fc2ブログ

初・狂言

10日は、塩尻市のレザンホールで行われた、野村万作・萬斎出演の
狂言の舞台を観に行ってきました。

なぜ狂言を観に行こうと思ったのかというと、
ライブで歌っている『尾張七代藩主・徳川宗春』のサビと、
『うつく四国』のAメロの歌い方は、
狂言や歌舞伎の口調をイメージしたもので、
その研究のために狂言のテレビ番組を録画したものを観たりもして、
日本の古典芸能に興味が出てきたのです。
今まではテレビやネット動画でしか観たことのなかった狂言を
生で体感してみたいと思い、とても楽しみにしていました。


公演は2つの演目と、一番最初にその演目についての解説が
野村萬斎さんご本人からあり、途中で15分の休憩を1回挟み、
1時間45分ほどの公演時間でした。
客層はさすがに年配者を中心に自分よりも年上と見られる人が
圧倒的に多かったですが、比較的若い人もいました。

今回初めて狂言を生で観て分かったことは、
内容さえ理解すれば狂言は案外面白い伝統あるお笑いだという事。
元々は狂言独特の口調や日本の古典芸能というものを肌で感じたい
という目的で観に行ったのですが、何回も笑って本当に楽しめました!

今度は能や歌舞伎も生で観てみたいな。
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する