fc2ブログ

藪原&奈良井

今週末は土曜日に行きたいライブがあったけど遅番で出勤のため行けず、
そうなると何も楽しみがないので日曜日にどこか行こうと考えました。
候補として挙がったのは2つで、バスで飛騨高山へ行くことと、
車で木曽地方北部の3つの道の駅などへ行くこと。
考えた末、バスで高山へ行くには往復で6千円近くかかるので、
木曽へ行けばその分贅沢が出来ると思い木曽地方北部の道の駅巡りへ行くことに。

まず最初に木祖村の藪原駅前に車を停め、藪原宿にある北原製菓へ。
ここのクッキーは『木曽川源流の里きそむら』と『木曽ならかわ』の道の駅など
でも買えるのですが、北原製菓の店舗でしか買えない商品もあるため、
数年ぶり2回目の北原製菓の店舗へ行ってみました。
藪原宿は奈良井宿などと比べると宿場風の建物がそれほど沢山ある訳ではなく
観光客らしき人も見かけませんでしたが、山間にあるこの町並みが
趣があってなんかいいなと思いました。
20藪原宿

北原製菓でクッキー4点とそば饅頭を買い、駅前に戻り車で
道の駅『木曽川源流の里きそむら』へ。
そういえば、藪原駅前に車を停めていた時間は30分くらいだったと思うのですが、
その間ずっと駅で電車を待っていた登山客っぽい人がいたのですが、
奈良井側から旧中山道の鳥居峠を越えてきた人ではないかと推測しました。

道の駅 『木曽川源流の里きそむら』には12時半くらいに着いたのですが、
昼時なのに食堂も売店も空いていました。
やはりこの時季は観光客が少ないので利用客も少ないようですね。
ここの食堂でざる蕎麦と山賊揚げ定食を食べました。
ネーミングが『山賊焼き』ではなく『山賊揚げ』なのは県外客の誤解を招かない
ようにという配慮なのでしょうか?
20きそむら蕎麦
ここで蕎麦を食べたのは2回目ですが、ここの蕎麦はコシがあって好きです。

その後、奈良井宿の近くにある道の駅『木曽の大橋』へ。
ここはまだ道の駅がメジャーじゃない頃に木造の木曽の大橋が出来
それが道の駅になったのですが、当初は駐車場が10台分くらいしか無く、
売店も無い道の駅だったのが何年か前に国道19号から中へ入った所に新しい
駐車場が出来、新しく出来た駐車場の前に売店や案内所なども出来たのですが、
今は観光客が少ない冬だから休業中なのか、それとも利用客が少ないので
閉鎖してしまったのか分かりませんが、その建物の中に入れないように
なっていました。

奈良井宿は好きなので何回も来ているのですが、去年は奈良井宿場祭にも
行かなかったので、奈良井宿に来たのは1年半ぶりくらいだろうか?
20奈良井宿
奈良井宿では奈良井風の串に刺さってない三食五平餅を食べたいと
思っていたのですが、どの店に入ろうか迷っているうちに宿場町を
往復してきてしまい、何も食べないまま奈良井宿を後にしました。
すると、駐車場近くのカフェの外にあったメニューの看板のきび餅が気になり、
そこできび餅を食べました。
20奈良井きびもち

その後、道の駅『木曽ならかわ』に寄り、売店でアイスなどを買って帰りました。
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する