FC2ブログ

初めての南アルプス・仙丈ケ岳(前編)

19日から23日まで会社が5連休なのですが、5連休2日目の
20日の金曜日に南アルプスの仙丈ケ岳へ行ってきました。

北アルプスや中央アルプスと比べ観光地化されてなくて地味なイメージのある
南アルプスですが、そんな南アルプスの事をもっと知りたいと思い、
南アルプスの入門編の山である仙丈ケ岳へ行くことになりました。
仙丈ケ岳には行きたいとは思っていましたが、元々今年行こうとは思っていませんでした。
しかし元々7月に行く予定だった蝶ヶ岳は5月に行ってきたため、
休みの多い7月中にどこか登りたいと思い、先週の西穂独標に続き
2週連続で山へ行くことになりました。


自宅を朝4時過ぎに出発し、下道を経由して
伊那市長谷の仙流荘には5時半頃到着。
ここから6:05発の林道バスに乗るのですが、着いた時にはもう100人以上の
人がバス待ちの行列を作っていました。
ネットで調べた情報によると、始発のバスの時間に合わせてバス乗り場の
売店を営業し、そこでおにぎりや五平餅などを販売すると書いてあったので、
そこでおにぎりを買ってこの日の昼食として山小屋の前とかで食べようと
考えていました。
しかしその売店は営業していませんでした。
となると、北沢峠こもれび山荘に何か売っていたら買っていくか、
もしくは仙丈小屋のカフェに何か食べ物があればそれを食べるか、
それもなければ行動食(というか予備食)として持参したチーかまとくるみ餅を
食べようと思いました。

南アルプス林道は大型車の通行が困難なため、定員30人くらいの小型バスが
運行しているのですが、バスはそれなりの台数があるものの、
それだけの数の運転手がいるのか?とバス待ちの列の後ろの方で
心配しながらバスが1台、また1台と出発して行く様子を不安になりながら
見ていました。
そして最後の5台目(6台目だったかも)に乗れて一安心しました。
自分が乗った最後のバスが仙流荘を出発したのは定刻の6:05よりも10分ほど
遅い6:15頃でした。
北沢峠には7時過ぎに着きました。
01林道バス

トイレへ行ってから北沢峠こもれび山荘へ行きパンやおにぎりなどの
食べ物が売ってないか見てみましたが売ってないようだったので、
何も買わずに7:12に登山をスタート。
コースタイム(到達標準時間)の2時間よりもかなり早い8:20に5合目の
大滝頭に到着。
ここで軽く休み8:26に出発。
途中の6合目くらいまで行くと周辺の山々の眺望が良く、
写真を撮りながら進みました。

鳳凰三山
02鳳凰三山

甲斐駒ケ岳
03甲斐駒ケ岳

6合目は森林限界を超え日が差していたのでサングラスをかけていたのですが、
写真を撮る際に邪魔なのでその時はサングラスを帽子の上にはめていました。
しばらくその状態で進みサングラスをかけようとしたら無いことに気付きました。
どこかで落としてしまったらしい…。
戻って探そうか迷いましたが、どの辺で落としたかも曖昧で、
帰りのバスの時間の事を考えるとそんな余裕もないかもしれないし、
10キロ近くあるリュックを背負ったまま戻って探すのは体力の消耗にもなってしまう。
サングラスが無い事に気付いた直後に中学生の数十人の集団とすれ違ったので、
その中の誰かがきっと拾ってくれるだろうと信じ、帰りに北沢峠で
サングラスの落とし物が届いてないか訊いてみることにしました。
ちなみに自分としてはそのサングラスは別に気に入っていた訳でもなく、
決して高かった訳でもなく、むしろ別のサングラスが欲しいと思っていた
くらいなので、そのサングラスが戻ってこなくても全然構わないのです。
問題なのは、もしそのサングラスが誰にも拾われず山のゴミとなり
環境破壊の一因となってしまうのならば、その事が何よりもショックなのです。

サングラスの件は帰りに北沢峠で訊いてみることにして、登山を続行しました。
9:27に小仙丈ケ岳に到着。
小仙丈ケ岳からは雄大で美しい仙丈ケ岳の山容を望むことができました。
04小仙丈ケ岳

北岳
05小仙丈ケ岳から北岳

仙丈ケ岳方面
06小仙丈ケ岳から仙丈ケ岳

小仙丈ケ岳を9:38に出発し、所々で写真を撮りながら仙丈ケ岳の
山頂を目指しました。

仙丈ケ岳山頂方面
08山頂方面

下には仙丈小屋
09仙丈小屋

そして山頂方面からおばちゃん3人組が来たので少し広くなった所で
避けて待っていると、「その辺りにライチョウがいるみたいですよ」と
教えてくれました。
すれ違った人に教えてもらった情報のようですが、そのうち
「あっ!いた!」と上の方を指差していたので見てみると、
一羽の親鳥がいました!
子供もいたみたいですが、少し離れた場所だったため子供は見えませんでした。
10ライチョウ
ライチョウを見たのは5月の乗鞍岳の時以来2回目でしたが、
乗鞍の時は写真には撮れませんでしたが今回は何枚もの写真も撮れて
それだけでも今回仙丈ケ岳へ来た価値があったと思いました。


(後編へ続く)
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する