武石峰

15日から会社が4連休で、連休初日の15日は天気が良かったので、
先日買った新しい三脚のテストも兼ねて美ヶ原へ行ってきました。(今年2回目)

自宅を13時半頃出て1時間ちょっとで思い出の丘の駐車場に到着。
思い出の丘には前回4月に来た時に初めて来たのですが、
今回はその先にある武石峰にも行ってみることに。

駐車場から5分ほど歩いて思い出の丘に到着。
今回は4月に来た時ほど条件が良くなかったので、ここでは1枚も写真を撮りませんでした。
思い出の丘から20分ほどで武石峰に到着。
ここにも一応三脚を持ってきたのですが、結局ここでは三脚は使いませんでした。
それでも、あの長くてそこそこ重い三脚を持ってあの山道(と言うほど大した道でもないが)
を歩けるという検証が出来たので、決して無駄に三脚を持ってあれだけ歩いたのでは
ないと自分に言い聞かせました。

武石峰から王ヶ頭方面
武石峰1

風で斜めになった木
武石峰2

駐車場に戻り、そこから車で10分くらいかかって一般車が行ける松本側の
終点である自然保護センターの駐車場へ。
今回は王ヶ鼻から乗鞍岳や穂高連峰をバックにした松本の夕景を撮ろうと考えていました。
今までは駐車場から離れているという理由で王ヶ鼻からの夕景の撮影は避けていました。
しかし4月に王ヶ鼻へ行った時、やはり松本の夜景や夕景を撮るには
王ヶ鼻ほど良い場所はないと思い、今回王ヶ鼻からの夕景撮影をすることにしたのですが、
しかし夕方になってくると雲が増えてきて、乗鞍や穂高連峰もほぼ雲で隠れてしまい、
夕焼けもあまり期待できなかったため、夕景の撮影は断念し、王ヶ鼻にも行きませんでした。

という訳で、新しい三脚は今回全く使いませんでした。
スポンサーサイト

アルプスあづみの公園&長野

20日の土曜日は長野で観たいライブがあったので車で長野へ行き、
その途中、水面に映る雪山の写真を撮りたくて初めて
『国営アルプスあづみの公園』の堀金・穂高地区へ寄って行くことに。

自宅を午前9時半頃に出て、途中安曇野市堀金の道の駅に車を停め、
水田に映る常念岳の写真を撮影。
やや風があったため、水面が少し波立っていたのであまり綺麗には映っていませんでしたが、
それはそれでまたいいかなとも思いました。
01堀金常念水田

続いて国営アルプスあづみの公園(堀金・穂高地区)へ。
この公園は有料なのですが、長野へ行ってネットカフェで仮眠をとったりして
のんびりしたかったので、ここには1時間も居ませんでした。
02あづみの公園常念池

03あづみの公園常念花畑

アルプスあづみの公園を11時半過ぎに出て、途中、道の駅 長野市大岡で昼食として
蕎麦とおやきなどを食べ、長野市街地の駐車場には14時過ぎに到着。
東急百貨店の北海道物産展へ行きステーキの弁当を買い、
それから3時間近く駅前のネットカフェへで過ごし、弁当を食べたり雑誌を読んだり
パソコンでネットをしたり仮眠をとったりしました。

そして18時前にLIVE HOUSE Jへ。
このライブには知り合いの高校生のななせちゃんとあかりちゃんが所属する『いろは』、
Last★Pieceのボーカルの愛子さんと麻友さん(元『繭』)さんのユニット『愛子と麻友』、
ベースの人とはツイッターで繋がっていて来月ALECXで対バンする『EV=E』、
一度対バンしたことのある『Rare Eel』と、
出演者6組中4組が何らかの関わりがあったので、是非観に行きたかったのです。
ライブ会場では10年ぶりくらいに会えた人もいて懐かしかったです。

ライブが終わってからダイナマイトマンダムさんのお店『新夜食堂エニシング』へ。
この店の周年記念イベントには3年連続で出演させてもらっていたのに、
今までお店の方には一度も行ったことがなくて、普段人のライブを観に長野へ行く時は
電車で行くのですが、今回はエニシングへ行くために車で行ったのです。
マンダムさんと色々とお話が出来て楽しいひとときを過ごすことが出来ました。

