FC2ブログ

3日目・児島ボート、鷲羽山

[3日目・12月29日]

鳥取発7:23智頭行き因美線普通列車に乗車。
これから岡山まで移動するのですが、直通の特急『スーパーいなば』ではなく
普通列車にしたのは、7:05発のスーパーいなば2号で行っても
早く着き過ぎてしまい、その次の10:02発の4号だと着くのが遅いのと、
時間が勿体無いこと、更には津山駅にも行ってみたかった(特急だと津山を通らない)
からです。
8:11に智頭に着き、8:15発の津山行きに乗車。
ここから先は1両編成の列車で山岳区間を走り、ローカル線色がより強くなります。
1津山線

9:24に津山に着き、9:44発の岡山行き快速『ことぶき』に乗車。
10:53に岡山に着き、一旦改札を出てコインロッカーに荷物を入れ、
11:13発の高松行き快速『マリンライナー』25号に乗り、
11:35に児島に到着。
駅前から無料送迎バスに乗って児島ボートレース場へ。
競艇をやるのは松戸遠征の時の2016年8月に埼玉県の戸田以来
1年4ヶ月ぶりです。

腹が減っていたので予想の方は後にして、まずは場内の食堂へ入って
岡山のご当地グルメ『デミかつ丼』を食べ、その後6レースから9レース
までの4レースを予想し観戦しました。
2児島ボート

ところで競艇好きの割に知識に関してはほぼど素人の自分は入場時に
予想紙を購入しているのですが、今回は売り場はあるけど誰も人が居なくて
予想紙を売っていませんでした。
仕方ないので無料で貰える出走票を頼りに予想しました。
でもその割に4レース中3レースで的中し、トータルで3300円の利益でした。
場内では他にたこめしを食べました。

第9レース終了後に無料送迎バスで児島駅に戻り、15:30発の循環バス
『とこはい号』に乗って鷲羽山第2展望台を目指しました。
15:57に鷲羽山第2展望台に着くと、バス停の近くから児島の街や
ボートレース場が見えました。
3鷲羽山第2児島

バス停から駐車場を通って5分ほど歩くと瀬戸大橋の展望台として知られる
鷲羽山第2展望台へ。
4鷲羽山第2
しかしここの展望台からだと一番手前側の橋が全部見えないため、
瀬戸大橋の夕景の撮影はここよりも橋の広範囲が見えると思われる
第1展望台でしようと思いました。
ちなみにこの日の岡山市付近の天気予報は1日を通してオール晴れマーク
だったので、ちょっとくらい雲が出てくれた方が夕焼けが綺麗に見えるんだけどな~
という心配をしていたくらいだったのですが、岡山県に入ってから太陽など
一度も顔を出してないくらいの一面の曇り空で、あの天気予報どうなってるんだ!
と思いました。

まずは第一展望台付近を通って鷲羽山山頂へ。
5鷲羽山山頂
本当はここから瀬戸大橋の夕景を撮るのが理想なのですが、
あまり広いスペースが無く他の観光客の邪魔になることや、
暗くなったらこの場所では危険が伴うと思い、第1展望台から
撮影することにしました。

結局厚い雲から太陽が顔を出すことは無く、夕日も夕焼けも見えませんでしたが、
瀬戸大橋の夕景や児島の夜景は撮影できました。
瀬戸大橋の写真の手前の松がちょっと気になりますが。(もう少し良い場所あっただろ!)
6鷲羽山第1

7鷲羽山第1児島

17:57発のとこはい号で児島駅に戻り、児島発18:40発の快速マリンライナー
54号に乗って岡山には19:03に到着。
駅弁を1つ買ってからホテルへ行き、ホテルでそれを食べてから
夜の駅前を少し散策し、駅の中のラーメン店でラーメンを食べました。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する