東海北陸道ドライブ後編

車のガソリンがあまり残ってなかったので、この白川村で入れてから
白川郷I.Cから高速に乗ろうと考えていたのですが、
インターへ行くまでに唯一あったガソリンスタンドは進行方向反対側で、
しかもすぐ近くに信号機があったために入りづらくて断念。
もう少し先にないかとインターの入り口を通り過ぎると、
その先はトンネルが続き、ガソリンスタンドなんか無さそうな山深い谷になり、
「どうせならこのまま五箇山まで行って五箇山の合掌造り集落を見てから
五箇山I.Cから高速に乗ろう!」という事になりました。
その途中、五箇山村にある道の駅 上平に少しだけ寄り(ザッと見ただけ)、
菅沼合掌集落の駐車場まで来ましたが、雨が降って視界があまり良くなかったのと、
駐車場が有料のようだという事、時間的にあまり余裕がなかったなどの理由で、
菅沼合掌集落は車窓からチラッと見ただけで五箇山I.Cまで戻り、
東海北陸道に乗りました。

12:40に城端S.Aに到着。
ここはハイウェイオアシス(一般道と高速道路のどちらからでも行き来出来る
S.AやP.Aと連結した施設)が併設されていて、サービスエリアとしての施設は
コンビニとトイレのみで、サービスエリアから数百m行った所にハイウェイオアシスがあり、
ハイウェイオアシスには道の駅的な地元の農産物などが並ぶ売店などがありました。
その売店で気になった饅頭やパンなどを買い、12:56に出発。

当初の予定ではこの後氷見へ行き、その帰りに北陸道の小矢部川S.Aの上下線両方へ
寄って行くつもりでしたが、ガソリンが残り少なく、氷見まではまだ結構距離があるけど
小矢部だったらそれよりも近いので、先に小矢部川S.Aへ寄っていくことに。

13:09に小矢部川S.Aの上り線側に着き、中をザッと見てから13:19に出発。
小矢部I.Cで一旦高速を降り、インター近くのガソリンスタンドで給油してから再び
小矢部I.Cから北陸道に乗り、小矢部川S.Aの下り線側(13:30~13:50)に寄ってから、
小矢部砺波J.C.Tから能越自動車道へ。
氷見I.Cで降り、道の駅 氷見の駐車場と思われる所に14:23に到着。
正確にはこの駐車場は以前道の駅の駐車場だった所で、
現在は道の駅 氷見は橋を渡った400mほど先の所に移転されていますが、
この時はそんな事は知りませんでした。

その駐車場に車を停めてまず最初に車内で仮眠を取りました。
実は氷見に着く頃には結構眠くなっていたのです。
途中の東濃、美濃地方や五箇山辺りでは雨降りでしたが、
氷見は改正ではなかったものの日が当たって車内は少し暑かったですが、
それでも30分ほど寝れました。

そんな寝起きでぼーっとしてる中、まずは(旧)道の駅の建物へ。
しかし入り口には閉鎖中の張り紙が!
よく読んでみると、現在は400m離れた所へ移転して、この建物は現在使われてないそうです。
道の駅へ行く前に、そこから徒歩10分ほどの所にあるJR氷見駅へ行ってみることに。
その途中で撮った氷見の海。
07氷見海

そして氷見駅に着いたが列車も停まってないし駅前も特に観る所がないので、
歩いて引き返しました。
でもせっかく氷見まで来たのだから街もちょっと歩いてみたいと思い、
車を停めてある駐車場から比較的近い中心市街地へ行ってみることに。
その途中の湊川で桜が咲いていたので川沿いを少し散策。
08氷見湊川

そして中心市街地の『まんがロード』へ。
氷見市は漫画家の藤子不二雄(A)の出身地で、
その作品のキャラクターの像がある通りなのです。
09氷見まんがロード

10氷見まんがロード

その後、車を現在の道の駅の駐車場に移動させ道の駅へ。
まずは海の近くにある展望台へ。
11氷見展望台

道の駅の施設全景
12氷見展望台

腹が減っていたので道の駅の中の海鮮料理店で海鮮丼を食べました。
13氷見海鮮丼

その後、道の駅内のショップを一通り見ました。
この道の駅には鮮魚センターみたいな一角もあり、2年前の房総半島ドライブで行った
ちくら潮風王国を思い出しました。
道の駅でお土産を買ってから17:00に道の駅を出発。
能越道、北陸道を通り、18:04に有磯海S.Aに到着。
すると、海の方が夕日で色付いていたのでカメラを持って展望台へ。
ちょうど海に反射した夕日と観覧車が重なって綺麗な写真が撮れました。
14有磯海夕日

ただちょっと惜しいのは、これよりもアップにした写真や観覧車が真ん中に収まっている
写真が感度調整を試したためにあまり綺麗に撮れなかった事です。
今まで感度調整をほとんどやってこなかった自分は、夜景の写真を撮る場合は
感度を上げた方がいいという事を最近知り、それを試してみたのですが、
夕日くらいの暗さだったら感度を上げる必要は無かったようです。

有磯海S.Aでは富山ブラックラーメンを食べ、18:53に出発。
糸魚川I.Cで高速を降り、国道148号線を通り19:59に道の駅 小谷に着きここで少し休憩。
道の駅はS.AやP.Aと比べ売店や食堂の閉まる時間が早く、
17時や18時までという所が多い中、ここは21時まで営業しているのが有り難いです。
ここではお金は全く使っていませんが、売店を見ていると香川県産のみかんが
売っていて驚きました!
四国でみかんといえば愛媛が有名ですが、愛媛と比べると他の3県のみかんの生産量はわずかで、
愛媛以外の四国でみかん畑を見たことがありません。
そんな中、香川県から遠く離れた長野県のこんな山奥の道の駅に希少な
香川県産のみかんが売られてたことがとても意外でした。
ちなみにこの時季なのでハウスものだろうか?

道の駅 小谷を20:10に出て、安曇野I.Cから塩尻北I.Cまで高速に乗り、
自宅には21:45に着きました。
春のドライブでは帰りが0時を過ぎることが多い中、今回は22時前に帰ってきました。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する