fc2ブログ

京都2日目(智積院、養源院)

[1月14日]

京都御所近くのホテルを朝8時過ぎに出て、丸太町から京都駅まで地下鉄に乗り、
コインロッカーに荷物を入れてから歩いて智積院へ。
京都駅から智積院までは徒歩20~25分ほどの距離です。

9時ちょっと過ぎ頃に智積院に到着。
智積院は真言宗智山派の総本山です。
19年1月京都11

金堂(本堂)へ行く手前に有料エリアの受付があったので拝観料を払い、
先に庭園などの有料エリアへ。
19年1月京都12

少し行くと庭園に造られた山としては異常に高い人口の山のある美しい日本庭園が
ありましたが、池の改修工事中のため、池の水が抜かれていて少し残念に
思いましたが、案内していた女性が「普段は池を囲む石の上の方しか見れないので
下の方まで見られた皆さんはとても貴重な体験をされました」と前向きな案内を
されていて、「池の水があれば更に綺麗だっただろうな」と思った自分の悔しさを
軽くしてくれました。
19年1月京都13

19年1月京都14

19年1月京都15

19年1月京都16

有料エリアの見学を終え金堂へ。
成田山新勝寺、川崎大師、大須観音などの名立たる寺院が属する真言宗智山派の
総本山の金堂としてはそれほどの規模ではありませんでした。
19年1月京都17

19年1月京都18

智積院の見学を終えた時間は10時半頃で予約してある帰りの新幹線の時刻は11:58。
まだ若干時間に余裕があったので、少し気になっていた養源院へ行ってみることに。
養源院は道路を挟んで智積院の隣(京都駅寄り)、
智積院と三十三間堂の間にあります。
19年1月京都19

養源院は30分以内で見る予定でしたが、中で案内をしていてそれを全て聴いていたら
40分くらい滞在していて、帰りは京都駅まで時々走りながら急いで行きました。
養源院は有料エリアの見学する範囲こそ狭いですが、木の戸に描かれた杉戸絵や、
関ヶ原の戦いの前哨戦となった伏見城の戦いで徳川方の武士が自刃して血で
染まった廊下の板を天井にして弔った『血天井』といった歴史好きにとっては
とても見応えのある寺院でした。
血天井は400年以上経った今でも血の跡が黒くなって手形や足型なども確認できる
部分もあり、とても興味深く見入ってしまいました。
ちなみにここでの案内は最初録音された解説のアナウンスがラジカセで流され、
その後係員の人が補足みたいな感じで説明するのですが、ラジカセで流している
音声はカセットテープに録音されたもので音質も悪く、だったら案内する人が
その録音されている内容を暗記して説明すればいいのでは?と思いました。

その後、京都発11:58の『ひかり』に乗って12:34に名古屋に到着。
名古屋発13:00の『しなの』13号に乗って塩尻で乗り換え、15:15頃帰宅しました。
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する