FC2ブログ

白根浅間火山ドライブ前編

9日の土曜日は車で草津白根山、万座温泉、鬼押出し、
白糸の滝へ行ってきました。
今年6月に白根山の噴火警戒レベルが2から1に下がったことにより、
去年10月の『志賀草津ドライブ』の時には行けなかった
白根山の火口湖『湯釜』が見える展望台へ行けるようになり、
自称火山マニアの自分としてはずっと前から行きたかった場所であり、
規制が緩和されて以来天気のいい日を狙って行きたいと思っていて、
そのタイミングが今回だったという訳です。

また、標高1800mの所にある万座温泉や、鬼押出し、白糸の滝にも
行ってみたかったので、併せて行くことにしました。


自宅を6:07に出発し、塩尻北I.Cから高速に乗り、松代P.Aでガソリンを
入れてから朝食を食べるために小布施P.Aへ。
しかし開店直後のスナックコーナーは混んでいて、売店を見たけど大した
物が売ってなかったため、ここで食べることを諦め、信州中野I.C近くの
コンビニでおにぎりを買って車内で食べました。

その後、有料道路(100円)の志賀中野道路へ。
ここの料金所は無人なのですが、硬貨を入れる場所が見つからない!
後ろで1台待っていてあたふたしていると、賽銭箱のような投げ込み式の
硬貨を入れる箱を見つけ、何とか通ることができました。
この方式は安房トンネルでも経験しているのですが、
最初全く気付きませんでした。
というか、自分以外にも絶対気付かずにあたふたしてしまう人がいると思うので、
もっと分かりやすく表示するべきです!

8:09に志賀高原にある木戸池に到着。
実は去年の志賀草津ドライブの時、この木戸池や横手山、
白根山麓の殺生河原で撮った写真がSDカードのデータ破損により
無くなってしまったため、今回のドライブではその時の写真を
改めて撮るという目的もありました。(殺生河原には今回行きませんでしたが)
そしてこの日は天気が良く、去年撮った写真に負けない綺麗な
写真が撮れたと思います。
01木戸池2017

8:18に木戸池を出て、群馬県との県境の渋峠に近い横手山ドライブインの
駐車場には8:28に到着。
ここでは去年来た時はスマホでは1枚も写真を撮らなかったため、
ここでの写真は1枚も残っていませんでしたが、
今回はあの時よりも天気が良く、長野市街地方面もよく見えました。
02横手山2017

03横手山2017

横手山ドライブインの駐車場を8:36に出て群馬県に入り、
白根山などが見える所にあるちょっとした駐車スペースに寄りました。
(8:42~8:44)
ここは去年来た時も寄りましたが、ガスがかかっていて、
白根山の斜面から噴き出す噴気はあまりよく見えませんでしたが、
今回は天気も良くばっちり見えました!
04白根山2017
また、この付近まで来ると硫黄の匂いもしました。

白根山の見える駐車スペースから7分ほどで湯釜の展望台近くの
駐車場(500円)に到着。
トイレに行ってから展望台へ。展望台へは駐車場から10分ほど歩き(登り)ます。
その途中からこの後行く万座温泉が見えました。(写真中央付近)
05白根山2017

そして湯釜へ。湯釜が見えると多くの人が歓声を上げ、
その様子を見ているのもなかなか面白かったです。
06湯釜2017

07湯釜2017

湯釜の展望台には30分近く滞在し、
駐車場を9:45に出て、そこから10分ほどで万座温泉へ。
決して3000m級の山の麓とかではなく、周辺には高くても2300m台の山しかない
場所の標高1800mの温泉地というのがどんな所なのかとても興味がありました。
最初は万座プリンスホテル近くの牛池へ行こうとしていたのですが、
道を間違え万座ハイウェイの方まで来てしまいました。
途中で気付いて引き返し、10:02に牛池に到着。
池の水が澄んでいて、それが水鏡となって木々を写し出し、
とても綺麗でした。
08牛池2017

09牛池2017

池の周りを1周し、10:25に牛池を出発し、
せっかく温泉地へ来たのだから温泉に入りたいと思い、
万座湯畑の近くにある温泉旅館・日進舘へ。
牛池からは車で1,2分ほどの距離です。
日進舘の駐車場に車を停め、温泉に入る前に近くにある万座湯畑へ。
万座湯畑は草津温泉の湯畑ほどの規模も無く決して華やかさは
ありませんが、火山の麓にある熱い源泉が湧き出る温泉なんだと
実感できる場所でした。
火山性の有毒ガス発生のため付近は立ち入り禁止ですが。
(湯畑は写真右端)
10万座湯畑2017

湯畑から戻り、日進舘のフロントで日帰り入浴のチケットを
購入し(千円)、旅館内の内湯へ。
湯畑へ行く途中に日進舘の露天風呂がありそっちにも
入れるのですが、時間の都合で内湯だけ入りました。
この後、鬼押出しと白糸の滝にも行くため、
あまりゆっくりはできませんでしたが、
硫黄濃度が日本一という白く濁ったお湯の木造風呂は
情緒があり、良い思い出になりました。

内湯から上がり、旅館内の売店でお土産を買い、
入口の所にある天然の飲料水を飲んでから、
11:33に日進舘の駐車場を出発しました。

[後編へ続く]
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する