FC2ブログ

蓼科湖~小淵沢

本当は23日~26日までの4連休中に山へ行きたかったのですが、
どの日も天気が悪そうなので、天気が悪くてもある程度楽しめそうな所へ行きたいと
思い、24日は先日オープンしたばかりの道の駅『ビーナスライン蓼科湖』へ
行ってきました。
また、まだ行ったことのなかった富士見町の『蔦木宿』と山梨県北杜市の『小淵沢』
の両道の駅にも行ってきました。


自宅を8時前に出て塩尻I.Cから高速に乗り、諏訪湖S.Aに寄ってパン屋で朝食の
パンを買って車内で食べ、諏訪I.Cで高速を降り9:21に道の駅『ビーナスライン蓼科湖』
に到着。
道の駅のメイン施設であるはずの売店(農産物直売所)はビニール屋根のテント風の
簡易的なもので「えっ!?」と思いました。
20蓼科小淵沢1
売店には農産物以外の物は売ってないようだったので中には入らず、まずは蓼科湖の
方へ行ってみました。
20蓼科小淵沢2
蓼科湖には初めてきたのですが、ここも白樺湖や女神湖と同様に灌漑用の人造湖
だという事をこの時初めて知りました。
蓼科湖はそれほど大きな湖ではないので歩いて1周してみたかったのですが、
雨がぱらつく天気だったので諦めました。
この道の駅には食堂はなく、唯一の飲食店であるアイスクリーム屋で
ソフトクリームを買って食べました。
20蓼科小淵沢3
こういう角の無いタイプのソフトクリームは初めて食べましたが、自分はやっぱ
従来タイプのソフトクリームの方が食感的に好きです。
ちなみにこの道の駅には食堂はありませんが、近辺には複数の飲食店があります。

長野県内唯一の水族館である『蓼科アミューズメント水族館』が気になっていたので、
ここから近ければ行ってみたいと思っていたのですが、調べてみたらここから山道を
結構上って行った北八ヶ岳ロープウェイの方だと分かり、諦めて次の目的地の
道の駅 蔦木宿へ行くことに。

蓼科湖には36分滞在し9:57に出発し、約1時間後の10:55に富士見町の山梨県との
県境近くにある道の駅『蔦木宿』に到着。
20蓼科小淵沢4
まずはソフトクリームが気になっていたので、ソフトクリーム&ヨーグルトを
食べました。(ヨーグルトはカップの下の方に入ってます)
20蓼科小淵沢5
ただ、この日は天気も良くなく気温もそれほど上がってなくて、しかも蓼科湖の
道の駅で1時間ちょっと前にソフトクリームを食べたばかりだったので、
決して万全の状態では食べられませんでした。
その後、ここで昼食としてざる蕎麦をいただきました。
20蓼科小淵沢6

蔦木宿には43分滞在し11:38に出発。
県境を越え、11分後の11:49に道の駅『小淵沢』に到着。
20蓼科小淵沢7
ここの道の駅に来たのは初めてですが、6年前にこの前を通った事はあります。
紅葉を観に八ヶ岳山麓を一周した帰りにこの前を通ったのですが、
当時はまだ道の駅にそれほど興味が無かったのと、夕飯までに帰ることに
なっていて時間にあまり余裕がなかったため、その時は断念しました。

小淵沢の道の駅では中のパン屋でパンを買ってそれを車の中で食べたり、
売店で買い物をしたりして44分滞在し、12:33に出発。
まだ時間的に早いので小淵沢駅に寄って駅弁でも買って行きたいと思い、
駅に寄って行くことに。
すると、平屋だった駅舎が立派な駅舎に生まれ変わっていて驚きました!
20蓼科小淵沢8
改札や待合室は2階にあり、2階の大きな窓からは天気が良ければ甲斐駒ヶ岳
など南アルプスの山々が見えるんだろうと思いました。
20蓼科小淵沢9
ちなみに次に登る予定の山は南アルプスの鳳凰三山で、天気が良ければここから
鳳凰三山も見えるのかな?と思いました。
早ければ(天気に恵まれれば)来週にも登る予定なので、そうなれば2週連続で
山梨県へ行くことになります。

小淵沢駅1階の売店で唯一残っていた駅弁の『蕎麦屋の天むす』を買い、
駅の駐車場を12:52に出発し、小淵沢I.Cから高速に乗り、帰りに中央道原P.Aと
諏訪湖S.Aに寄って帰りました。
諏訪湖S.Aでは前回食べて美味しかったシャインマスカットソフトを食べる予定
だったのですが、この日はもう2つのソフトクリームを食べていてもう食べる気には
ならなかったため、結局食べませんでした。
まぁ諏訪湖S.Aだったらまたそのうち行くと思うのでその時に食べようと思います。
スポンサーサイト



