岩岳ゆり園&ジャンプ台

14日は白馬の岩岳ゆり園とジャンプ台へ行ってきました。
ゆり園はテレビで紹介されているのを見て、今が見頃みたいなので
行ってみようと思い、ゆり園だけ行って帰って来るのも味気ないので、
遠目には何度か見たことがあって一度行ってみたいと思っていた
白馬のジャンプ台にも行ってみることにしました。

家を朝7時半頃出て、塩尻北から安曇野まで高速を使い、
途中の梓川S.Aに寄って朝食を食べ、松川村の道の駅にも寄り、
岩岳ゆり園(冬季はスキー場)の駐車場には9時半頃着きました。
そこからゴンドラリフトに乗って岩岳山頂へ。

岩岳ゆり園は山麓と山頂の2ヶ所にあり、山麓の方のゆりはもうほぼ終わりで、
山頂の方は見頃でした。
1岩岳ゆり園

2岩岳ゆり園

3岩岳ゆり園

山頂付近には約45分滞在し、レストハウスでハニーソフトクリームを食べました。

ゴンドラリフトで山麓に戻り、岩岳の駐車場から車で10分ほどでジャンプ台に到着。
4岩岳ゆり園

リフトに乗ってタワーまで行き、タワーの中ではエレベーターもあったが
あえて階段を使ってノーマルヒル、ラージヒル、タワー最上部の展望台へ
行きました。
5岩岳ゆり園
今度はこのジャンプ台で選手が飛んでいるところを見てみたいです。

ジャンプ台の駐車場近くの店で巨峰とミルクのミックスソフトを食べてから
13時頃ジャンプ台の駐車場を出て、途中松川村の道の駅で遅い昼食を食べ、
安曇野の大王わさび農園の近くで渋滞に見舞われ、
自宅には15時半頃着きました。
スポンサーサイト

山賊焼きサマーフェスタ

6日の日曜日は塩尻駅前で開催されていた『塩尻山賊焼きフェスタ』
へ行ってきました。
山賊フェスタ1

18:00から予定されていた以前Toriqumo企画でご一緒させていただいた
ピン芸人の松尾アトム前派出所さんのお笑いライブと、
19:30から予定されていたジャズバンド・アールグレイのライブを観るために
行ったのですが、自分が会場に着いて間もない頃(17:45頃?)に突然
土砂降りの雨が降り予定が変更に。

それでも、雨が降り出す前に買った山賊焼き(1軒目)と牡蠣の蒸し焼き(1個)を食べ、
雨が弱くなってからソフトクリームと山賊焼き(2軒目)を食べ、
その後更に、訪問販売(?)でさっきよりも安く売っていた牡蠣の蒸し焼き2個も
食べました。
山賊フェスタ2

ステージの方は、松尾さんのライブは19:30頃から行われ、20時頃から
アールグレイのライブが行われました。
アールグレイはボーカルの香さんとギターの勉君と知り合いで、
香さんと会ったのはもう7,8年ぶりくらいではないだろうかというくらい
久しぶりでした。
その香さんが先日、このイベントでユーキの曲『山賊焼き』のフレーズを
使わせて欲しいという連絡があり、そして最後の曲(アンコール)でそれを
披露してくれました。
山賊フェスタ4

この会場で食べた山賊焼き、牡蠣、ソフトクリームはどれも美味しかったです!
牡蠣をああやって殻に入っている状態で蒸し焼きで食べたのは恐らく初めて
でしたが、「牡蠣ってこんなに美味しかったんだ!」と思いました。
陸前高田のリアス式海岸の海で育った新鮮な牡蠣ということで、
普段こっちで食べる牡蠣(ほぼカキフライですが)とはやっぱ違うなと思いました。
山賊焼きの店は4店出ていましたが、そのうちの2店の山賊焼きは食べたことがあったので、
今回はそれ以外の2店の山賊焼きを食べました。

松本ぼんぼん

5日の土曜日は『松本ぼんぼん』を観に行きました。
ぼんぼんへ行ったのは、ユーキがかなり影響を受けたAKKAさんを
中心とした音楽仲間が集まった『AKKA連』で参加して以来
約10年ぶりでした。
今回行こうと思ったのは、SONICの前でビールを売るというので、
色んな音楽仲間の人に会えると思ったからです。

歩行者天国が始まる前の15時半頃からSONICの前に行き、
クレージー・ジョーさんのライブを観たり、
珍しくビールを飲んだり(1杯だけ)しました。

そして祭りが始まると予想通り沢山の知り合いの人に会えました。
心残りといえば、クレープが食べれなかった事です。
クレープは結構好きなんですが、なかなかこういう機会でないと
作りたてのクレープが食べれないので。
(祭り以外でクレープを買いに行き辛い)

あとは久しぶりに会ったのに挨拶だけで何も話せなかった人もいたので
それも少し後悔してます。

木曽駒ケ岳&光前寺

会社が15日から19日まで5連休だったのですが、
最終日の19日は休日出勤の予定だったのが前日に急遽中止になり、
暑い中1日中家に居ても仕方ないと思い、
涼しい山へ行こうと思いました。

その候補として、昨年の秋に行ったけどSDのデータ破損により
ちゃんとしたカメラで撮った写真が残ってない上、
現在は「湯釜」と呼ばれる火口湖の近くにも行けるようになった草津白根山、
北アルプスの新穂高ロープウェイ、
中央アルプスの駒ヶ岳ロープウェイの3つが候補に挙がりました。

