FC2ブログ

ネットトラブル

私がインターネットを始めてから19年が経ちます。
当時はまだSNSも普及しておらず、ネット上での交流の手段といえばBBS(掲示板)や
チャットが主流でした。

そして19年もネットをやっているので色んなトラブルもありました。
今でこそトラブルを起こさないために自分の感情を抑えるということを学んだので
トラブルというほどのトラブルはありませんが、まだライブ活動を始める前は
ネットトラブルをいくつも経験しています。
ネットを始めて数年の頃は本当に自分の思ったことをストレートにBBSに
書き込んだりして、今思うと本当に失礼な事をしたなと思うことが多々あります。

そんな私がネット上で起こした最も大きなトラブルは、ライブを始める前年(17年前)の
『派閥分裂事件』(勝手に命名)です。
当時、自身のホームページなどで知り合った20人くらいのグループがあったのですが、
その中のリーダー的存在の人のBBSへの私の書き込みがきっかけで
そのグループ内で『反ユーキ派』と『ユーキ支持派』が分裂したのです。
また、中立派の人も何人かいました。

当時、ネット仲間で集まる『オフ会』を何度か開催していたのですが、
私は自分が主催するオフ会での参加者の人数をかなり気にしていた
部分がありました。
今でも自分の主催ライブでお客さんの数をかなり気にしてしまうので、
そういう面では当時とあまり変わってないなと思います。
そんなオフ会の参加者人数を気にする私を挑発するかのような行動を
そのリーダー的存在の人がとってきたのです。
それは、その人主催のオフ会が大勢の人が参加して行われたのですが、
そのオフ会に私だけ誘われなかったのです。
しかも今までだったらオフ会参加者をBBSで大々的に募集していたものを、
私には秘密で参加者を集めてオフ会を開催したのです。

そしてオフ会後にはそれを私に見せつけるかのようにBBSでその話題で
盛り上がっていました。
私はそのオフ会に自分だけが呼ばれなかったことが悔しくて仕方なかったのですが、
その時は必死に我慢してその話題をスルーしました。
自分だけオフ会に呼ばなかった事やオフ会後にその話題で盛り上がっていたのは
明らかに私に対する嫌がらせで、その人はその事で私に噛みつかせ、
私を完全に孤立させようとしたんだと思います。

それから数ヶ月後、その人は再び“挑発”してきました。
それは、その人の今年の10大ニュースの1位としてそのオフ会の話題を挙げ、
「あんなに大勢の人が集まって楽しいオフ会だった」と、
そのオフ会に私だけを呼ばず、オフ会での参加者人数を気にする私に対する
明らかな挑発行為をしてきたのです。
その時はもう本当に我慢できなくなり、その人のBBSに自分がオフ会に呼ばれなかった
不満を書き込んでしまったのです。
するとその人をはじめ、私の事を良く思ってなかった人がその人のBBSで
私の書き込みに対して集中攻撃をしてきたのです。
ただ実はその集中攻撃された書き込みを私自身は全く見ていないのです。
それは、私がその書き込みをした直後眠かったので寝たのですが、
寝ている時に“ユーキ支持派”の人から電話がかかってきて、
「絶対見ない方がいいよ」と言われたのでそれ以降一度も見なかったのです。

また、私がその書き込みをした直後にそのリーダー的存在の人とメールで
やり取りをして、その時にあまりにも失礼な事を言ってきたのでこちらから
絶縁宣言をしました。
恐らく、そこまではその人の思惑通りだったと思います。
でもその人にとって誤算だったのは、その事件がきっかけで多くの人が
その人から離れて行ったことだと思います。
その事件がきっかけで『反ユーキ派』と『ユーキ支持派』が分裂した訳です。

では、自分が何故そのリーダー的な人から嫌われてしまったのかという話ですが、
その人とのやり取りの中から分析すると主に2つの原因があります。
1つはネット上での私と実際に会った時の私とのギャップが大きい事。
ネット上では少しぶっ飛んだコメントをするのに実際に会うと無口で面白くない。
でもそれは現在のステージ上でのユーキとそれ以外でのユーキとの
ギャップとも共通してます。

もう1つの嫌われた原因は、私がネット上で不適切だと思ったその人の発言に
対して何度か指摘したことがあったのですが、最初の時は素直に受け入れてたものの、
それ以降は指摘する度に私に対して冷たく、厳しくなっていったような気がします。
もちろん、私側にも問題があったのも事実です。
私の不適切発言、相手を不快にさせてしまった発言があったのも事実です。
それがもし今の私だったらどう対処していたのだろうか。

ネットトラブルが起こらないためにこの19年間で学んだことは、
・大人の対応を心掛ける
・誰かに対する怒りや不満があっても極力文章にしないでとにかく我慢する
・相手の挑発に乗らない

という事です。
あとネット上での人と人とのトラブルで、当事者以上にその周りの人に
迷惑がかかることもあるという事を知って欲しいです。
スポンサーサイト



新車

先月契約した新車が納車となりました。
C-HR.jpg

真冬の寒い時季ということや、つい先日の酷い土埃、また普段から洗車や
車内清掃をあまりやらないこともあり、今まで乗っていた車をかなり汚い状態で
引き取ってもらい何か申し訳ない気持ちでした。
だったらちゃんと綺麗にしてから引き取ってもらえって話ですが、
この寒い時季で前日の土曜日が仕事だった事、午前中の納車だったこともあり、
「少しは綺麗にしておいた方がいいかな?」と思いつつもやれませんでした。

