fc2ブログ

手を抜けって事?

先日、高校野球で大量リードしているチームが1試合で11個の盗塁をしたことに対し、
一部では非難の声があったとの事。
これはアメリカ大リーグの「大差でリードしているチームは盗塁してはいけない」
という暗黙のルールに影響された人だと思いますが、
私にはそのルールがとても理解できません!
だってそれって言い換えれば、大差でリードしているチームは手を抜いてプレーしろと
言っているようなものですよね。

例えば高校野球の地区予選で、優勝候補の強豪校と、
キャッチボールもまともに出来ないような野球の初心者ばかりの学校が対戦して、
強豪校の初回の攻撃が100点くらい入って、
いつまで経ってもチェンジになりそうもないというような試合だったら、
止む無くわざと三振してアウトになるという事も仕方ないと思います。
しかし、同じ大リーグのチーム同士、NPB(日本のプロ野球)のチーム同士、
各都道府県の代表校同士の試合で、しかも10点差以内の点差だったら
必ずしもセーフティーリードとは言い切れないと思うし、
そんな中で8点差とか6点差程度のリードをしているチームが
盗塁をしたら非難されるなんてのは馬鹿げた話だと思います。
それに、「この選手の盗塁が見たい!」とか、「走る野球が大好き」という人にとっては、
お金を払って試合を観に行ったのに、その変なルールによって自分の好きな
プレーが見れなくなってしまうなんておかしいと思う。

では、大量リードしているチームはそれ以上点を取ったらダメという事?
本塁打王を争っている選手がフルスイングしてはいけないのですか?
ピッチャーは力を抜いて投げなくてはいけないのですか?
ペナントレースで独走しているチームは力を抜いてプレーしなくてはいけないのですか?

例えが多少大袈裟かもしれませんが、でも自分にはその暗黙のルールとやらが
それらと同レベルの事に感じます。
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する