FC2ブログ

乗鞍高原&木曽

20日の日曜日は乗鞍高原と木曽へ行ってきました。
何故、乗鞍高原と木曽だったのかというと、元々は木曽方面の道の駅を
巡ったり、五平餅を食べに行こうと思っていたのですが、
2週間前の乗鞍登山の時にスタート直後に道を間違え、どこでどう間違えたのかが
凄く気になっていてそれを検証してみたかったので、ちょうど紅葉も見頃という事
なので最初乗鞍高原へ行ってから木曽へ行くことになりました。


自宅を7時半過ぎに出て、ガソリンを入れてから乗鞍高原へ。
観光センターでトイレに寄り、9:06に鈴蘭橋の駐車場に到着。
乗鞍木曽01
2週間前はこの写真の真ん中の方へ向かって歩いて行きましたが、
今回はスキー場のリフトのある方のゲレンデへ出てから上って行く“もう1つのルート”
を通って行ってみることに。

乗鞍木曽02
ここは地図上の登山道のルートとはやや外れた場所だと思われますが、
ここをもう少し上って行くと(下の写真)本来の登山道に合流できるはずです。
ちなみにこのルートは2週間前は通っていません。
乗鞍木曽03

そしてここは間違って歩いて行った本来の登山ルートではない道です。
正面には乗鞍岳山頂の剣ヶ峰が見えます。
乗鞍木曽04
ただ、この写真の左側にわずかに写っている建物に『↑乗鞍岳登山道』としっかりと
表示されていたので、かつてはこっちが乗鞍岳への登山コースだったのでは
ないかと思われます。

そして検証の結果、↓の地図のように間違えたのではないかと思われます。
乗鞍木曽05
黄緑色の線が本来通ろうとしていたルート、青色の線が実際に歩いたおおよその
ルート。
ちなみにここでは線は途中で切れていますが、実際はこのまま川沿いを通って
三本滝の近くで三本滝方面から乗鞍岳へ行くルートに合流しています。
この地図にはそのルート(スキー場から三本滝近くへ出るルート)は載っていませんでした。
また、この地図の黄緑色の線の矢印の先端の“もう1つのルート”の合流地点の
途中まで行ってみましたが、その合流地点とみられるリフトの出発点へは
結構下らなくてはいけなくて、また上ってくるのが大変だと思い行きませんでした。

このスキー場でもう1つ調べたい事がありました。
それは、ゲレンデが小大野川の上を通っている場所があるというので、
その場所がどんな風になっているのか見てみたかったのです。
そしてこれが小大野川に架かるスキー場の橋です。
乗鞍木曽06
スキー場のコースでありながらこの部分だけ舗装されています。
そしてスキー場の真下を流れる小大野川。(橋の上から撮影)
乗鞍木曽07

鈴蘭橋の駐車場を10:16に出発し、上高地乗鞍スーパー林道を通って奈川へ。
その途中、一の瀬牧場から少し行ったどじょう池の前の道が紅葉見物に来た人の
車で混雑していました。
紅葉が綺麗だったので寄って行きたかったのですが、混雑していたのと
急いでいたので諦めて通過しました。

スーパー林道を抜け、11:03にながわ山彩館に到着。
写真はながわ山彩館南側の山並み。
乗鞍木曽08
ながわ山彩館でご当地お菓子類を数点買い、11:18に出発。

境峠を通って木祖村の国道19号へ出て、11:58に道の駅 日義木曽駒高原に到着。
ここで松茸おにぎりや木曽牛バーガーなどを買い、松茸おにぎりを車内で食べ、
12:14に出発。
上松町まで南下し、ネットで調べた寝覚ノ床近くの五平餅が名物の食堂へ。
しかしその店の駐車場が狭くて停めれなかったので、もう少し先の『ねざめ亭』の
駐車場に車を停めました。(12:35着)
ねざめ亭からはタダで寝覚ノ床が上から眺められます。
乗鞍木曽09
でも駐車してそれだけでは申し訳ないので、売店で少し買い物をしてから
五平餅が名物の食堂へ。
ここで五平餅定食とくるみ味の五平アイスクリームを食べました。
乗鞍木曽10

ねざめ亭の駐車場を13:13に出発し、13:19に道の駅 木曽福島に到着。
ここでは気になったご当地パン(といっても作っているのは伊那市)などを買い、
13:51に出発。
予定ではこの後木曽福島によって街を散策しようと思っていたのですが、
予定の時間よりも遅くなっていた事や、ご当地菓子などを沢山買って
かなり出費しているので木曽福島散策は諦め、今の季節限定の木曽福島名物
だという栗子餅を買いたかったので木曽福島の和菓子店にだけ寄り、
その後、道の駅 木曽川源流の里きそむらに寄って(14:26~14:43)
甘酒ソフトクリームを食べ、15時半頃帰宅しました。
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する