fc2ブログ

南紀旅行3日目(那智山、那智勝浦)

【12月30日】

旅行最終日のこの日は朝から雨でした。
串本発8:03の普通列車に乗るため改札を通ろうとすると、駅員から
「雨のため上り坂で車輪が空回りしてしまい、現在5分ほど遅れて運転しています」
と言われました。
でもその列車は時刻表では串本駅着が7:57で6分停車の予定だったので、
到着は5分ほど遅れましたが出発は定刻通りでした。

8:42に紀伊勝浦に着き、コインロッカーに荷物を入れてから8:55発のバスに乗り
那智山へ。
ちなみに那智山とは、那智の滝をバックにした朱色の三重塔の景観で知られる
世界遺産の青岸渡寺の山号です。
9:20に那智山に着き、山用の防水のハードシェルジャケットを着ていたので
最初は傘をささずにいたのですが、雨が強くなってきてリュックもかなり濡れて
しまっていて、写真を撮る時はどうせ傘をささなければならないので、
途中から傘をさしました。

まずは那智大社へ。
19南紀3-01

19南紀3-02

それからそのすぐ隣にある青岸渡寺へ。
19南紀3-03

19南紀3-04

そして三重塔へ。
しかし雨で見通しが悪く、那智の滝は少し霞んで見えました。
19南紀3-05

17年前に来た時は滝の水量が少なくやや迫力不足でしたが、今回はあいにくの
雨ですが逆に水量が増えて迫力は増しているのではないかと期待しました。
そして滝まで行ってみるとやはり水量が増え、前回来た時よりも迫力がありました。
19南紀3-06

19南紀3-07
でも激しい雨のため、靴やズボンはびしょ濡れでした。

滝の近くの売店で黒飴ソフトクリームを買って食べ、那智山のバス停まで戻り、
11:45発のバスに乗って12:10に紀伊勝浦駅前に到着。
駅前で昼食を食べる店を探していると、おばちゃんが呼び込みをしている食堂が
あったのでその店に入りました。
その店は恐らく17年前にも行った店で、更に社会人になって間もない頃に両親を
連れて旅行した時にも入った店だと思います。
その店は紀伊勝浦駅の駅弁も作っている川柳という店で、
そこでさんま寿司、マグロのステーキ、刺身の盛り合わせなどがセットになった
川柳定食をいただきました。(写真はその中のさんま寿司と刺身の盛り合わせ)
19南紀3-08

その後、勝浦港にある勝浦漁港にぎわい市場へ。
19南紀3-09
ここでマグロの握り寿司8種盛をいただきました。
19南紀3-10

その後、駅前の土産店でお土産を買い、お菓子系のお土産で自分が求めていた
ようなものがあまり無かったので再びにぎわい市場へ行き、
その帰りに柑橘類の専門店でみかんを買い、紀伊勝浦発14:29の特急『南紀』
84号に乗車。
この列車は臨時列車なのですが、紀伊勝浦発車の5分前の時点での乗客は
自由席に2人と指定席は自分1人だけでした。
その後、紀伊勝浦から名古屋までの中間ほどの位置にある三瀬谷駅発車後も
自分の乗っている5号車の乗客は自分1人だけで、
隣の4号車も4人くらいしか乗っていませんでした。
結局名古屋までの約4時間の間、5号車はずっと自分1人だけで、
全体の乗客も推定20人程度だったのではないかと思われます。
ちなみに途中駅で下りの『南紀』とすれ違ったのですが、その列車は
およそ7~8割ほど席が埋まっているように見えました。

18:26に名古屋に着き、名古屋で夕食用の駅弁を2つ買い、
それを名古屋発18:40の特急『しなの』23号の中で食べました。
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する