FC2ブログ

6/27 飯田~中津川ウォーキング【後編】

萬岳荘を出てから8分後の11:14に神坂峠に到着。
飯田中津川11
山の地図にはこの間のコースタイムが30分になっていたのにこんなに早く着いて
驚きました。
恐らく、地図の作成時に間違えたのだと思います。
ちなみに神坂峠へは岐阜県側からなら一般車でも来ることができます。

神坂峠から岐阜県側の登山口・強清水へ抜ける登山道があるのですが、
神坂峠から岐阜県側に真っ直ぐ下る登山道のようなものはあるものの、
どこにも案内表示が見当たらなかったため、下手に行かない方がいいと思い、
車の通る林道を通って強清水方面へ行き、途中から登山道に合流しました。
結果的に多少の遠回りをしてしまいましたが、何も表示のない道を下手に入って
道に迷ったりとんでもない所に行ってしまったら大変なので、
自分の判断は決して間違ってはいなかったと思います。

途中で何度か林道に合流し、自分の設定したタイムの1時間半よりもかなり早く、
神坂峠を出てから55分後の12:09に強清水の登山口に到着。
飯田中津川12

飯田中津川13
強清水には2台の登山客のものと思われる車が停めてありました。
強清水は登山口の割には駐車スペースが2,3台分しかありませんでした。
強清水では靴をトレッキングシューズからスニーカーに戻し、ストックを仕舞い、
トイレに行きました。
トイレには手洗い用の水道がなかったため、強清水の水で手を洗いました。
ちなみにこの水は岐阜県の名水にもなっていますが生水では飲めないそうです。

強清水を12:26に出発。
この時点で予定到達時刻に対しての時間の“貯金”は2時間4分だったので、
時間的にはかなり余裕がありました。
強清水から先はしばらく林道で舗装された道ですが、民家や有人施設は
しばらくないため、ひたすら木に囲まれた林道を歩きます。
強清水から次の休憩場所の神坂P.Aまでの予定所要時間は1時間半に設定して
いましたが、これは地図を見て出した大雑把な数字なので全く当てになりません。

林道を歩いていると、林しかない比較的なだらかな場所に真っ直ぐに延びる
舗装された比較的広い進入禁止の道があり、「木を伐採するための道か?
それとも別荘地でも造るのか?」と思いました。
そして強清水を出て47分後の13:13にやっと有人施設である林道沿いの
老人ホームまでやってきましたが、敷地内が立ち入り禁止になっていて、
どうやら別の場所に移転して今は閉館されているようです。
その老人ホーム跡からもう少し歩いた所にようやく民家が見えてきて少し
ホッとしました。

この林道は山道のためカーブが多くその分距離が長くなるため、予定所要時間より
も大分時間がかかってしまいました。
林道を抜け、恵那山トンネルを抜けた直後の中央道の高架橋が見えてきて、
そこからもうしばらく行くと、中津川線建設の際に湧き出てきた温泉を利用した
入浴施設『中津川温泉 クアリゾート湯舟沢』の前を通過。(14:07)
飯田中津川14
ちなみにこの場所に中津川線の神坂駅が建設される予定だったそうです。
その直後に神坂P.A、馬籠宿方面へ右折する道路があるのですが、
ちょうどその場所が歩道が一旦切れ、その代わりに車も通れる細い道を通る
のですが、“本線上”を通らなかったために『馬籠宿→』の標識のある所を通らず、
気付かずにそのまま50mほど真っ直ぐ進んでしまいました。
幸いGPSで確認したためすぐに気付き、50mほど行き過ぎただけで済みました。

そして強清水を出てから2時間2分後の14:28に神坂P.Aに到着。
飯田中津川15

恵那山と神坂P.Aの駐車場
飯田中津川16
自分の設定したタイムよりも32分オーバーしました。
それは決して自分のペースが遅かった訳ではなく、タイムの設定が大雑把だった
からに過ぎません。(カーブだらけの山道の距離の算出が大雑把過ぎた)
神坂P.Aではトイレに行き、自販機で氷入りのアイスコーヒーを飲みました。
普段はコーヒーなんかほとんど飲まないのですが、ウォーキング中はほとんど
温くなった飲み物ばかり飲んでいたので神坂P.Aでは氷入りの冷たい飲み物を
飲みたいと思っていて、ここにあったカップ飲料の自販機がコーヒー類のメニュー
だけだったので、珍しくアイスコーヒーを飲みました。
S.A、P.A好きの自分としては中の売店も見てみたかったのですが、あのリュック
(30L)を持って中に入ったら迷惑になるだろうと思いやめました。

