fc2ブログ

飯山線&房総

現在決まっている今後の旅行予定ですが、
2月15日に飯山線、越後湯沢方面へ豪雪体験旅行、
4月上旬~中旬くらいに房総半島ドライブを、
何れも日帰りで予定しています。
どちらも毎年恒例のようになっている2月の豪雪体験旅行と4月の春のドライブ。

2月の豪雪体験旅行は、去年はその直前に長野県全域で記録的な大雪となり、
そんな中であえて豪雪地へ行く意味が薄れてしまったため、
予定を変更して群馬県の高崎、前橋、桐生競艇場などへ行ってきました。
その去年実行しようとしていたコースとほぼ同じコースを今年実行しようと思います。

4月のドライブは、去年は骨折の影響で5月にずれ込みましたが、
三重県と滋賀県のS.AやP.A巡りを目的とした「三重・滋賀ドライブ」でした。
今年はどこへ行こうかかなり迷いました。
まだ行ったことのないS.Aを出来るだけ多く寄れるルートという事を第一に考え、
まだ自分の運転では走ったことのない東海北陸道を通るドライブが有力候補でした。

そんな高速道路ばかりに拘ったドライブの考えを大きく変えることとなったのが、
年末に愛媛へ行った時にレンタカーを借りて実行した「佐田岬半島ドライブ」でした。
海などの綺麗な景色が見れる一般道のドライブや道の駅巡りもいいなと。
また、東京湾アクアラインを走ってみたいと思っていたので、
房総半島ドライブへ行くことにしました。

このドライブでは勝浦海中公園の海中展望塔にも行く予定です。
この場所にはちょっと思い出があって、中学から高校に上がる時の春休みに、
仲の良かった同学年の再従姉妹の友達と2人でここに行ったのです。
この旅行は自分にとって始めて自分達だけ泊まりの旅行だったのです。
ただ、この日の夜にこの日の“宿”として乗車した東京発大垣行きの夜行鈍行列車の
混雑があまりにも酷くて、その車内で友達とはぐれてしまったという思い出もあります。

その旅行は青春18切符を使って行き、その夜行列車で名古屋まで行き、
2日目は三重県の伊賀上野へ行く予定でした。
しかし夜行列車の席が取れず、旅行客と仕事帰りのサラリーマンなどで車内はギュウギュウの状態。
とてもこんな状態で夜を越せないということで、「熱海で降りよう」と友達に告げました。
熱海駅で野宿でもした方がまだマシだと思ったからです。
しかし熱海まではまだ1時間以上かかり、この状態で1時間以上は耐えられないと思い、
「次の駅(横浜)で降りよう」と友達に告げました。
すると、自分は降りれたものの、友達はあまりの混雑のため降りられず、
はぐれてしまったのです。
当時はまだ携帯電話なんか無くて、一度自宅に電話をしました。
その夜は川崎市の親戚の人に迎えに来てもらい、
川崎の親戚の家で泊まりました。
友達はその列車で熱海まで行き、熱海駅で野宿したそうです。

話が大きく逸れてしまいましたが、そんな思い出の地である勝浦海中公園に
27年ぶりに行くということになります。
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する