fc2ブログ

身延山久遠寺

【10月23日】

最寄り駅発6:44の普通列車に乗り、8:24に甲府に到着。
甲府発8:44の特急『ふじかわ』4号に乗り、9:35に身延に到着。
身延駅前から身延山行きのバスに乗り、9:57に身延山バスターミナルに着き、
そこから5分ほど歩くと久遠寺の三門がありました。
1久遠寺三門

三門前の観光案内所でパンフレットを貰ってから三門を潜り、
その少し先にある287段の石段へ。
思ったより結構急な石段で、もし落ちたら死ぬなと思いました。
2久遠寺石段

そんな287段の急な石段を一気に、という訳ではありませんが、
途中で若干休みながらも比較的速いペースで一番上まで上りました。
上に着いた時には脚がガクガクになっていて、昨年末に千葉県の鋸山で
山道の階段を張り切ってグイグイと上って行ったら、その後太腿が痛み、
階段の上り下りでかなり苦労したという事があったので、
その再現になってしまうのではないかと少し心配しましたが、
今回はそこまで無理はしてないので大丈夫でした。
ちなみに本堂付近までは傾斜エレベーターで昇ることもできますが、
この石段を楽しみにしていた自分はエレベーターを利用する気なんか
さらさらありませんでした。


階段を上り切ると、正面には本堂、左側には五重塔がありました。
3久遠寺本堂祖師堂
本堂で参拝をし、本堂に向かって右側に連なるお堂を外から眺めながら先へ進みました。
その突き当りにある客殿の前にある庭園や手入れされた植木がとても綺麗でした。
4久遠寺客殿

ところで、この本堂から連なるお堂の廊下を歩いている一般観光客と思われる人を
何人も見るのだけど、どこから入ったのだろうかと思っていました。
普通に入れるんだったら有料でも入りたいと思っていました。
ライブで京都遠征をした際、入館料を払ってお寺の廊下を歩いて
寺の建物の中を散策するとすごく癒されるのです。

本堂に戻り、そこから各お堂に繋がる廊下に入れたのですが、
京都のお寺と違いここは無料で入れたので驚きました!
その代わりにお賽銭をもう一度入れさせていただきました。
5久遠寺五重塔

中には綺麗な庭園もあって癒されました。
6久遠寺庭園

一般客が入れるゾーンを一通り見て、ロープウェイで奥之院のある
身延山の山頂方面へ行くことに。
その前に、ちょっと腹が減っていたので、本堂の横にある売店でプッシュされてた
カレーパンを買って食べました。

高低差763mのロープウェイに乗り、7分で山頂の奥之院駅(標高1153m)へ。
奥之院駅の売店で名物の「みのぶだんご」の湯葉だんごを買ってから展望台へ。
展望台からは富士川や身延の町が一望できましたが、
残念ながら富士山は見えませんでした。
7身延山山頂
標高千mを超えるこの場所ですが、静岡県に近い山梨県の南部とあって、
紅葉の見頃にはまだ少し早かったようです。

その後、奥之院へ。
8奥之院

その後、南アルプスや八ヶ岳連峰が見えるという北側の展望台へ行きましたが、
雲がかかって見えませんでした。
富士山や南アルプスが見えなかったのは残念ですが、
この日は数日前の天気予報では雨の可能性もあっただけに、
身延に着いた頃には晴れ間が覗いていたくらいの今日の天気はまだ
ラッキーだったと思いました。

ロープウェイの駅に戻り、駅の建物の2階にあるセルフサービスの食堂で
昼食として「吉田のうどん」を食べました。
富士吉田市のうどんの事なんですが、富士吉田でうどんが名物だという事は
知っていたのですが、どんなうどんなのかは知らなかったので、
一度食べてみたいと思っていたのです。
ここは富士吉田市でもなければ、この店はうどんの専門店でもないので
味はあまり期待してなかったのですが、それでも麺の形や食感が独特で、
なかなか美味しかったです。

ロープウェイで下に下り、13:48発のバスで身延駅へ行き、
駅前の店でお土産を買い、15:07発の特急『ふじかわ』7号に乗り、
16:02に甲府に到着。
甲府でデパートなどに寄ってから18:05発の普通列車に乗って帰りました。
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する