fc2ブログ

12/30佐田岬ドライブ

朝6時過ぎに宇和島駅の中にあるというベーカリーへ行くためにホテルを出ると、
外が全然寒くなくて驚きました。
前日の夕方に写真撮影をした場所や卯之町駅付近はもっと寒かったのですが。
やはり標高の差と、卯之町は内陸部の盆地ということも影響しているでしょうね。

ホテルの部屋に戻って買ったパンを食べ、
8:15頃チェックアウトして8:39発の「宇和海」6号に乗車。
途中、伊予吉田の付近では山の斜面のみかん畑に沢山のみかんが実っている
これぞ愛媛という光景に感動し、9:16に八幡浜に到着。
この日は八幡浜駅でレンタカーを借りて、佐田岬半島まで行きます。
旅先でレンタカーを借りるのは20年くらい前の沖縄の時以来2回目ですが、
今回レンタカーを使おうと思ったのは、バスだと四国最西端の佐田岬まで行けないという事と、
途中に寄ってみたい道の駅などの施設があったからです。

レンタカーの営業時間が9時半からなので、それまで少し待ち、
そして駅員室の中に通され手続きをしてから、
駅前の駐車場に停めてある車に案内されました。
今回借りる車はマツダのデミオ。
事前に佐田岬までの道路の事を調べたら結構狭い所も通るみたいだったので、
軽自動車の次に小さいクラスの車を選びました。

駅前を9:40に出発し、最初の目的地である道の駅「伊方きらら館」には10:05に到着。
しかし車が他に2台しか停まってなくて、車を降りて建物の方へ行ったが、
店は営業していませんでした。
海の写真を撮ろうと歩いて少し高い所へ行ったのですが、
天気は決して悪くはないけど沖の方の海にガスがかかっていて、
海と空の境目がよく分からない状態でした。

10:16にきらら館を出発し、少し行った所の風車公園へ。
ここは本に載っていた「せと風の丘パーク」だと思って寄ったのですが、
それとは別の公園のようでした。
佐田岬半島には尾根上に何十基もの風力発電用の巨大風車が点在しているのですが、
ここはその風車を眺めることのできる公園の1つです。
ここには他に人が居なくて、遠くに見える風車も少しガスがかかって
あまり綺麗に見えませんでした。

ちなみにこちらが今回利用したレンタカーです。
なぜか香川ナンバーでした。
01風車公園レンタカー

風車公園を10:27に出て、次の目的地である道の駅「瀬戸農業公園」には
6分後の10:33に到着。
まずは高い所から風景を撮影。
03瀬戸農業公園景色
ここで風景を撮影していると、目の前の道路を八幡浜方面に車が走ると、
何かの曲(何の曲かは分かりませんでしたが)のメロディーが聞こえました。
この道は「佐田岬メロディーライン」というだけあって、
この場所に車が通るとある曲のメロディーに聞こえるのです。
その後調べてみたところ、「みかんの花咲く丘」という曲だという事が分かりました。

売店でお土産を見てから隣接するレストランで「ちりめん丼」を食べ、
せっかくこの時季にみかんの一大産地に来たということで、
農産物売店で12個入り200円のみかんを購入。
ちなみに、これは一番良い状態のみかんで、
大きさがバラバラの物は1袋150円、傷モノは100円で売っていました。

せと農業公園を11:20に出発し、次の目的地の「せと風の丘パーク」には11:30に到着。
08風の丘パーク
巨大な風車が勢い良く回っている様子を動画でも撮影してみました。


巨大風車が立ち並ぶ光景に感動しながらも、
瀬戸農業公園に長居したせいもあって時間に余裕が無くなってきていて、
急ぎ気味に公園内を散策。
レンタカーを借りてから帰りの列車で八幡浜を出るまでは5時間の時間を
確保していたのですが、計画の段階から5時間では少し忙しいのではないかとも思っていました。
それでも、この日のうちに帰宅し、尚且つ松山空港で余裕を持ってお土産を選んだり
食事をするにはこの5時間が限度だったのです。

