FC2ブログ

拾ヶ堰散策ウォーキング

世界かんがい施設遺産にも登録されている拾ヶ堰に沿って松本駅~穂高駅、
それからスポーツ用品店に用事があった関係で柏矢町駅まで歩いてきました。
元々は大糸線に沿って松本駅から穂高駅辺りまで歩いてみたいと思っていたのですが、
そのコースを検討している段階で拾ヶ堰に行ってみたいと思い、
調べてみたら拾ヶ堰に沿って自転車道(歩行者も通行可能)がある事を知り、
だったら拾ヶ堰の起点から終点までを歩いてみようという事になりました。
また、スポーツ用品店に用があって調べてみたら柏矢町~穂高間の国道147号
沿いの柏矢町寄りにアルペンがあったのでそこへ寄ることにして、
更に地図を見ていて気になった安曇野わさび田湧水群公園にも行きたくなり、
湧水群公園へ行ってから柏矢町駅まで歩くコースになりました。


電車で松本駅まで行き、松本駅を8:00に出発。
8:40に拾ヶ堰の源流ともいえる奈良井川の取水口へ。
拾ヶ堰01
この水門の上も渡ってみたかったのですが、何年か前に国道147号の起点と
なった平瀬橋も歩いて渡ってみたかったので、平瀬橋を経由して行きました。

9:13に梓川S.Aの上り線側に到着。
ここでトイレに寄り、9:21に出発。
梓川S.Aのすぐ近くに拾ヶ堰が流れているはずなのですが、
水が全くありませんでした。
拾ヶ堰02
今の時期は農業用水は必要ないの拾ヶ堰には水が無いのだろうか?
せっかく拾ヶ堰に沿って歩くというのにこれではこのウォーキングの面白味が
半減してしまうではないか!
と思っていたら、もう少し行くと少し水がありました。
流れがほとんど無いため水面が凍っていました。
拾ヶ堰03

その後、先に進むと徐々に水の量が増えてきました。
拾ヶ堰04

拾ヶ堰沿いの自転車道から少し外れ、10:32に堀金の道の駅に到着。
車では何度も来ている堀金の道の駅ですが、歩いて来たのは初めてで
少し新鮮に感じました。
10:47に堀金の道の駅を出発し、住宅街の中を通るまた違った拾ヶ堰の姿も
見れました。
拾ヶ堰05

その後、穂高地区に入り、爺ヶ岳や鹿島槍ヶ岳が見えました。
拾ヶ堰06

拾ヶ堰07
この日はあいにく安曇野の象徴ともいえる常念岳は雲に覆われて見えません
でしたが、昼近くになると爺ヶ岳や鹿島槍など北アルプス北部の山々が
見えてきました。

拾ヶ堰の事について調べていた際に気になった穂高地区のパン屋へ寄ってみると、
まだ12時だというのに完売だったため買えませんでした。
気を取り直して、そのパン屋から15分ほど歩くと拾ヶ堰の終点、烏川への合流部
までやってきました。
拾ヶ堰08

そこから15分ほど歩いて穂高駅まで行き、トイレに寄ってから駅近くの蕎麦屋で
昼食として岩魚天ぷらそばをいただきました。
拾ヶ堰09

穂高神社にも寄り、穂高神社入口にある餅店で大福を買ってからアルペン穂高店へ。
ここで会社用の靴下を買い(今までは大手スーパーで買っていたがスポーツ用品店
の方が自分が求めているような靴下がある事を知り、前回からスポーツ用品店で
買っている)、湧水群公園へ。
すると冬場のせいか池に水が少ししかありませんでした。
拾ヶ堰10
ニジマスやコイがいるはずなのですがどこかに移されているようで、
池にはカモくらいしかいませんでした。

その後、柏矢町駅まで歩き、14:26発の電車に乗って帰りました。
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する