しかし草津白根山は今週末に長野へ行く予定があり、
その長野を通って車で行く気にならなかったので消え、
新穂高ロープウェイはあまり天気が良さそうでなかったために消え、
駒ヶ岳ロープウェイに乗って千畳敷、木曽駒ケ岳へ行くことになりました。


前振りが長くなりましたが、朝一のロープウェイに乗るため、
自宅を朝6時に出て塩尻I.Cから高速に乗り、途中辰野P.Aに寄ってコンビニで
朝食を買って食べ、駒ケ根高原の菅の台駐車場には7:05頃到着。
ここからロープウェイの駅がある しらび平まではマイカー規制なので、
ここからバスに乗り換え、約30分でしらび平へ。
ここから8:00発のロープウェイに乗り、約7分で千畳敷に到着。
ロープウェイを降り建物から出ると絶景が広がっていました。
01千畳敷

トイレに行ってから剣ヶ池を経由して駒ヶ岳へ向かうことに。
剣ヶ池が水鏡になって宝剣岳を映し出していました。
02剣ヶ池

それから本格的な登山道を通って中央アルプス最高峰の木曽駒ケ岳(2956m)を
目指しましたが、それよりも近い宝剣岳は上級者向けだということなので行きませんでした。
03千畳敷
最初のうちはなだらかでしたが、徐々に急になってきました。
04八丁坂

05八丁坂

気温は15度前後で半袖Tシャツの上に長袖シャツを着ていたのですが、
日も当たっていて途中で汗びっしょりになりました。
そして剣ヶ池を出てから4,50分くらいで宝剣山荘などがある尾根の上まで来ました。
06宝剣山荘

少し休んでから中岳を経由して木曽駒ケ岳を目指しました。
07駒ヶ岳

宝剣山荘から1時間弱で駒ヶ岳の山頂に到着。
08駒ヶ岳山頂
実は山に来たらやってみたかった事があります。
それは山小屋でカレーを食べることです。
よく山小屋で食べるカレーは美味しいと言いますし。
そして駒ヶ岳山頂より少し行った所に頂上木曽小屋という山小屋があったので
行ってみたのですが、そこにはコーヒーとココアの温かい飲み物のメニューだけで
食べ物のメニューは無いようだったので駒ヶ岳山頂に戻りました。

そして帰りに頂上山荘も少し覗いてみましたが、
そこでも食べ物のメニューは扱ってないようでした。
そして中央アルプスで最大の山小屋と思われる宝剣山荘へ寄ると、
カレーライスなどの食べ物のメニューがありました!
辰野P.Aで買ってきた飲み物が残りわずかになっていて冷たい飲み物が
飲みたかったので、カレーライス(900円)と共にアクエリアス(350円)を購入。
やはりあれだけ汗をかいて歩いて来たので、
カレーも冷たいアクエリアスも最高に美味しかったです!
09宝剣山荘カレー

12:20頃ロープウェイの千畳敷の駅に到着。
12:30のロープウェイで下りようと思っていましたが、このまますぐ戻って
しまうのも勿体無いと思い、外のベンチで涼み、
13:00のロープウェイに乗って帰りました。

その後、前から行ってみたいと思っていた駒ヶ根の光前寺にも寄っていきました。
10光前寺

11光前寺

12光前寺

武石峰

15日から会社が4連休で、連休初日の15日は天気が良かったので、
先日買った新しい三脚のテストも兼ねて美ヶ原へ行ってきました。(今年2回目)

自宅を13時半頃出て1時間ちょっとで思い出の丘の駐車場に到着。
思い出の丘には前回4月に来た時に初めて来たのですが、
今回はその先にある武石峰にも行ってみることに。

駐車場から5分ほど歩いて思い出の丘に到着。
今回は4月に来た時ほど条件が良くなかったので、ここでは1枚も写真を撮りませんでした。
思い出の丘から20分ほどで武石峰に到着。
ここにも一応三脚を持ってきたのですが、結局ここでは三脚は使いませんでした。
それでも、あの長くてそこそこ重い三脚を持ってあの山道(と言うほど大した道でもないが)
を歩けるという検証が出来たので、決して無駄に三脚を持ってあれだけ歩いたのでは
ないと自分に言い聞かせました。

武石峰から王ヶ頭方面
武石峰1

風で斜めになった木
武石峰2

駐車場に戻り、そこから車で10分くらいかかって一般車が行ける松本側の
終点である自然保護センターの駐車場へ。
今回は王ヶ鼻から乗鞍岳や穂高連峰をバックにした松本の夕景を撮ろうと考えていました。
今までは駐車場から離れているという理由で王ヶ鼻からの夕景の撮影は避けていました。
しかし4月に王ヶ鼻へ行った時、やはり松本の夜景や夕景を撮るには
王ヶ鼻ほど良い場所はないと思い、今回王ヶ鼻からの夕景撮影をすることにしたのですが、
しかし夕方になってくると雲が増えてきて、乗鞍や穂高連峰もほぼ雲で隠れてしまい、
夕焼けもあまり期待できなかったため、夕景の撮影は断念し、王ヶ鼻にも行きませんでした。

という訳で、新しい三脚は今回全く使いませんでした。