FC2ブログ

道の駅 名立

8日の日曜日は、7月の自主企画に長野から来てくれた人の企画が
長野市のINDIA live the SKYであったのでそれを観に行き、
新鮮な魚介類が食べたかったので長野から少し足を伸ばして上越市にある
『道の駅 うみてらす名立』へ行ってきました。

上諏訪行きの最終列車で帰って来れるか分からなかったので、
松本駅前まで車で行き、松本発8:08の快速列車に乗って
1時間立ちっぱなしで長野へ。
長野から北陸新幹線の『はくたか』に乗り、9:58に上越妙高に到着。
6月から7月にかけて3泊4日で行ってきた北海道旅行の際、
新函館北斗の駅前の様子が上越妙高の駅前と何となく重なって見えたので、
前回上越妙高に行った1年前から何か変わった点はないかと気になっていました。

そして駅前の様子を見てみると、住宅以外にはレンタカー会社があるだけの
ほぼ変化なしの状態でした。
しかし駅前を少し歩いてみると、更地の所にコンテナが何台かあり、
そのコンテナで飲食店を営業するというコンテナ屋台がありました。
また、駅に隣接するホテルのある新函館北斗に対し上越妙高駅前には
宿泊施設がありませんが、駅前の開発計画でホテル建設が予定されている
ことを看板で知りました。
1上越妙高駅前看板

上越妙高から越後トキめき鉄道の妙高はねうまラインと日本海ひすいラインを
乗り継いで名立へ。
2えちごトキめき鉄道

名立には11:06に到着。
ちなみに新鮮な魚介類を食べに行くのに名立を選んだ理由は、
この名立の道の駅は海沿いにあって駅から歩いて行ける距離だったからです。
名立は平地が少なく山が多いため、北陸自動車道のトンネルとトンネルの間が
高架橋になっていてなかなかカッコイイです。
3名立北陸道

駅から国道8号線に繋がる川沿いの道を歩いていると、川で何人もの人が
釣りをしていて、かつて釣りを趣味としていた自分としては何が釣れるのか
とても気になりました。
海のすぐ近くとはいえ、川の上流並みの流れがあったので、
普通に川の魚なのだろうか?

名立駅から徒歩10分ほどで道の駅『道の駅 うみてらす名立』に到着。
道の駅内には海鮮丼の食べられる店が2階のレストランと
1階の通路と仕切りのないカウンター席のみの食事処の2ヶ所あり、
食事処の方が安かったけどのんびりと落ち着いて食べたかったので、
レストランで食べました。
4名立海鮮丼

その後、建物の外の屋台で売っていた貝類などの串焼きが気になったので、
イイダコやハマグリ、アカニシ貝などの刺さったミックスを1本買って食べました。
5名立串焼きミックス

その後、海の写真を撮ったりして、道の駅には1時間ほど滞在し、
名立発12:54の列車に乗りました。
6名立風車海

途中、直江津で駅弁を買ってホームの待合室で食べ、妙高はねうまラインと
北しなの線を乗り継いで15:38に長野に着き、SKYで16:30スタートのライブを
最初から最後まで観て、長野発21:51の列車で帰りました。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する