長野&軽井沢

17日の金曜日は仕事が休みだったため3連休だったのですが、
梅雨時ということもあり雨の日が続き山へも行けないため、
その代わりに18日の土曜日は電車で長野へ行ってきました。
主な目的は、駅弁を食べる、登山用品店を見る、クレープを食べる、
牛乳パンを買う、明治亭のソースかつ丼を食べる
ことでした。

その前に17日の金曜日の出来事も紹介すると、14日の日に右膝の下の部分に
原因不明の腫れがあることに気付き、ネットで調べたところ癌の可能性も否定
できないので17日の午前中に近所の整形外科の医院で診てもらったところ、
膝の下の袋に水が溜まっているだけとのことで、注射器で抜き取ってもらうだけで
済みました。
手術や入院も覚悟していたのでホッとしました。


18日は松本から特急『しなの』に乗って長野へ。
『しなの』で行った理由は駅弁を食べるためと(普通列車で食べるのは抵抗がある)、
新型コロナウイルスの感染リスクを少しでも下げるためです。
10時過ぎに長野に着き、駅前の石井スポーツへ。
実は軽登山や雨の日の普段履き用としてもう1足防水の靴が欲しいと思い、
松本の石井スポーツでアークテリクス(自分の好きなカナダのブランド)の
靴で気になった靴があったけど28.5のサイズが無かったため、長野の石井スポーツ
ならどうかと思って見てみたのですがありませんでした。
他のメーカーの靴も見たのですが特に気になる靴はありませんでした。
そこで、アークテリクスの店舗のある軽井沢のアウトレットへ行ってみることに。

軽井沢への移動は感染リスク低減と時間の都合により新幹線で。
新幹線(はくたか)の自由席の車内はガラガラでした。
30分ほどで軽井沢に着き、アークテリクスの店舗へ。
しかしこのアークテリクスショップで靴は扱っていませんでした。
コロンビア(アメリカ)のショップも見てみましたが、気になった靴はあったものの、
28.5のサイズが無かったため、靴はネット通販で注文することにしました。
(帰宅後、アークテリクスと共に好きなアウトドアブランドであるスウェーデンの
ホグロフスの靴を注文しました)

せっかく軽井沢まで来たのだから他の店も見てみたいと思い、好きなファッション
ブランドであるタケオキクチのショップへ。
でも特に欲しい商品が無かったので何も買いませんでした。
では軽井沢まで来たのにただ店を見て帰るだけ?と思っていたところ、
そういえば今回長野でクレープを食べようとしていたので代わりに軽井沢で
食べていけばいいかと思いました。
クレープは時々食べたくなるのですが、普通のショッピングセンターや街中にある
クレープ屋さんだと恥ずかしくてなかなか買う気にならないので、善光寺の参道脇に
ある店だったら観光客に紛れて抵抗なく食べられるのでそこで買うつもりだったのです。
アウトレットも観光地なのでそれほど抵抗なく食べれるので、フードコートでクレープを
買って食べました。
EdLdToLUMAAedAf.jpg
ちなみにこの時外は土砂降りの雨でした。
アウトレット内は普段の土日と比べると空いているように感じましたが、
それでもこのコロナ禍にあって予想以上の多くの観光客が居ました。
また、駅に近い方の駐車場は3ヶ所中2ヶ所が満車となっていたのに対し、
鉄道利用者は少なかったようです。
やはり感染リスクを考えマイカーでの来訪者が多かったのに対し、
鉄道利用者は少なかったのでしょう。

軽井沢には約2時間滞在し、新幹線で長野へ。
結局軽井沢ではクレープを食べただけで形に残るものは何も買いませんでしたが、
アークテリクスの靴を諦めることができ、タケオキクチのショップも見ることが
できたので、時間とお金をかけて軽井沢まで行った事に後悔は少しもありません。
また、久しぶりに新幹線にも乗れて、しかもガラガラで快適だったので満足してます。

長野駅到着後、東急百貨店を少し見てから、牛乳パンの有名店へ行くため、
しなの鉄道北しなの線に乗って豊野へ。
すると列車の車両が先月デビューしたばかりの新型車両でした。
IMG_20200718_201715.jpg
豊野駅近くの小林製菓舗で牛乳パン1つと和菓子2点を買い、再び長野へ。
長野東急地下のパン屋で牛乳パンとそれ以外のパン数店を買い、
明治亭のソースかつ丼の弁当を買い(本当は店で食べたかったけど時間の都合で)、
帰りの『しなの』の車内でソースかつ丼を食べ、家で2店の牛乳パンを食べ比べ
ました。
IMG_20200718_201546.jpg
どちらの牛乳パンもとても美味しかったです。

