fc2ブログ

2年連続の乗鞍登山

22日の火曜日は母と2人で乗鞍岳に行ってきました。
その経緯を紹介すると、昨年7月の会社が平日休みの日に
1人で乗鞍へ行き、山頂まで行ってきました。
その時は長野県側の雪解けの遅れが原因で、乗鞍高原と乗鞍山頂畳平を結ぶ
シャトルバスが途中までの折り返し運転だったため、
岐阜県側からバスに乗って行きました。
去年行った時も天気はかなり良い日だったのですが、
それでも穂高連峰や御嶽山などの3000m級の山は見えず、
また来年、今度は長野県側の乗鞍エコーラインを通って乗鞍へ行きたいと思っていました。

母と一緒に行くようになった理由は、母は乗鞍には2,3回行ったことがあるのですが、
山頂までは行ったことがなく、畳平駐車場から15分ほどで登れてしまう魔王岳
くらいしか登ったことがなく、乗鞍岳最高峰の剣ヶ峰(3026m)まで行かなければ
乗鞍の本当の魅力が分からないと思っている自分は、
母に乗鞍岳山頂に登らせたかったのです。
22日と23日は会社が休みだったのですが、
母に22日か23日の天気の良さそうな日に乗鞍へ行くかもしれないと言うと、
母も行きたいと言うので、山頂まで行くという条件付きで母を連れて行くことになりました。
ちなみに父は仕事でした。


そんな訳で、シャトルバスの出発点である乗鞍高原観光センターまで車で行き、
観光センター発9:30のバスに乗車。
上の方はまだ雪が意外と多く残っていました。
バス車窓

10:27頃、標高2702mの畳平に到着。
最初に乗鞍の山頂(剣ヶ峰)へ行くつもりでしたが、
少し前に中学の集団登山の学生が山頂に向かって行き、
このまますぐ行っても山頂に着く頃には大混雑しているかもしれないと思い、
最初はバスターミナル下にある花畑へ。
花畑
クロユリなど色んな種類の高山植物が観れました。

花畑を1周してから山頂へ向かい、途中、肩の小屋(山小屋)の所で休憩&昼食を取り、
母のペースに合わせて休み休み登り、12時半頃山頂に到着。

権現池
山頂付近から見える権現池

蚕玉岳から山頂方面
山頂の少し手前から山頂方面

今回も雲がかかっていて穂高連峰や御嶽山などは見えなくて残念でしたが、
乗鞍高原や奈川付近の山はよく見えました。

鶴ヶ池、恵比須岳
畳平付近

帰りは15:05発のバスに乗って帰りました。

今回もかなり天気の良さそうな日を狙って行ったのですが、
真夏に穂高連峰や御嶽山が見えるほど天気の良い日というのは
かなりレアなんだと実感しました。
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する