5/3開田高原&木曽福島

御嶽山に雪が沢山あるうちに撮影したいと思い、GW後半の5連休中で
一番天気が良さそうだった3日に開田高原と木曽福島へ行ってきました。

家を朝8時過ぎに出て、途中、道の駅 日義木曽駒高原に寄って
10時前に国道361号線の旧道の地蔵峠の展望台に到着。
地蔵峠に来たのは御嶽山が噴火した翌日以来3年ぶりです。
この日は家を出る時から雲が比較的多く(その割に穂高連峰が見えましたが)、
御嶽山が見えるか心配でしたが、地蔵峠からは迫力ある御嶽山の姿が一望できました!
01地蔵峠御嶽

この日は夕方から予定があったためあまりゆっくりはしていられませんが、
それでもまだ時間的には余裕があって御嶽山もくっきり見えたので、
開田高原にある九蔵峠にも行ってみることに。
地蔵峠から約15分ほどで九蔵峠の展望台に到着。
02九蔵峠御嶽
九蔵峠に来たのは2回目で、去年の夏に御嶽ロープウェイに乗った帰りにも
寄ろうと思ったけど道を間違えて寄れなかったので、その時のリベンジが果たせて良かったです。

その後、開田高原アイスクリームへ寄ってとうもろこしとミルクのミックスソフトを食べ、
水中植物園へ寄ってわずかに自生(?)しているミズバショウを観てから木曽福島へ。
イオンの駐車場に車を停め、そこから歩いて興禅寺を目指しました。
その途中の山村代官屋敷に寄ってから興禅寺へ。
興禅寺には日本一の広さを自称する石庭があり、木曽マニアを自称し、
最近寺の庭園にハマっている自分としては一度行ってみたいと思っていたのです。
03興禅寺

04興禅寺

05興禅寺

06興禅寺

その後、福島関所へ行き、帰りに古い町並みへ寄っていきました。
07木曽福島

木曽福島の雰囲気がすごい大好きなんですが、GWの5連休初日にも拘らず、
木曽福島の観光地はどこも閑散としていました。
唯一、中心街にある人気の蕎麦屋だけが行列が出来て賑わっていました。

駐車場を使っていたのでイオンで少し買い物をして、まだ昼食を食べてなかったので
帰りに道の駅 木曽川源流の里きそむらへ寄ってざるそばを食べ(14時過ぎ)、
帰宅しました。

美ヶ原(思い出の丘、王ヶ鼻)

今日は美ヶ原への道路の冬季閉鎖が解除されてから初めての休日で、
しかも天気が良かったので、美ヶ原へ行ってきました。
今まで行ったことのなかった(というか知らなかった)思い出の丘の方が
自分が何度も乗鞍岳と松本市街地の夕景の写真を撮りに行っている場所よりも市街地が沢山見え、
しかも乗鞍との直前上に近い所に松本の中心地が見えるという事で、
天気がいい日を狙って行こうと考えていました。
すると、この日は天気予報で1日中晴れマークだったので、迷わず行くことに決めました。

今までは夕暮れ時を狙って午後行っていましたが、今回は朝日に色付く雪山を撮ろうと
日の出時間に合わせて行きました。
家を出たのは午前3時過ぎ!
途中のコンビニで飲み物と朝食を買い、思い出の丘の駐車場には4時20分頃に到着。
駐車場には1台の車が停まっていました。
駐車場にはトイレがありますが、この日はまだ利用できないようになっていました。
歩いて5分くらいで思い出の丘の頂上に着き、その後何台もの車がやってきて、
カメラと三脚を持った人が6,7人くらい来ました。
ちなみに自分が何度も三脚を使って撮影したことのある自然保護センター駐車場
近くの場所では他の人と会ったことがありませんでした。
なのであの場所は穴場といえば穴場なのですが、木が邪魔だったり市街地の
見える範囲が狭かったりするので、撮影ポイントとしては思い出の丘の方が断然いいです。

ところで、長峰山や高ボッチでも経験したことなのですが、
他のカメラマンの人達はみんな一眼レフの大きなレンズのカメラと
脚の長い高そうな三脚を使っているのですが、
自分は一眼レフではない比較的小さなカメラと父から借りている(貰った?)
あまり脚の長くない三脚なので、ちょっと恥ずかしかったです。
でもあのカメラは意外と万能なのでもっと本格的なカメラを買うつもりは無いけど、
三脚はもう少し脚の長いのに買い替えようかと思いました。
ちなみに三脚は父のも入れて3本持ってます。

