レゴランドの課題

4月1日に名古屋市の金城ふ頭にレゴランドがオープンしました。
世界的なテーマパークであるレゴランドの国内唯一の野外型テーマパークの
オープンという事で全国区のテレビ番組でも取り上げられるなど注目されての
オープンでしたが、ネット上の声を見る限りでは評判が良くないですね。

規模が小さい、料金が高い、園内には飲食物の持ち込みが一切禁止である、
園内の飲食物が高すぎる、オープンしたばかりなのにガラガラ、
高速道路(伊勢湾岸道の高架や名港トリトン)が見える、などの不満の声が。

高速道路が見えることに関しては逆にかっこいいとも思うのですが、
外部の景観を徹底的に遮断しているTDLやUSJが普通だと思っている人からすれば、
それは不自然な事のようです。

高速道路の事はともかく、名古屋の事を徹底的にフォローする自分からしても
あの規模や内容(まだ実際に行った訳ではないが)であの金額(大人6900円、
子供[3~12歳]5300円)は高すぎると思うし、園内の飲食物もあの内容であの値段は
高すぎると思います。

運営会社はこの多くの人の声を真摯に受け止め、
全国から多くの観光客を呼び込めるテーマパークになるように改善していって欲しいです。
スポンサーサイト

名古屋イヤー

今年2017年は愛・地球博のあった2005年以来の『名古屋イヤー』、
つまり名古屋が全国的に注目されて飛躍する年だと思っています。

それは何といっても4月1日に名古屋港金城ふ頭にオープンするテーマパーク
『レゴランド・ジャパン』の存在が大きいです。
敷地面積的には世界のレゴランドの中で最小だそうですが、
それでもあのレゴブロックが世界に展開する国内唯一の屋外型テーマパーク
として話題性は十分ありますし、全国から多くの観光客が名古屋を訪れることでしょう!

レゴランドだけではありません!
同じく4月には名古屋駅と隣接する『JRゲートタワー』がオープンしますし、
秋には名古屋駅の南側の『ささしまライブ24』内に複合施設『グローバルゲート』がオープン、
同じく秋頃に納屋橋東側に複合施設『テラッセ納屋橋』がオープンします。

恐らく、今年ほどの大名古屋イヤーは10年後のリニア開通の年まで来ないでしょう!
5年後の名古屋城天守の木造復元完成もかなり注目されるとは思いますが。
とにかく今後も名古屋からますます目が離せません!

ナゴヤの大逆襲

先日、メ~テレ(名古屋テレビ)の企画で、ツイッター上で名古屋のイイところを
呟けば抽選で55名に賞品が当たるという企画があり、
自分もそれに参加したところ見事当選して、
メ~テレのマスコット『ウルフィ』のピンクバージョンの縫いぐるみと、
オアシス21で開催中の“氷じゃないスケートリンク”『豊田合成リンク』の
ペアチケットが送られてきました。
メ~テレ賞品1

メ~テレ賞品2

スケートリンクは2月26日までの開催でそれまでに名古屋へ行く予定はないので、
このチケットはただの紙切れになってしまいそうですが、
記念にとっておきます。

今まで名古屋をPRしようと名古屋の曲を作ってそれをライブで歌ってきたりしましたが、
今回名古屋のテレビ局からこのような形で賞品をいただけて、
特別な感情が湧いてきました。

これからもライブやネットなどを通じて名古屋のPRをして、
「魅力がない街」などと言われている名古屋の良さを多くの人に伝えていきたいと思います。

名古屋2日目(科学館、イオンモール名古屋茶屋)

[2日目・9月18日]

この日は天気予報で1日中雨の予報だったので、
雨降りでもあまり支障のない場所へ行くプランです。
今回、2日とも雨の心配が無かった場合はプランには入ってなかった
名古屋市科学館へ行くことになりました。
名古屋市科学館は5年前にリニューアルオープンし、
世界最大のプラネタリウムが誕生しました。
そのプラネタリウムが見たくてリニューアルオープンから3ヶ月後の平日に行ったのですが、
あまりの人気で結局見ることが出来なかったのです。
その後、ネットでの申し込みによる抽選に何度か応募しましたが(現在は行われてない)、
それも全て外れてしまい、リニューアルから5年以上経った今でもまだ科学館自体に
入館してないのです。
ちなみにリニューアル以前は小学校の修学旅行の時に一度行っています。

