FC2ブログ

規制解除最終日の御嶽登山(後編)

改修工事中の二の池山荘から5分ほど歩いた所にあるニノ池ヒュッテにも少しだけ
寄ってみることに。
ニノ池ヒュッテはオーナーが代わった事で話題となっていて、そこで昼食を食べる
ことも考えていたのですが、宿泊営業は前日の7日までで、昼間にカフェの営業が
あるのか、あっても食事メニューがあるのかも分からなかったので、この後行く
五の池小屋で食べることにしたのですが、ニノ池ヒュッテへ行くと中で何人かの
登山客が休んでいたので、カフェの営業をしていたのだろうか?
でも時間の都合により二の行けヒュッテは少し覗いた程度で、
すぐに五の池小屋へ向かいました。
来年はもっと空いている時にもっと時間に余裕を持って行って、
複数の山小屋の食堂やカフェで休憩してみたいと思いました。

二の池ヒュッテから20分弱で賽ノ河原避難小屋へ。
ここは無人の避難小屋ですがトイレもありました。
そして小屋の近くの高台からは三ノ池が一望できました。
18御嶽2-01

18御嶽2-02

そこから途中で写真を撮りながら、三ノ池を望む登山道を五の池小屋目指して
歩きました。
18御嶽2-03

18御嶽2-04

二の池ヒュッテを出てから45分後の12:49に五の池小屋に到着。
かなり余裕を見て設定した予定時刻よりも9分ほど遅れての到着でした。
山頂までの混雑や、二の池周辺でも写真を沢山撮ったりしていたためです。
18御嶽2-05

摩利支天山と五の池小屋
18御嶽2-07

岐阜県側
18御嶽2-06

五の池小屋は三ノ池にも近いですが、『五ノ池』という池は五の池小屋のすぐ前に
ある小さな池の事です。(写真には写っていませんが)

五の池小屋でトイレに行ってからカフェで食事を、と思い中を覗いて見ましたが、
それらしきものが見当たりませんでした。
では反対側なのかと思い回り込んでみましたがありませんでした。
恐らく一旦山小屋の中に入った奥の方にあるのではないかと思います。
ただ、時間的に余裕がなかったため、小屋のカフェで食べることを諦め、
携行食(兼非常食)として持参したチーかまとサラミを近くの丘の上で食べました。

13:20に出発し、三ノ池の周りを約3/4週しました。
その途中、今の時季は水が無い四ノ池が見えました。
18御嶽2-08
この中を流れる小川が落下して飯森高原駅付近からしか見ることのできない
『幻の滝』となるのですが、2年前の8月に御岳ロープウェイに乗って飯森高原まで
来た時にそれを見て疑問に思いました。
標高2690mの所から落下する滝なのにあの水はどこから流れてきているのかと。
雪解け水なのか?でもまだ雪が残っているのか?などと思っていました。
しかし実際に見てみると、雪は見当たりませんでした。
恐らく地下から湧き出しているんでしょうね。

その後も三ノ池を周回する道を写真を撮りながら開田頂上まで歩きました。
18御嶽2-09

18御嶽2-10

開田頂上には五の池小屋前を出てから28分後の13:48に到着。
そこから飯森高原駅に向けて下山を始めました。
その途中の紅葉が綺麗でした。
18御嶽2-11

飯森高原駅には15:38に到着。
登山道は霜柱が融けてグチャグチャの箇所が多く靴が汚れていたため、
飯森高原駅の入り口の所の靴洗い場で底の泥を落としてからロープウェイに
乗り、鹿ノ瀬駅へ。
下山後にソフトクリームやアイスを食べることが恒例のようになってきていますが、
鹿ノ瀬駅2階の食堂でソフトクリームを食べようとしたらラストオーダーの16時を
わずかに過ぎてしまっていたため、ソフトクリームが食べれませんでした。
その代わり、1階の売店で開田高原アイスクリームのカップアイス(ブルーベリー)を
買い、車の中で食べました。

今回の登山の目的の1つだった4年前の噴火の犠牲者の慰霊は混雑や時間の
都合で軽く手を合わせることくらいしか出来なかった事が少し悔いが残りましたが、
充実した1日だったと思います。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する