FC2ブログ

唐松岳登山(後編)

唐松岳山頂で23分間景色を眺めたり写真を撮ったり休んだりして、
再び唐松岳頂上山荘へ向かいました。

その途中で撮影した登山道東斜面の雪渓
19唐松岳11雪渓

山荘の前まで来ると下にテント場があり、テントが下に向かって点在していました。
急斜面を削った所に建てられた山小屋なので、テント場は少し離れた比較的
なだらかな場所にこのような形で配置されているのでしょうね。
その向こうには剱岳も見えます。
19唐松岳12山荘前から立山方面

来た道を振り返ると、山頂へ行く時にはガスがかかっていた唐松岳が綺麗に
見えました。
19唐松岳13山頂方面

唐松岳山頂から20分ほどで頂上山荘に着き、まずはトイレへ行こうと建物の
周りを探してみたけど見当たりませんでした。
トイレは建物の中にしかないようなので、フロントの前に設置された箱にトイレ使用料
(300円)を入れ、登山靴を脱いで中のトイレへ。
そして食堂で食事をしようとしたけど、休憩している人はいるものの、
そこのメニューらしきものを食べている人はいなくて、またメニューも見当たらず、
事前に調べた情報によればランチのメニューがあるはずなのに「あれ?」となり、
山小屋めしは諦めました。
仕方ないので、行動食(携行食)として持参した燻製たまごとバナナチップを
山小屋の前で食べました。
ちなみに山小屋めしを食べる予定でいたけど山小屋めしにありつけなくて、
持参した行動食で済ませたということは去年も何度かあります。
唐松岳は比較的簡単に登れる山で人気があり、
山小屋の前で食事をする人が沢山いたためあまり落ち着いて食べれませんでした。

唐松岳と頂上山荘が一緒に写った写真を撮りたかったので、
頂上山荘から少し南側の方まで行ってみました。
ちなみに頂上山荘から南側(五竜岳方面)へ行く道の入り口の所に
「この先〇〇の鎖場」みたいな立て看板があり自分のレベルでは危険かなと
思いましたが、とりあえず目的の写真が撮れて安全に行ける所まで
行ってみることに。

結局、頂上山荘から数百mほど行って引き返しました。
19唐松岳14山荘

19唐松岳15山頂、山荘

頂上山荘前を12:25に出発し下山を始めました。
その途中、上りの時にはガスがかかってあまり見えなかった
不帰ノ嶮の大雪渓を撮影。
19唐松岳16大雪渓

その後、八方池まで戻ってきました。
19唐松岳17八方池

行きは池を上から眺める道を通りましたが、帰りは湖畔の道を通りました。
19唐松岳18八方池

そして15:02に八方池山荘前のリフト乗り場に着きました。
2基のリフトとゴンドラリフトを乗り継ぎ八方へ。
19唐松岳19下りリフト

駐車場に戻り、車で天然温泉入浴施設『八方の湯』へ。
ここで温泉に入ってから氷ソフトのいちご味と温泉饅頭を食べ、
その隣のラーメン屋で少し早めの夕食を食べました。
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する