名古屋2日目(徳川園山車揃え、栄~名駅散策)

[6月4日]

朝7時半に起床。
前日にホテルにチェックインした時は薄暗かったのであまり景色はよく見えませんでしたが、
この日は朝からよく晴れて、南側の名古屋港、ささしまライブ方面がよく見えました。
01ゲートタワー景色

02ゲートタワー景色

ホテルを9:15頃出てJRで大曽根へ。
大曽根駅から歩いて徳川園へ。
徳川園(というか徳川園と徳川美術館前の広場)ではこの日『山車揃え』があるのです。
山車揃えとは、昨夜行った筒井町天王祭とその同じ日に開催の出来町天王祭で
披露される計5輌の山車が勢揃いするのです。
山車揃えは11時からでこの時はまだ10:15くらいだったので、徳川園の庭園へ。
すると、入場の際に先着500名に配られるという山車揃えの木製のストラップが貰え、
その事を全く知らないで庭園に入ったのでとてもラッキーだと思いました。

徳川園はこの時季は色んな花が咲いているのだろうと思って入園したのですが、
菖蒲以外はあまり咲いていませんでした。
それでも天気も良く、庭園がより美しく見えました。
また、園内では結婚式も行われていました。
03徳川園

04徳川園

そして庭園を出て山車揃えを見物。
昨夜見た筒井町の2輌の山車に加え、出来町天王祭の3輌も加わり、
5輌の山車が揃い壮観でした。
05山車揃え

06山車揃え

12時前に徳川園を出て、大曽根駅からJRで千種へ。
千種へ来た目的は、駅前の店であんかけスパを食べるため。
しかし昼時という事もあって狭い店内は満席。
また、その隣の台湾カレーの店(台湾まぜそばの元祖の店の監修)が気になったので、
そっちの店へ入り、台湾カレーを初体験しました。
07台湾カレー
なかなか美味しかったです。

その後、地下鉄で栄へ。
実は最近名古屋の地図を見て気になっていたことがあるのです。
錦2丁目、3丁目一帯は家康によって名古屋の街が造られた当時からの
いわゆる碁盤割の正方形の区画が広がっているのですが、
その真ん中に江戸時代から続く寺のある区画がいくつもあるのです。
そんなビルに囲まれた寺がどんな寺なのかという事と、
寺の入り口はどうなっているのかが気になり、見てみようと思ったのです。

そして錦3から錦2にかけての碁盤割の区画の真ん中にある寺を6つ見てみました。
6つのうち5つの寺は入り口が南側にあり、1つだけ東側にありました。
また、入り口は狭く、中まで行くと若干広くなるという造りの寺がほとんどでした。
その中で自分が一番寺としての魅力を感じたのは錦2の福生院という寺でした。(外から見ただけですが)
08福生院

その後、円頓寺商店街と四間道を散策し、名古屋駅東側に去年オープンした2つのビルの
地下を少し見てから16時発の特急『しなの』で帰りました。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する