FC2ブログ

南信濃ドライブ[後編]

車は山道からちょっとした街の中に差し掛かってきました。
そこは天龍村の中心部で特急『伊那路』の停車駅でもある平岡駅周辺でした。
その平岡を抜け、天竜川沿いを通って国道418号を南下。
県道1号との分岐点にちょっと広くなったスペースがあったので、
そこに車を停め近くの天竜川を撮影。
5天龍村ニセンジ

そこから県道1号を南下し、長野県最南端の駅である中井侍駅の対岸付近を目指しました。
結局どの辺りが駅の対岸なのか分からないまま平神橋という橋の所まで
やってきて、近くに車を停め、そろそろこの付近の飯田線を特急『伊那路』が
通過する時刻だと思ったので橋の上に行きましたが、そもそもそこから飯田線の
列車が見えるのかも不明で、結局そこから列車は見えませんでした。
6天龍村平神橋上

その後、せっかくここまで来たのだから愛知県や静岡県との県境付近まで
行ってみたいと思い車を走らせましたが、そこからもう少し行った所で
土砂崩れのため不通になっていました。
仕方ないので引き返すと、先ほどの平神橋が綺麗に見えるスポットがあったので、
そこで少し写真を撮りました。
7天龍村平神橋

このまま来た道を戻るつもりでしたが、せっかくここまで来たのだから
平神橋を渡って中井侍駅の方まで行ってみようと思い車で橋を渡りました。
あれだけ立派な橋なんだからその先の道もそれなりの道だと思っていたら、
車のすれ違いも出来ないような細い道の連続でした!
しかも少しカーブした場所で谷側にガードレールも縁石も無い「落ちたら死ぬ」
ような道があり、その場所をビビりながら超慎重に越え、
そこからもう少しすると山の斜面に集落がありました。
その集落を下栗の里ように蛇行しながら上って行くのですが、
その道は車同士のすれ違い不可能な狭い道で、
しかも急坂の急カーブで自分の車だと曲がる時に斜面の壁スレスレ状態の
場所もあり、対向車が来ないことを祈りながら集落を上っていきました。
その途中、眼下にその集落や茶畑、そして天竜川の峡谷という絶景が見下ろせ、
その写真を撮りたかったけどそんな余裕などなく、このままここを上って行けば
もう少しまともな道に出れるのだろうか?ととにかく必死でした。
そして何とか先ほどの道と比べれば大分まともな「安心して走れる道」に出て、
あの絶景を写真に撮れなかった事を後悔しつつも今度は飯田線に乗って
中井侍で下り、あの場所から写真を撮ろうと誓いました。

何とか先ほど寄ってきた国道418号と県道1号の分岐点の所に出て、
天竜川を北上して道の駅 信濃路下條を目指しました。
その途中で飯田線の列車の写真を川越しに撮る絶好の撮影ポイントがあり、
寄って行きたかったけど駐車スペースがいっぱいだったので断念し、
天龍村北部のちょっとした駐車スペースのある所で車を停め、
天竜川を撮影。
8天龍村北部

天竜川から離れ国道151号を経由し、13:31に道の駅 信濃路下條に到着。
9道の駅下條
ここで少し遅い昼食としてざるそばと五平餅を食べました。
その後売店を見たのですが、この下條村といえば峰竜太の出身地として知られ、
峰竜太にあやかった商品も色々売られていました。

道の駅 信濃路下條を14:16に出発。
この日は夕方から松本でライブを観に行く予定があったため、
時間の都合で天竜峡は諦め、途中の駒ヶ岳S.Aに寄って仮眠を取ったり
まだ何か食べたかったので食事を取り、自宅には16:45に着きました。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する