一般民家の敷地内にも思えるような場所に出て、
「本当にここを通ってもいいのだろうか?」と思いながらもその場所を通り
舗装された一般道に出て、その先の老人ホームを回り込むようにして歩き
地図で気になった神社・御嶽神社に到着。
本殿が参道の方ではなく、道の無い急斜面の方を向いている一風変わった
神社でした。
21放光寺03
山の中にひっそりと佇むほとんど人が来ることも無いんじゃないかという神社ですが、
一応トイレもありました。

この神社で引き返すつもりでしたが、神社の近くに『←アルプス公園0.6km』
という標識があり、600mくらいだったら行ってみようという事になり、
昨年5月以来となるアルプス公園まで足を延ばすことにしました。
その途中の展望台から見た水を張った田んぼのある風景が綺麗でした。
21放光寺04

21放光寺05

アルプス公園では1年前に来た時はコロナの影響で閉館していた
山と自然博物館の展望台にも行きました。
21放光寺06

その後、子供の頃に何回も遊んだ記憶がある滑り台を遠くから眺めました。
21放光寺07
子供の頃はこの滑り台を滑るために人工の岩場を登るのが怖かったのですが、
今なら簡単に登れそうです。
ちなみに自分は登山をする人の中ではビビりな方で、
難易度の高い山や危険な山は避けています。

アルプス公園を少し散策した後、こちらも1年ぶりとなる城山公園へ。
城山公園でも展望台へ行きました。
21放光寺08

城山公園からの帰りの道は、行きに通った道を通るつもりでしたが、
GPSの地図で確認したら丸の内中学の前を通るルートの方が近そうだったので、
行きとは少し違うルートを歩くことに。
その途中、史跡のような場所の前を通り一旦は通り過ぎましたが、
気になって戻ってみました。
そこは貞享義民塚という所でした。
21放光寺09

21放光寺10
江戸時代に起こった一揆の中心人物やその親族が処刑され、
その遺骨が葬られている場所のようです。
帰宅後に詳しく調べたところ、その一揆で処刑された庄屋が呪って松本城が傾いた
という話(呪いによって城が傾いたというのは明治になってから作られた話のようです)
は県内ニュースか何かで見たことがあり、その処刑された場所があの場所に
あったのかと思いました。
また、安曇野市にはその庄屋・多田加助の事などを紹介する記念館が、
松本市内にはその処刑を止めさせようと奔走した藩士・鈴木伊織の墓所なども
あるそうなので、今度訪れてみたいです。
貞享義民塚も再度訪れたいです。
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する