fc2ブログ

7/1 比叡山延暦寺

[2日目・7月1日]

大津のホテルを朝8時前に出て、浜大津駅から京阪電車で坂本へ。
坂本駅から10分ちょっと歩いてケーブルカーの駅へ。
ケーブル駅の近くに比叡山高校という高校があり、
その通学途中の高校生に紛れてケーブル駅へ行きました。
坂本ケーブルは長さが日本一のケーブルカーだそうです。
08坂本ケーブル

10分ほどで延暦寺駅に到着。
延暦寺は比叡山の広範囲に施設が点在する世界遺産の寺院で、
東塔、西塔、横川(よかわ)の3つのエリアからなります。
まずは比叡山駅から徒歩10分ほどの東塔エリアへ。
延暦寺の拝観料は3つのエリア共通です。
ちなみにこの日は平日(金曜日)とあって全体的に空いていました。

最初に行ったのは文殊楼という山門。
この中に入れるそうなので入ってみることに。
ところで、土足禁止の表示が見当たらないが靴のままで入れるのか?
と多少戸惑いながらも靴のまま中へ。
階段を上って山門の上まで行くと仏像などがありました。
中には誰もおらず、自分1人だけでした。
そして外へ出ようとすると「土足厳禁」の文字が目に入ってきました。
うそっ!?中に入る時は気が付かなかったぞ!
やばい、土足厳禁のこんな神聖な場所に土足で入ってしまって罰が当たるぞ!

その後、東塔エリアの中心的なお堂、というか延暦寺の中心的なお堂である根本中堂へ。
01東塔根本中堂

阿弥陀堂
02東塔阿弥陀堂

東塔エリアの主要な所を見てから西塔エリアへ。
西塔エリアへは東塔エリアから徒歩十数分の場所にあります。
西塔エリアに「にない堂」という2つのお堂とそれを結ぶ渡り廊下のある
建造物があるのですが、西塔の中心的なお堂である釈迦堂へ行くには
この渡り廊下の下を通って行かなくてはならないのです。
03西塔にない堂
しかし最初渡り廊下の下に釈迦堂へ通じる参道があるとは知らず、
「釈迦堂へ行く道はどこだ?」とこの辺りで少し迷っていました。

釈迦堂
04西塔釈迦堂

次は横川エリアへ。
横川エリアは東塔、西塔エリアからはかなり離れていて、
歩くと1時間半ほどかかるそうなので、シャトルバスを使うことに。
2回乗れば元が取れるという比叡山内のシャトルバスの1日乗車券(800円)を
バスの車内で購入し、横川エリアへ。

横川中堂
05横川中堂

元三大師堂
06横川元三大師堂

最後に、京都側と結ぶロープウェイの山頂駅近くの「比叡山山頂」バス停へ。
自分としてはこの付近から琵琶湖や京都の街を望める展望スポットがあると思い
山頂バス停まで来たのですが、そのような展望スポットなどなく、
この付近から琵琶湖や京都の街がまともに望める場所などありませんでした。
なので期待外れに終わった無念感でバス停へ戻ったのですが、
バス停の前の売店で買ったソフトクリームが少しシャーベット状で、
この暑さの中で食べたソフトクリームは最高に美味しかったです。

バスで東塔へ戻り、バス停前の土産店を少し見てからケーブルカーの駅へ。
ケーブル延暦寺駅前からは、来た時には霞がかってよく見えなかった琵琶湖が
朝よりはよく見えるようになっていました。
07ケーブル駅から琵琶湖

ケーブルカー、京阪電車に乗って浜大津へ戻り、
まだ昼食を食べてなかったので(この時14時頃)近くの『湖の駅』へ行き、
そこで近江牛のハンバーグとコロッケの定食を食べました。
そのレストランの隣の土産店でお土産を見て、
気になる物がいくつかあったけど、ここでお土産を買っても家に帰るのは
2日後なので、この日の夜にホテルで食べる用の物を2つ買いました。

浜大津から京阪電車で山科へ行き、山科からJRで京都駅へ。
駅近くのホテルにチェックインし、夜は明日のライブ会場の下見をしたり、
鴨川の河川敷を散策したりしてきました。

京都タワー
09京都タワーイルミ
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する