fc2ブログ

志賀、草津ドライブ

毎年恒例の秋の紅葉ドライブ。
その今年の第一弾(メイン)として、志賀高原、草津温泉方面へ行ってきました。
尚、去年の場合、メインの八ヶ岳山麓ドライブの他、
サブの奈川、藪原ドライブもあり、更に電車で行った別所温泉、小諸懐古園
紅葉巡りなどもありました。

今回の紅葉ドライブが志賀、草津になった理由は、去年の八ヶ岳山麓ドライブの時に
日本の国道で2番目に高い地点である麦草峠を通ったのですが、
今度は一番高い渋峠を通ってみたいと思い、志賀草津になりました。
尚、今回、草津温泉で写真撮影中に持参した大きい方のカメラで急に写真が撮れなくなってしまい、
帰宅してからその原因がSDカードの接点不良であることがほぼ判明し、
それを治すためのものをネットで注文しました。
その為、草津温泉での写真は予備で持って行った小さいカメラで撮った写真ですが、
草津温泉以前の3枚の写真はツイッターに投稿するためにスマホで撮った写真なので、
草津温泉での写真よりも画質が劣るのでご了承ください。
大きい方のカメラで撮った写真が取り込めるようになったら
また載せたいと思います。


自宅を6:08に出発し、塩尻北I.Cから長野道と上信越道を通り、
小布施P.Aで朝食としてカツカレーを食べ、信州中野I.Cで高速を降り、志賀高原へ。
途中から霧で視界が悪くなってしまいましたが、もう少し上がって行くと晴れてきて、
途中の駐車場(スキー場か何かの?)で車を停めて少し紅葉した山を撮影し、
そこからもう少し行った木戸池でも写真を撮っていきました。
1志賀草津ドライブ
まだ少し早いのか、それとも今年は色付きが悪いというので
あまり色が変わってないのかという感じでしたが、
途中までの雨や霧が嘘のように晴れていて、綺麗な風景でした。

その後、横手山ドライブインの所にも車を停めて写真を撮り、
そして国道最高地点の渋峠へ。
2志賀草津ドライブ
渋峠の最高地点付近はスキー場のリフト乗り場になっていて、
今の時期も観光用にリフトが動いていました。

群馬県に入ると、硫黄の臭いがしてきました。
この国道292号線白根山の火口湖のすぐ近くを通り、
現在は火山規制で火口湖への立ち入り、2.5km以内の道路上の駐停車も
禁止されているのです。

そこからもう少し下りて行くと、岩の谷間から噴気が上がっている場所が!
それはガイドブックに載っていた殺生河原という所のようですが、
そんな噴気の出ていた後と思われる黒い岩の谷(河原)の一部を
国道が横切っている場所があり驚きました。
そこから少し行くと白根火山ロープウェイの乗り場の駐車場
(冬場は草津国際スキー場)に車を停めました。
駐車場から10分ほど歩いた所に殺生河原がありました。
3志賀草津ドライブ

殺生河原から戻ってからレストハウスでソフトクリームを食べ、
ここの駐車場には約1時間車を停めていました。

ロープウェイ乗り場の駐車場から20分ちょっとで『道の駅 草津運動茶屋公園』へ。
道の駅から十数分歩いて草津の温泉街へ。
まずは草津温泉のシンボルともいえる湯畑へ。
4志賀草津ドライブ

5志賀草津ドライブ

湯畑の周りを一周してから石段を上った所にあるお寺へ。
その石段の途中から撮った湯畑。
6志賀草津ドライブ

昼食時だったので食べる店を探し、ちょっと豪勢だけど、
店が空いていて、食べたいと思った物ということで、
上州牛のステーキやすき焼きなどのメニューのある店に入り、
ちょっと豪勢にサーロインステーキ重を食べました。
ご飯の上に柔らかいステーキと天ぷらが載っていて美味しかったです。

昼食を食べてから温泉街を散策しながら西の河原公園へ。
ここは河原に温かい温泉が流れていて、
活火山の白根山の麓にあるだけあって草津は本当に温泉が豊富に
湧きだしているんだなと実感しました。
7志賀草津ドライブ

温泉街に戻り、浴場で温泉入浴しました。
最初入ろうとした歴史のありそうな浴場は、中に入ってもお金を払う場所が見当たらず、
しかもドアを開けると浴室が見えるような浴場で、
躊躇してしまい、その近くの新しい建物の浴場に入りました。
後で調べてみたら、その歴史のありそうな浴場は無料の入浴施設だったようです。

道の駅に戻り、帰りは途中まで国道144号線を上田方面に向かい、
途中から東御市へ抜ける県道を通り、地蔵峠を越えて長野県側に出ました。
そのコースにした理由は、東御市にある『道の駅 雷電くるみの里』へ寄って
くるみおはぎを買っていきたかったからです。

道の駅 雷電くるみの里へ寄ってから、東部湯の丸I.Cから高速に乗り、
自宅には17時前に着きました。
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する