fc2ブログ

色とりどりコンサート

10日の日曜日は、飯田市のSpace Tamaで行われた大平俊郎さんの企画
『色とりどりコンサート』に出演させていただきました。

この日はライブのスタート予定時間が15時で、
12時半から会場に入れるということで、
10:20頃家を出て塩尻I.Cから高速に乗っていきました。
途中、小黒川P.Aと駒ケ岳S.Aに寄り、12:30頃飯田のアピタに到着。
飯田のアピタに来たのは約1年半振り(飯田自体1年半振り)でしたが、
以前と比べ店内がお洒落な感じになっていました。
その反面、スガキヤが無くなってしまっていたのが残念でした。

アピタの店内を30分くらい見て回ってからライブ会場のスペースタマへ。
ここへ行くのは今回が初めてだったのですが、最初少し行き過ぎてしまいました。
地図で見た限りでは閑静な住宅地かな?と思っていたのですが、
閑静な住宅地どころか、民家もほとんど無いような河岸段丘の斜面に建っていました。
Dsc_0363.jpg

出演者はまだ1組しか来てなくて、主催の大平さんもまだ来ていませんでした。
最初に来ていた東京のバンドのリハが終わってから自分のリハへ。
ちなみに今回のイベントは基本的にはリハは無しとのことでしたが、
持ち込みのワイヤレスマイクを使う関係もあり、
早めに行ってリハができればやりたいと思っていました。

しかしそこである問題が発生。
それは、自分のライブではいつも打ち込み音の入ったオケCDを
PAの人に流してもらってそれに合わせて歌い踊っているのですが、
この会場にある機材ではCDを一時停止にしたりできなくて流しっぱなしになってしまうとか。
でも、今回の会場がどんな会場かよく知らなかったので念の為に
携帯用のCDプレーヤーを持参したので、それをステージ上で自分で操作することに。

リハの時にSpace Tamaオーナーの松澤さんに、自分のワイヤレスマイクの
周波数は4,5年後くらいに法律で使用禁止にあると言われ、少し困惑しました。
この時は全く知らなかったのですが、このオーナーの松澤さんは元プロのミュージシャンで、
国内の多くのミュージシャンから信頼され日本中を飛び回っている
凄い音響エンジニアの方だと打ち上げの時に初めて知りました。

そしてこのSpace Tama、客席が2段になっていて見やすいと思いました。
Dsc_0361.jpg


ライブは当初のスタート時間から30分遅らせ、更にスタートが15分くらい押して、
実際のスタート時間は15:45頃でした。
自分は11組中8番目で20時前からの出演でした。

セットリストは
①GO-HEY!
②それゆけ!きしめん!
③尾張七代藩主・徳川宗春
④うつく四国
⑤信州人
2016Tama.jpg


今回、時間の都合等で『GO-HEY!』を1曲目にしたのですが、
この曲はサビの特殊な声がある程度喉を鳴らさないと出ないので、
普段は2曲目、3曲目にやる曲です。
そのため、出だしのサビの声が上手く出ず、
更に振りもキレがいまいちでした。
その後の曲も決して納得のいく出来ではありませんでしたが、
何とか気合いで乗り切りました。

ライブ後には色んな出演者の方から声をかけていただき、
その中でもプロの音楽プロデューサーをされてる方から
「曲のコード進行がかっこいい」と言っていただけて嬉しかったです。


イベントのトリは大平さんのユニット『フラワームーン』。
あの大平さんが終始脇役に徹していました。
Dsc_0371.jpg
ちなみに大平さんはイベントの1番手でソロでも出演されました。


ライブ後は1時近くまで打ち上げに参加し、オーナーの松澤さんの
勉強にあるお話に耳を傾けていました。
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する