写真の方ですが、自分が目指していたような松本の夜景(朝景?)+朝日に染まる乗鞍岳
みたいな綺麗ないい写真は撮れませんでしたが、
東信方面の山の朝焼けが綺麗で感動しました。

01思い出の丘浅間山

02思い出の丘乗鞍松本市街

手袋をしていたけど寒くて(車の温度計で-5℃)指先が痛かったので、
あまり満足のいく写真が撮れないまま車に戻り、
車で5分ほど行った自然保護センターの駐車場へ移動。
ここのトイレはちゃんと利用できました。
すると朝日が出てきたのでカメラを持って駐車場の東側へ走りました。

わずかに噴煙を上げる浅間山と朝日
03自然保護セ浅間山

その後、例の撮影ポイントへ。

穂高連峰と槍ヶ岳
04自然保護セ穂高槍

車に戻って朝食を食べ、空がもっと青くなる時間帯までもう少し時間がかかると思い、
車の中で30分くらい寝て、7時半頃駐車場を出て美ヶ原最高峰の
王ヶ頭へ向けて歩き始めました。
途中の登山道にはまだ雪が沢山残っている場所もありました。
そして王ヶ頭ホテルの前まで行くと富士山が見えました!
美ヶ原からは富士山はなかなか見れないと思います。

それから王ヶ頭の頂上へ。
05王ヶ頭富士山

そして美ヶ原で一番の絶景ポイントとも言われる王ヶ鼻へ。
王ヶ鼻へは王ヶ頭から2,30分かかります。

ところで、美ヶ原への道が開通してからまだ間もないのと時間的にまだ早いせいか、
これだけいい天気なのにまだあまり観光客はいませんでした。
早朝の思い出の丘では6,7人もの人がいたのに、
それ以外の場所ではほとんど人が居ませんでした。

乗鞍岳、穂高連峰、松本市街地方面
06王ヶ鼻乗鞍穂高松本市街

松本駅前付近
07王ヶ鼻松本市街

松本城付近
08王ヶ鼻松本城

乗鞍岳と山形村方面
(中央よりやや下に見えるオレンジ色っぽい建物はアイシティ21だと思われます)
09王ヶ鼻乗鞍

槍ヶ岳
10王ヶ鼻槍

自然保護センターの駐車場に戻って車に乗り、帰りにもう一度思い出の丘へ
寄っていきました。
駐車場には1台だけ車が停まっていて、2,30分ここに居ましたが
その間もう1台の車がやってきただけでした。

乗鞍と北アルプス
11思い出の丘乗鞍北ア

この日は本当に天気が良くて、美ヶ原から見ることのできる
ほとんどの山が見えたと思います。

10時過ぎに思い出の丘駐車場を出て、家には11時半前に帰宅しました。

長峰山

18日の日曜日は朝日に染まる雪化粧の北アルプスを撮影するために初めて
安曇野市にある長峰山へ行ってきました。

家を朝5時過ぎに出て、塩尻北I.Cから安曇野I.Cまで高速を使い、
途中の梓川S.Aで軽く朝食を取り、長峰山山頂の駐車場には6:10頃に到着。
自分が着いた頃にはまだ真っ暗で他に誰も居ませんでした。
とりあえず、まだ真っ暗で撮影には少し早いと思ったので、
三脚を車に置いて展望台へ下見に行くことに。
すると、北アルプスがいい感じに色付いて見えてきて、
慌てて三脚を取りに行くと、1台の車が来ました。
そして展望台へ行って三脚をセットして撮影を始めたのですが、
暗闇の中から北アルプスのシルエットが現れてきた絶好の撮影チャンスを
数分の差で逃してしまいました。
最初、車に三脚を置いていったことが本当に悔やまれます。
長峰山1

長峰山2


その後、7,8人くらいの人が撮影に訪れました。
他の人はほとんどが一眼レフのカメラで撮影する中、
自分は「ピピッ」と音を鳴らしながら素人感丸出しで撮影してました。
明るくなってきたので途中から三脚から外して撮影したのですが、
後から考えると、三脚から外すタイミング早かったかなと
帰宅してからパソコンでぶれた写真を見て思いました。

長峰山3

長峰山には1時間ちょっと滞在し、帰りは梓川S.Aで2回目の朝食を食べていきました。