fc2ブログ

8/8 鳳凰三山(後編)

地蔵岳前の賽ノ河原を出てから7分後の11:57に甲斐駒ヶ岳方面への分岐点である
赤抜沢ノ頭を通過。
ここはちょっとしたピークになっていて眺めは良かったです。
鳳凰三山11

観音岳へと続く稜線
鳳凰三山12

背後に赤抜沢ノ頭と地蔵岳
鳳凰三山13

そして賽ノ河原を出てから約1時間後の12:56に鳳凰三山の最高峰・観音岳に到着。
鳳凰三山14

観音岳山頂から地蔵岳
鳳凰三山15

観音岳山頂から薬師岳
鳳凰三山16

上りで脚がつりそうになるため、ここでは岩に座って休憩をとり、
11分後の13:07に出発。
この時点で当初の予定よりも7分遅れていました。
元々青木鉱泉を出発時間は4:30の予定でしたが、
靴紐の調整等で時間を費やしてしまい、実際の出発時間は26分遅れの
4:56でした。
それでも地蔵岳の賽ノ河原到着時間は予定よりも19分早かったのですが、
道を間違えた時の20分のロスが大きかったです。

観音岳を出てから19分後の13:26に薬師岳に到着。
この時点で時間の遅れは取り戻し、4分の時間の貯金ができていました。

観音岳方面
鳳凰三山17

北岳(中央)とその左に間ノ岳と農鳥岳
鳳凰三山18

実際の薬師岳山頂はこちら(立ち入り禁止?)
鳳凰三山19

赤い屋根の薬師岳小屋
鳳凰三山20

薬師岳を13:36に出発し、トイレを借りるために少しコースを外れて薬師岳小屋へ。
4分後の13:40に薬師岳小屋に到着。
トイレに行って外のベンチで少し休み、予定よりも13分早い13:57に薬師岳小屋を出発。
筋肉疲労により上りは大変でしたが、それと比べると下りは楽だと最初は
感じていました。
しかし急な下りが続き、それにより足の筋力が低下してきて、
更には足の裏と指先が痛くなってきました。
また、脚の筋力の低下によりバランスをとるのも大変になってきて、
1歩1歩集中して慎重に下り、頻繁に小休憩をとりながらゆっくりと進み、
登山口の青木鉱泉に到着したのは予定よりも1分だけ早い17:44でした。
脚の筋肉疲労と足の痛みによりあれだけ遅いペースで何人もの人に道を譲りながら
ゆっくり進みましたが、それでも予定時間内だったので少し驚いています。
ちなみに予定時間は最終的にそれよりも1時間くらい早く帰って来れる
事を前提として自分で設定した時間です。

車に戻り靴を履き替えようとすると、登山靴の紐が両足ともかなり緩んでいたことに
この時初めて気付きました。
筋肉疲労は別として、足の裏と指先を痛めたのはそれが原因だったようです。

青木鉱泉の建物へ行って駐車料金750円を払い、外に飲み物の自販機が
ありちょっと高かったっけど喉が渇いていてよく冷えた飲み物が飲みたかったので
普段は滅多に飲まない炭酸飲料を買って飲むと、喉が痛くなってしまいました。
ちなみに持参した飲み物2.5Lは青木鉱泉に到着する前に全て飲み終えていました。
今まで2.5L持って行って登山口に戻ってくるまでに全部飲み干してしまったことは
今回が初めてです。

青木鉱泉からの帰りは行きの時にナビで案内された長坂I.Cを経由するルートでは
なく、青木鉱泉からの距離が近い方の須玉I.C経由で中央道に乗り、
途中の八ヶ岳S.Aではソフトクリームを、中央道原P.Aでは夕食の海鮮丼を
食べて帰りました。
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する