fc2ブログ

ユーキ10年の歩み その1

今月22日にライブデビュー10周年記念イベントと銘打った自主企画を
行った訳ですが、ユーキのライブ活動の10年間を振り返ってみたいと思います。


[きっかけ]
自分は以前、プロの作曲家を目指していたので、オリジナル曲は何曲かありました。
しかし、それを披露する場はありませんでした。
会社の忘年会で1,2回披露させてもらったくらいで。
ちなみにその頃はまだ今のようにパソコンで曲を作っていた訳ではなく、
キーボードで作ったオケ(打ち込み音)でした。
しかも、ベースやギターのコードなんか全く解らなかったので、
今のライブで流しているオケとは比べ物にならないくらい酷いものでした。

その後、あるテレビCMがきっかけでパソコンを使った曲作り『DTM』を始め、
次第にベースコードというものが解ってきて、
キーボード時代とは比べ物にならないオケの仕上がりになってきました。

そしてある日、当時長野県内のバンド好きには少し有名だった、
会社の同期がボーカルをやっていたバンド『あーた』がインディーズで
全国デビューする事になったにも拘らず、バンドのホームページが無いことを知り、
個人のHPを持っていて少しはHP作成の知識があった自分が
『あーた』のHPを作らせてもらうことになりました。
でも正直言うとその最大の目的は、自分が『あーた』に楽曲を提供し、
『あーた』がもっと有名になれば、自分がプロの作曲家になれるかもしれないと考えたからです。
結局『あーた』への楽曲提供はなりませんでしたが。

『あーた』のHP管理人になってから1年近く経ってからだっただろうか?
HP管理人をやっているのにあーたのライブを観たことがなかったため、
掲示板でファンの人のコメントの返信に困ることが多くなってきたため、
正直言ってバンドには全く興味の無かった自分ですが、
あーたのライブを観に行ってみようという事になり、
それから観に行けるライブは必ず行くようになりました。

すると次第にあーた繋がりで音楽関係の知り合いが増えてきて、
「自分の好きなアーティストを集めて、自分で順番を決めて企画をやりたい!」
と思うようになってきました。
でもまだその頃は自分がステージに立とうとか立ちたいなんて事は全く思っていませんでした。

それからこの事に関してはちょっと記憶が曖昧なんですが、
先日の10周年企画の打ち上げの時のT.M.D.の石田さんの証言によると、
石田さんとあーたのボーカルがユーキにライブをやる事を勧めたとか。
正直言って勧められたという記憶はほとんどないのですが、
あーたのボーカルに、打ち込みという形でライブをやっている人もいるから、
作曲家を目指しているんだったらそういう事をやってみたら?的な事を
言われたことはあります。
あっ!それって勧められたってことですよね。
でもそれはまだあーたのHP管理人をやる前で、
石田さんとも知り合ってない時だったので、
石田さんがその事を知っている訳ありません。

それはともかく、石田さんには勧められた記憶はほとんどないんです。
ただ、石田さんが信大病院に入院されてお見舞いに行った際、自主企画をやってみたいという事と、
そのついでに自分もライブをやってみようかな的な事を相談したことはあります。

そんな訳で自主企画&初ライブをやる事になりました。
出来るだけお客さんを沢山集めたかったので、カレンダーを見てベストの日はいつかを考え、
学生が春休み中の3月がいいのではないかと思い、2004年3月20日にALECXを予約しました。
「あれ?初ライブは12月だったのでは?」と思った人もいるかもしれませんね。
当初はこの2004年3月20日が初ライブになる予定でした。
しかしその予約をしたのは前年2003年の8月頃の事だったのです。

そしてまだ半年以上先のユーキの初ライブの事を知ったある人から
「まだ先すぎて待ちきれない」と言われ、自分もその人のためにも
もう少し前にライブをやりたいと思いました。
また、自分が企画に呼びたいアーティストは1回の企画では収まりきらないくらい多かったので、
2004年の3月より前にも企画をやりたいと思い、
当時あーたの活動拠点でもあった長野市のCLUB JUNK BOXで2003年12月20日に
企画をやる事になり、それがユーキの初ライブとなったのでした。

自主企画をやりたいだけのために、その“ついで”に自分もライブをやることになったのですが、
当初は自分がステージに立つのは自主企画限定の予定でした。
打ち込み音に歌だけのライブがウケる訳ないと思っていたので。
しかしそれがウケてしまい、調子に乗ってその後もライブを続けるようになりました。
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する