飯田へ前乗り

6月25日~7月1日まで会社が7連休なのですが、この連休中にGWに決行予定だった
けどコロナの影響で延期していた『飯田~中津川ウォーキング』を実行しようと思い、
天気予報を見て検討した結果、27日の土曜日に決行することにしました。
27日の出発時間が早朝のため、前日の26日に飯田入りしました。

26日の金曜日は午前10時から自動車を点検に出し、その帰りに早めの昼食を
食べ、一旦帰宅してから最寄り駅発12:52の飯田行き普通列車に乗車。
飯田まで電車で行くのはかなり久しぶりで、わくわくしてました。
途中、今年のGW中に中央アルプスと南アルプスの写真を撮影に行った際に
中央アルプスをバックに列車の写真を撮影した大田切なども通り、
3時間の乗車時間にも拘らず自分としてはかなり珍しく一睡もせずに飯田線の旅を
楽しめました。

平日の昼間ということもあり、伊那市駅付近で高校生が少し乗ってきた以外は
車内は閑散としていて、15:49に終点の飯田に到着。
飯田市は長野県第4の都市ですが、駅前にあったピアゴ(元ユニー)も閉店して
おり、閑散としていました。
飯田市の大型店はアップルロード(飯田I.Cに続く郊外の幹線道路)に集中し、
元々それほど賑わっていた駅前ではないけど、
さらに寂れてしまった印象を受けました。
駅前にあった何度か利用した事のある五平餅の店も閉店して別の店になって
いる中、何十年も前からあるであろう2軒ほどの土産店が気にかかりました。
1日2往復の特急『伊那路』の発着駅とはいえ、飯田駅を利用する観光客が
それほどいるとは思えないのですが、この土産店はまともに商売が成り立って
いるのだろうかと少し気になりました。
ちなみに飯田駅に着いた時に出発直前の特急『伊那路』が停車していたのですが、
数人の乗客しか乗っていませんでした。

飯田駅前のホテルにチェックインし、少し休んでから17時頃に少し早い夕食を
食べにネットで調べた中華そば店へ。
ここで中華そばと揚げ餃子をいただきました。
新京亭1

新京亭2
この店は人気店で行列が出来ることも多いそうですが、まだ時間が早いことや
コロナの影響もあってか、自分以外には女子高生2人と男性1人の3人の客しか
居ませんでした。

帰りにコンビニで明日の朝食と昼食と飲み物を購入し、ホテルに戻りました。
翌日は出発予定時間が4時頃でしたが、後半にペースダウンすることなどを
考えるともう少し早く出た方がいいのではとも思いました。
そのためこの日は20時前にはベッドに入ったのですが、明日の事で興奮して
なかなか眠れず、結局まともに眠れたのは23時頃だと思います。
興奮というのは、楽しみの他に若干の不安や緊張もありました。

木曽漆器祭&奈良井宿場祭開催予定だった日に木曽へ

本来なら5日~7日までの3日間は塩尻市の楢川地区で木曽漆器祭と
奈良井宿場祭の開催日だったのですが、今年は新型コロナウイルスの影響により
中止となりました。
去年行ってなかっただけに今年は行くつもりだったので、その代わりに開催予定
だった期間中にこの両祭の会場を訪れてみたいと思い、7日の日曜日に行ってきました。
また、少し足を延ばして木曽町の道の駅 日義木曽駒高原と木祖村の道の駅
木曽川源流の里きそむらにも行くことに。

自宅を午前9時前に出発し、途中ガソリンを給油し、道の駅 日義木曽駒高原には
10時前に到着。
以前ここの道の駅の売店で買った木曽牛バーガーが美味しかったので
また食べたいと思っていたのですが、今回は置いてなくて、代わりに朴葉寿司と
五平餅を買ってそれを車内で食べました。

その後、道の駅 木曽川源流の里きそむらへ。
売店を少し見た後(見ただけ)、歩いて藪原宿の方へ行ってみることに。
道の駅の裏側からは山間の風情のある藪原の町並みが見えました。
20藪原奈良井1

藪原宿へ行く前に木曽川を見てみたいと思い川の方まで行ってみました。
20藪原奈良井3

20藪原奈良井2

その後、藪原宿を散策中に藪原神社と極楽寺の案内標識が気になり行ってみました。
極楽寺の方は入りづらい雰囲気だったので門の所から少し覗いただけでした。

道の駅に戻り、野外売店で長門牧場ソフトクリームを食べました。
ここでは以前甘酒ソフトクリームは一度食べたことがあるのですが、
木祖村で何故長門牧場(長和町)なのかと思い普通のソフトクリームは食べたことが
無かったのですが、今まで沢山のソフトクリームを食べてきた自分でも
とても美味しいと思えるソフトクリームでした。