前振りが長くなってしまいましたが、そんな名古屋市科学館のプラネタリウムを見るために、
開館1時間前の朝8時半から行列に並びました。
そして無事に1回目の10時からの投影の席が取れました!
投影開始時刻までまだ少し時間があったので他の展示コーナーも少し見れたのですが、
早めにプラネタリウムへ行き、中の雰囲気を味わっていました。
座席は新幹線のグリーン車並みで、前後左右の席との感覚も広く快適でした。
科学館プラネタリウム
ちなみに投影中の撮影は禁止です。

そして10時から50分間の投影が行われ、途中少し寝てしまいましたが、
実際の星空のような迫力ある星空を楽しめました。
プラネタリウムの投影内容は月毎に変わり、今月は中秋の名月がテーマでした。

投影が終わり、科学館内の展示を上の階から見ていきました。
時間の都合であまりゆっくりは見れませんでしたが、
宇宙に関する展示コーナーと人工竜巻が特に興味深かったです。
科学館球体

館内を見てから雨降りの中、野外の展示物(路面電車と人工衛星)をザッと見ました。
野外の展示物は入場料を払わなくても見ることができます。


伏見(科学館最寄り駅)から地下鉄とあおなみ線を乗り継いで荒子川公園で下車し、
イオンモール名古屋みなとへ。
この日のもう1つの目的地であるイオンモール名古屋茶屋へ行く無料シャトルバスが
ここから出ているからです。
イオンモール名古屋茶屋は一昨年オープンした名古屋市内屈指の規模を誇る
ショッピングモールなのですが、近くに駅がないため、
イオンモール名古屋みなとからシャトルバスで行くことにしたのです。

バスの時刻までまだ少し時間があったので、ここで昼食を食べることに。
ショッピングモールの中は決してそれほど賑わっているという感じではありませんでしたが、
フードコートの中は混雑していて、食べ物を頼んだのになかなか席が確保できない状態でした。
フードコートでは海鮮丼を食べました。

その後、バスでイオンモール名古屋茶屋へ。
約15分かかったのですが、この辺りは民家とは少し離れていて、
名古屋市内にこんな所があったのかというくらいの工業団地建設予定地的な
空き地や畑などが広がる場所の中に巨大なイオンモールがありました。
イオンモール名古屋茶屋ではお金は全く使わず、モール内を一通り回り、
約1時間後のバスに乗って戻りました。

その後、名古屋駅太閤口の地下街エスカであんかけスパを食べ、
駅でお土産を買ってから、快速と特急『しなの』を乗り継いで帰りました。
本当は中津川から普通列車で帰る予定でしたが、名古屋駅をICカードで入り、
中津川で一旦改札を出て切符を買い替えるつもりが、
中津川での乗り換え時間が3分だけだったので間に合わないと思い、
中津川からは約30分後の『しなの』で帰ることにしたのです。
その次の普通列車だと2時間待たなくてはいけなかったので。
それに、翌日は午後から夜まで予定が入っていて、
3連休最終日で出勤日前日なのにあまり休んでいる時間が無かったので、
あまり帰りが遅くなりたくなかったのです。

中津川駅前の店で五平餅を食べてから『しなの』に乗り、
自由席は相席でないと座れなかったのでデッキで立っていたのですが、
木曽福島からDJのマッシブさんが乗ってきて驚きました!