風の丘パークを11:47に出発し、途中国道から県道に変わる三崎付近から急に道が狭くなり、
ほとんど車線のない海沿いの斜面に作られた狭い道を西へ進み、
佐田岬の駐車場には12:29に到着。
しかし、八幡浜から乗る予定の列車は14:30発で、
それには13時にはここを出発しなくてはいけないのです。
しかも、この駐車場から最西端の灯台までは徒歩20分かかるそうで、
急いで行っても往復で30分、せっかくそれだけ急いで行っても
灯台に居られる時間はほとんどないのです。

それでもなんとか早歩きで途中まで行きましたが、
せっかくここまで来たのだからじっくりと観光を楽しみたいと思い、
八幡浜からの列車を1本(約1時間)遅らせることを決意し、
ペースを落として佐田岬灯台へ向かいました。

灯台の少し手前に展望台があり、そこからは灯台とともに
九州(大分県)が見えました。
21佐田岬展望台

展望台から数分歩き、四国最西端の佐田岬灯台へ。
ここから大分県の関崎とは14kmしか離れておらず(豊予海峡)、
潮流が速いため、海水が波打って見えました。
25佐田岬灯台九州
そんな絶景を堪能し、駐車場へと戻りました。
その途中、砂浜へ下りれる所があり、そこで海水を触ったり、
海と岸壁の写真を撮ったりしました。
30佐田岬灯台帰り

佐田岬灯台の駐車場を13:28に出発。
八幡浜からの列車を1本遅らせたことにより若干余裕が出来たため、
佐田岬半島らしい岸壁が続く海岸線や風車やみかん畑の写った写真が撮りたいと思い、
撮影ポイントを探しながら八幡浜へ向かいました。
そんな時、みかん畑の向こうに風車が連なるポイントを発見し、
車を停めて撮影しました。
35風車みかん

また、国道に入ってから神殿風の展望台があり、そこにも寄って行きました。
36伊方展望台

八幡浜駅前のガソリンスタンドでレンタカーのガソリンを満タンにしてから車を返し、
八幡浜発15:28の「宇和海」18号に乗り、16:18に松山に到着。
ちなみに松山空港からの飛行機の出発時刻は17:30です。
なのでバスを待ってる余裕もないので松山駅前からタクシーで空港へ。
空港には16:40頃着き、荷物を預けてから急いでお土産を選んで購入し、
金属検知機を通り出発ロビーへ。
ちなみに3月に骨折して手術して金属で骨を固定しているのですが、
金属検知器では引っ掛からなくて少し拍子抜けしました。

出発ロビーで座って待っていると、これから搭乗する17:30発の
中部国際空港行きの便に使用する便の到着の遅れにより、
出発予定時刻が30分遅れて18:00に変更になるとのアナウンスが。
もう少し早く言ってくれれば空港内の店で夕飯を食べてから出発ロビーに入ったのに…。
ちなみに出発ロビー内には2つの店があり、
1つはお土産中心の売店だけ、もう1つの売店はちょっとしたカフェバーみたいになっていて、
軽食メニューもありました。
愛媛県らしいメニューはありませんが、腹が減ったのでここでたこ焼き(8個入り)と
パンを3つ購入し、出発ロビー内で食べました。
中部国際空港に着いてからは、乗り換え時間内で飲食店に入って食べてる
時間なんてとてもありそうもなかったので。
というか、飛行機が30分遅れることによってこの日のうちに家に帰れるか微妙な状況でした。

18時ちょっと前に飛行機(プロペラ機)が動き出し、滑走路を加速して離陸。
飛行機に乗るのは前回松山へ来た時以来9年8ヶ月ぶりで、今回もその時と同じ松山-中部線。
今回は国内線としては初めて、窓側に座った時としては国際線も含めて初めて
暗い時間帯に飛行機に乗ったのですが、街の夜景が綺麗で、
明るい時に乗るのとはまた違った感動がありました。

中部国際空港には19時ちょっと前に到着し、荷物を受け取ってから名鉄の駅へ。
19:17の列車に乗れ、この日のうちに家に帰れることが確定し、ホッとしました。
19:50に金山に着き、金山発20:12の中津川行き快速列車に乗り、
中津川で乗り換え、自宅には23時半頃着きました。
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する