車に乗って奈良井宿の近くにある道の駅 木曽の大橋の駐車場へ。
時間は12時過ぎでしたが2時間ほど前に朴葉寿司と五平餅を食べてあまり腹は
減っていなかったので、まずは歩いて木曽平沢へ行くことに。
そういえば、駐車場近くの売店や案内所は前回1月に来た時は閉まっていたの
ですが、この日はちゃんと営業していました。
利用客が少なくて閉鎖されてしまったのかと心配していましたが、
1月は閑散期なので休業していただけのようです。

本来なら漆器祭で賑わっていたであろう平沢の街は観光客は誰1人として居なく
閑散としていました。
20藪原奈良井4
メイン通りから少し外れた通りにある漆器店は漆器祭の期間中でさえあまり
お客さんが居ない店もあるのですが、そういう店は商売が成り立っているのだろうか?
と心配になりました。

奈良井宿へ移動し、奈良井宿内の店で五平餅と蕎麦の定食を食べました。
20藪原奈良井5

その後、車に戻り、道の駅 木曽ならかわへ。
ここで今のシーズンの木曽地方の郷土食である朴葉巻きを買おうと思っていたの
ですが売り切れていて、ここでは何も買わずに帰りました。

10ヶ月ぶりの美ヶ原

5日の金曜日は仕事が休みで天気が良さそうだったので、去年の8月以来
10ヶ月ぶりに美ヶ原へ行ってきました。
最大の目的は、今までよりも長時間の露出、高感度での松本の夜景撮影を
試してみるためです。

美ケ原へ行く前に村井にある信州芽吹堂へ寄って特価販売されている
ご当地土産菓子を買って行きました。
自称『ご当地土産菓子研究家』の自分にとって数多くの長野県内の土産菓子の
製造をしている信州芽吹堂がどんな会社なのか気になっていました。
そんな芽吹堂の商品がコロナの影響によって売り上げが激減していて、
賞味期限の迫っている物を中心に割引して販売されているというので、
行ってみようと思ったのです。
あれだけ沢山の種類のお菓子を製造しているのだからかなり大きな会社を
イメージしていたのですが、実際に行ってみると「えっ!?これだけ?」という
ような規模の会社でした。(奥の方がどうなっているのかはよく分かりませんでしたが)
どうやら、販売元が信州芽吹堂になっている商品でも実際にこの会社で
作られているものは一部のようです。
芽吹堂駐車場に設けられた販売会場で5品を購入し、美ヶ原へ向かいました。

美ケ原の思い出の丘駐車場には12:15頃到着。
駐車場から思い出の丘の展望台までは5分ほどで着くのですが、日没まではまだ
たっぷり時間があるため、そこから更に20分ほど歩いた所にもある武石峰にも
行ってみることに。
武石峰まで行くのは今回がまだ2回目です。
20-6月美ヶ原1

武石峰から見た王ヶ頭方面
20-6月美ヶ原2
カメラも持たずに身軽な格好で行ったため、行きは途中の平らな所では
軽く走りました。
武石峰ではテンのような小動物を見ました。
この日は平日でコロナの影響もあってか、思い出の丘の駐車場に車を停めていた
約1時間の間に2組(3人)の人しか見ませんでした。

車で自然保護センターまで移動し、車内で昼食を食べてから小さめのリュックを
背負って王ヶ頭方面へ。
その前に、今まで何回もここに車を停めているのにまだ一度も入ったことのなかった
自然保護センターへ行ってみました。(入場無料)
その後、王ヶ頭方面へ。
この日は晴れてはいるものの遠くの山はあまり見えなかったので、
王ヶ頭ホテルのすぐ裏にある美ヶ原山頂の王ヶ頭へは行きませんでした。
牧場に牛が放牧されているのが見えたので行ってみることにしました。
20-6月美ヶ原3

20-6月美ヶ原4

まだ日没まで時間があったので、更に先にある美しの塔まで行き、
15時半頃に一旦車まで戻ってきました。
売店でアイスを買って食べ、車内で仮眠を取ったりして時間を潰し、
17時過ぎに撮影ポイントである王ヶ鼻へ向かいました。
しかし北アルプスが見えないのはまだしも、松本市街地もぼやけていて、
夜景の撮影は厳しいと思いました。
それでも何とか日没直前の19時頃まで粘りましたが、結局夜景の撮影は
断念しました。
この日の美ヶ原行きを決めた大きな理由として前日の夕焼けが綺麗だった
ことがあるのですが、その夕焼けも前日と比べるといまいちでした。
20-6月美ヶ原5

20-6月美ヶ原6

20-6月美ヶ原7

持参した三脚は使わず、19時半頃に駐車場に戻りました。
美ケ原からの帰り道、鹿18頭くらいと野うさぎ2羽を見ました。(王ヶ鼻から駐車場
まで歩いて帰る時に見た鹿2頭も含む)