名古屋1日目(名古屋港、まり子ライブ)

17,18日は泊まりで名古屋へ行ってきました。
18日の日曜日の天気予報が1日中雨の予報だったため、
出発前夜に急遽コースを変え、雨の心配のあまりない1日目に
雨降りだと困る所へ、2日目は雨降りでもそれほど支障のない所へ行くことにしました。


[1日目・9月17日]

最寄り駅発6:39の列車に乗り、中津川で快速に乗り換え、10:13に名古屋に到着。
この日は昼頃居る場所での食事をする店の問題があったため、
駅のホームで立ち食いきしめんを食べ、早めの昼食としました。
それから改札を出てコインロッカーへ荷物を入れてから、あおなみ線のホームへ行き、
11:09に終点の金城ふ頭に到着。
本当は金城ふ頭には2日目に行く予定でしたが、
今回の名古屋行きをこの日にした最大の理由でもある11万トンの大型客船
『ダイヤモンドプリンセス』が台風の影響で入港できなくなったため、
その代わりに、17日にガーデンふ頭に入港する国内最大の客船『飛鳥Ⅱ』(5万トン)
を見るためにこの日名古屋港へ来ました。
ちなみにダイヤモンドプリンセスは大きすぎて名港トリトンの名港中央大橋の下を潜れないため、
ガーデンふ頭ではなく金城ふ頭への入港予定でした。

他に今回名古屋港へ行こうと思った理由は、遊覧船代わりに名古屋港の水上バスに
乗ってみたかったことと、その水上バスに乗ってまだ行ったことのなかった
名古屋港ワイルドフラワーガーデン・ブルーボネットへ行くためです。

あおなみ線で金城ふ頭駅に着くと、来年開園予定のテーマパーク『レゴランド・ジャパン』
のアトラクションの塔が見えました。
2016-9名古屋1
本当はこの工事現場の近くまで行って工事の進み具合を見てみたかったのですが、
水上バスの時間までそれほど時間が無かったので諦めました。

水上バス乗り場へ行き、11:30発の船に乗船したのですが、
乗客は自分以外に1組の夫婦だけでした。
そんな水上バスからは名港トリトンや自動車を輸送する大型の貨物船、
工場などが見えました。
2016-9名古屋2

2016-9名古屋3

そして約20分後にブルーボネットに到着。
ちなみにこの水上バスは水族館などがあるガーデン埠頭からブルーボネットを経由し、
リニア・鉄道館などがある金城ふ頭を結んでいます。(土日、祝日などに運航)

ブルーボネット付近からはガーデンふ頭に停泊中の飛鳥Ⅱが見えました。
2016-9名古屋4

2016-9名古屋5

ブルーボネットは洋風庭園を兼ねた花園で、隣接する火力発電所の熱を利用して
花が栽培されているそうです。
2016-9名古屋6
園内には名古屋めしのメニューもあるレストランがありましたが、
園の入場者も少なく、レストランの従業員も暇そうにしていました。
園内にレストランがある事は最初から知っていましたが、
こういう所にあるレストランなので、西洋の小洒落た感じのメニューばかりで、
名古屋めしがあるなんて思ってなかったので、ここで食べることは考えていませんでした。

園内で色んな花を観察して時間を潰し、13:25発の水上バスでガーデンふ頭へ。
この水上バスには20人くらいの乗客が乗っていました。
約10分でガーデンふ頭に着き、飛鳥Ⅱの近くへ行ってみました。
(水上バスの乗り場自体、飛鳥Ⅱが停泊している所のすぐ近くでしたが)
2016-9名古屋7


飛鳥Ⅱの甲板がどうなっているのか気になったので(プール等)、
ポートビルに昇って上から見てみることに。
2016-9名古屋8
プールの他にテニスコートのようなものも見えました。


その後、地下鉄で高岳まで移動し、江戸時代の東寺町だった付近を散策し、
少し足を延ばして今夜のまり子さんのワンマンライブのライブ会場の下見をしてきて、
その後、地下鉄で丸の内へ行き、五条橋、円頓寺商店街、四間道界隈を散策。
国際センター近くの藤一番でラーメンを食べてから名古屋駅まで歩き、
ロッカーの荷物を出してからホテルへ行き、
夜はまり子さんのワンマンライブを観に行きました。
まり子さんのライブを観たのは一昨年と去年のスカイのカウントダウンライブに続き
3回目でした。