神坂P.Aには6年前の『三重滋賀ドライブ』の帰り(店舗の営業が終了した深夜)に
一度だけ寄ったことがありましたが、今回のウォーキングで久しぶりによく冷えた
飲み物を飲んで休憩した場所として、自分にとって思い出の場所になりました。
ちなみに当初は神坂P.Aには寄らないもう少し距離的に短くなるコースも考えて
いましたが、トイレの事を考え、少し遠回りになる神坂P.Aや馬籠宿を通るコースに
しました。

神坂P.Aには22分滞在し14:50に出発。
この時点での時間の貯金はまだ1時間半ありました。
馬籠宿の手前で大きくカーブして川を渡る箇所があり、そこをほぼ直線で馬籠宿へ
抜ける遊歩道もあったのですが、馬籠宿のどこに抜けるのか分からず、
自分が写真を撮るつもりだった馬籠宿の入口の所を通らないかもしれないと思い、
あえて遠回りの道路の歩道を歩いて馬籠宿へ行きました。

馬籠宿には15:07に到着。
飯田中津川17
予定より大分早いので馬籠宿に寄って五平餅でも食べようとも考えていましたが、
それよりも早く中津川駅へゴールして駅前の店で五平餅を食べ、
ルビットタウン内のスガキヤでラーメンと冷たい物を食べたい気持ちの方が強く、
馬籠宿を素通りしました。

馬籠宿からは中山道を歩いて行きました。
ちなみに馬籠宿~中津川駅前通りまでの中山道は一部は歩行者専用の遊歩道
ですが、ほとんどは車も通れる一般道になっていますが、中山道の区間は他の道路
と違った舗装がされており、区別しやすくなっています。
当初は中山道は一部区間だけ通り、あとは一般道で国道19号に抜けてと考えて
いましたが、途中まで中山道を歩き「このまま中山道を歩いてみた方が面白そう!」
と思い、ルートを少し変更して中津川の駅前通りまでずっと中山道を通って行くことに。
その途中、『新茶屋トイレ』と表示されたトイレとその奥に何かの施設があり、
そこへ寄ってトイレに行ってから奥の施設の前の自販機で冷たい飲み物を買って
ベンチに座って飲みました。(15:32~15:38)
そこから少し行った所に落合の石畳という石畳の区間がありました。
飯田中津川18

もう40km以上も歩いてきてこの頃には普通に歩けない状態になっていました。
まだここから中津川駅まで行くには100m以上下らなくてはならないのですが、
股関節等の筋肉痛(?)により下り坂がとても大変になってきてペースも大幅に
ダウンしました。
その後、落合宿を通り、国道19号を2度横断し、中津川市街地にも大分近付いて
きてもう上りなんかないだろうと思っていたら、わざわざ丘の上を越える道があり、
「19号通っていればもっと簡単に行けたのに!」と思いながらも、そう簡単には
ゴールさせてくれないだろうと少し納得し、急な下り坂に苦戦しながら中山道を
歩き、17:22についに中津川駅にゴールしました。
最大で2時間4分あった貯金も33分まで減っていましたが、暑さによる体調の悪化も
なく、予定よりも早く中津川駅に着けて良かったです。
何よりも、時間的には1日で歩くことは可能だとは思っていたけど、身体的に
本当に自分の足で1日で歩き切ることができるのかという不安もあった中、
本当に飯田駅~中津川駅まで歩くことが出来て達成感でいっぱいでした。

中津川駅到着後、駅でペットボトルの冷たい飲み物を1本買って飲んでから、
予定通り五平餅店とスガキヤへ行きました。
飯田中津川19

飯田中津川20

その後、中津川発20:00の塩尻行き普通列車に乗って帰りました。
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する