FC2ブログ

針ノ木岳、蓮華岳登山番外編

『快晴の針ノ木岳&蓮華岳』の前編、後編で紹介しきれなかった出来事や
写真の紹介をしたいと思います。

まずは針ノ木小屋から蓮華岳に行く途中で撮った写真を何枚か。

針ノ木小屋と針ノ木岳(2つあるこぶの右側)
針ノ木蓮華1小屋

針ノ木小屋と紅葉
針ノ木蓮華2小屋紅葉

上から針ノ木小屋
針ノ木蓮華3小屋

スバリ岳と剱岳(右奥)
針ノ木蓮華4剱岳

槍ヶ岳
針ノ木蓮華5槍ヶ岳

剱岳(中央)
針ノ木蓮華6剱岳

今回、針ノ木小屋には3回立ち寄りました。
自分は現段階では日帰り登山専門で、今後も泊まりで行くことがあるかは
分かりませんが、山小屋にはすごく興味があるのです。
日帰り登山専門の自分にとって山小屋は、トイレを借りる場所、休憩する場所、
そして食事をする場所という位置付けになっています。
今後も色んな山小屋に行ってみたいです。

今回考えさせられたのは、今後はもう少し安全な山を選んで行った方が
いいのではないかということ。
大沢小屋~針ノ木峠(針ノ木小屋)の間には技術的にはそれほど難しい訳では
ありませんが、もし足を滑らせたりバランスを崩したら大変な事になるという場所が
多くありました。
そういう危険度でいったら、今まで自分が行った山の比ではないと思います。
登りではそこまでの恐怖は感じませんでしたが、登りよりも難しいとされる下りでは
「もしここで滑ったら…」という恐怖感でかなり神経を使いました。

下山時は右膝痛もあってスローペースだったので途中で何人もの人に道を
譲って先に行かせたのですが、途中である4人家族(子供は中学生か高校生
くらいの男女)が追いついてきたので先に行かせたのですが、あっという間に
離れてしまって「この家族はトレイルランの選手なのか?」と思ったくらいです。
しかもその抜かれた場所はまだ比較的緩やかな傾斜の場所だったので、
右膝を痛めていた自分でもそこそこのスピードで歩いていたのですが、
それでも追いつけませんでした。
ちなみに自分は普段の歩くペースは普通の人と比べ結構早い方です。
膝を痛めている状態では、登りや平坦な道では案外普通に歩けるのですが、
急な下り、特に段差の大きい下りは本当に大変です。
その家族は最初沢で遊んでいるところを自分が抜かして行ったのですが、
そもそも沢でのハイキングが目的で山頂の方まで行かなかったのだろうか?
それで体力的にも余裕があったというならまだ話は分かりますが。
でも4人とも山道を歩き慣れている感じでした。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する