fc2ブログ

冬の日帰り旅行2016

20日の土曜日は、毎年恒例の冬の日帰り旅行に行ってきました。
冬の日帰り旅行は元々「豪雪体験旅行」として十数年前から始まった個人行事ですが、
今年は雪が少ないので、豪雪体験旅行の意味合いは小さいです。

今回の旅行の主な目的は、北陸新幹線金沢開通後の越後湯沢駅発着の特急
「はくたか」廃止後の冬場の越後湯沢駅の賑わい具合の変化の“調査”、
十日町雪まつり見物、駅弁食べ歩き、越後湯沢駅の商業施設見物、などです。


最寄駅発6:03の普通列車に乗り、松本で乗り換えて7:28に長野に到着。
長野発8:10の北陸新幹線『はくたか』567号に乗車。
自由席はデッキに立っている人がいるくらい混雑していて、
次の飯山でスキー客(スノボ客も含む)が大勢降り空席も少しあったけど
次の上越妙高で降りるのでその後もデッキで立っていました。

8:33に上越妙高に着き、越後トキめき鉄道に乗り換え、
9:00に直江津に到着。
駅弁を購入してから北越急行ほくほく線の列車に乗車。
この列車は『ゆめかぜ』という観光列車で、この列車のパンフレットによると、
トンネル内では車内が暗くなり、天井のスクリーンに映像が映し出されるそうだ。
2016ゆめぞら車内

そしてトンネルへ。
しかしトンネルに入っても何も始まらないではないか!
ところで、この日は十日町雪まつりの期間中である程度の混雑は覚悟していたのですが、
直江津から乗車した時点では車内はガラガラの状態。(乗車率10~20%程度)
途中の駅からそこそこ乗ってきたものの、それでも乗車率は50%前後でした。
十日町の雪まつりといえば自分の中では札幌の雪まつりの次に有名な雪まつりなのに、
その十日町へ行くこの列車の混み具合はこんなものなのか?
ちなみに自分は飯山の雪まつりには2回行ったことがありますが、
十日町の雪まつりは今回が初めてでした。

10:21に十日町に到着。
今年は雪不足のために例年よりも規模を縮小しての開催ということで、
また、この日の18時から松本でライブを観る予定があったことや、
越後湯沢でゆっくりしたかったので、雪まつりの内容次第で次の11:09の
列車に乗っていくか、その次の12:18の列車にするかと考えていました。

十日町には去年のほぼ同じ時季にも来ているのですが、
その時と比べて明らかに雪の量が少なかったです。
雪まつりのメイン会場は駅からは結構離れているため、
駅から徒歩10分ほどの十日町高校のグランドの会場へ。
グランド内には多数の出店があった他、雪のステージや滑り台、茶室などがありました。
2016十日町雪まつり
でもここだけではそれほど時間を潰せないと思い、
次の11:09の列車に乗っていくことに。

ほくほく線の十日町発11:09の列車に乗り、途中の六日町で乗り換え、
10:50に越後湯沢に到着。
越後湯沢では駅周辺を少し散策したり、駅の中の商業施設でお土産を見たり、
あとは回転寿司店で軽く食事をしたりしました。
2016越後湯沢駅

その後、新幹線に乗って高崎で乗り換えて長野まで行き、
長野から篠ノ井線の普通列車に乗り、17:20に松本に着き、
ALECXへライブを観に行きました。
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する