今まで乗っていた車で行った主な遠い所は、富山、長岡、東京(調布)、宇都宮、
房総半島(一周)、伊豆半島(一周)、浜松、白川郷、津、京都
といったところです。

納車したこの日は近場にしか行きませんでしたが、この冬のうちに車で行く予定の
少しだけ遠い所は乗鞍高原と駒ヶ根です。
乗鞍高原は去年の冬にも行った凍った滝を見るのとアイゼンでの雪道歩行の練習も
兼ねて行きます。
駒ヶ根は一年中営業している中央アルプスの駒ヶ岳ロープウェイに乗り、
白銀の千畳敷カールを散策しようと思っています。

車の買い替え

当初は来年の夏頃に車の買い替えを予定していましたが、半年早めてこの冬に
急遽買い替えることにしました。

その理由はというと、1つはスタッドレスタイヤの問題。
先日スタッドレスタイヤに交換し、その直後にエンジンオイルの交換をしてもらった
ので空気圧を見てもらったのですが、その際に「スタッドレスタイヤの効力が発揮
できない危険なレベルで早急なタイヤの買い替えをお勧めします」と
言われたからです。
それで1シーズンだけのために高いタイヤを買い替えるのもバカらしいと思ったからです。

もう1つの理由はエンジンオイルの減り。
11月の上旬に車検に出したのですが、その際にエンジンオイルが結構減っていた
ので補充してもらったのですが、その際に「今度のオイル交換の時に減り具合を
確認してあまり減りが激しいようだったら修理が必要」と言われました。
そして先日のエンジンオイル交換の際にオイルが1ℓ減っていると言われ、
まだ車検の時から1000kmも走ってないのにそれだけ減っていたので、
気になって今日会社帰りにカーディーラーへ行って相談しました。
すると、この調子だと月に1回はオイルの補充が必要とのことで、
それを修理するためには2,30万円かかると言われ、近く車を買い替えることにしました。

今乗っている車は約11年乗っていて、走行距離は9万キロです。
買い替える車はもう決まっています。
あとは色や装備などを決めるだけです。

一眼レフデビュー

フィルムのカメラからデジカメに変わってからずっと一眼レフではない
一体型のカメラを使っていたのですが、先日会社から支給された
『春のボーナス』(業績連動型賞与)が予想よりもかなり多かったため、
ついに一眼レフカメラを買うことにしました。

今まで使ってきたカメラもあのサイズと軽さの割には最大60倍ズームで
動画も画質が良くてかなり気に入ってはいるのですが、
よくツイッターなどに投稿されている高ボッチ山から撮った諏訪方面の
日の出直前や夜景の写真と比べると、自分が美ヶ原から撮った松本の
夕景&夜景の写真の綺麗さはいまいちで、あのカメラでの限界を感じていたため、
一眼レフは欲しいとは思っていました。
でもやはり高額なので今まで一体型のカメラで我慢していたのですが、
春のボーナスの予想外の多さに勢いで買ってしまいました!
この1ヶ月ちょっとで登山用品にもかなりの金額をつぎ込んだのにも拘らず!
一眼レフカメラ

これでやっとあの三脚に見合うだけのカメラを手に入れたかなと思います。
ちなみに三脚は4本持っていて、うち2本がそこそこ高額な三脚で、
そのうちの1本は重さが結構あって折り畳んだ長さも結構長く、
公共交通機関で行く旅行に持って行くのに持ち運びのしやすいサイズと
重さのしっかりした三脚も欲しいと思い、その後それよりももう少し安くて
比較的短く折り畳める三脚を買いました。
その2本の今まで使っていたカメラにはその三脚は勿体ないくらいだと思っていました。
それに山などで他に三脚撮影している人はほとんどの人が一眼レフを使っているので、
他の三脚撮影者が居るといつも恥ずかしい思いをしていたので、
これからはそんな思いをしなくて済むと思います。

年末年始の予定

12月27日~1月4日まで年末年始休みなのですが、
休み中の主なイベントといえば年末旅行とSKYのカウントダウンライブ
出演があります。
12月27日~30日 旅行
12月31日 長野 INDIA live the SKYカウントダウンライブ出演
1月1日 長野から帰宅
1月2,3日 家でのんびり
1月4日 休日出勤(予定)

今年の年末旅行は鳥取と岡山です。
鳥取と岡山になった理由は、鳥取には19年行ってないので
久しぶりに行ってみたいと思ったからです。
岡山を入れたのは、全国の競艇場巡りの一環で、鳥取へ行くついでに
岡山県の児島競艇場(ボートレース児島)へ行こうと思ったからです。

この旅行で観光する主な所は、城崎温泉、境港水木しげるロード、
鳥取砂丘、浦富海岸、ボートレース児島、鷲羽山、
それから最終日に余裕があれば倉敷にも行くかもしれません。