FC2ブログ

冬の山梨小旅行(新府城跡&恵林寺)

31日の土曜日は電車で山梨県へ行ってきました。
この日は元々乗鞍高原へ氷瀑を見に行ったりスノーシューを使って雪原を歩こうと
思っていたのですが、先日の雨で雪や氷瀑の氷がある程度解けてしまったのでは
ないかと思ったので、乗鞍高原へ行くのはもう少し後にすることにして、
その代わりに電車で山梨県へ行くことにしました。
なぜ山梨になったのかというとそこまで深い理由はないのですが、
電車ではもう1年以上山梨方面へ行ってなかったので久しぶりに行きたかった
というだけです。
当初は行き先は5年前に一度行った甲斐大和の景徳院&道の駅や
小淵沢のアウトレット&道の駅辺りを考えていたのですが、韮崎市にある
武田家最後の城・新府城に行ってみたいと思い新府城跡へ行くことになり、
また新府城が立地する七里岩と呼ばれる台地に興味が湧き、
その周辺を歩いて一周してみることにしました。
また、山梨のガイドブックを見ていて気になった塩山(甲州市)にある恵林寺
にも行くことになりました。


最寄り駅発5:59の高尾行き普通列車に乗って岡谷駅を過ぎると、朝焼けに染まった
富士山が見え、こんな条件の日に諏訪湖畔から写真を撮りたかったと思いました。
昨年4月に日の出の時間帯を狙って下諏訪の諏訪湖畔へ富士山の写真を撮りに
行ったのですが、その日は富士山は霞んでいてあまり色付きもしませんでした。

7:17に新府駅に着き、歩いて新府城跡を目指しました。
思ったより近く、12分で新府城の入口でもある藤武神社の石段の所まで来ました。
21冬山梨01
そこにあった新府城跡の説明板を読んでから石段を上って新府城の本丸跡である
新府公園へ。
21冬山梨02

その後、二の丸へ行ってから三の丸へ。
三の丸は二の丸よりも土塁がはっきりと分かるように残っていました。
土塁の切れ間からは富士山が見え、その外側はちょっとした展望スペースのように
整備されていました。
21冬山梨03

約1時間後に新府城の入口近くまで戻ってきましたが、まだ朝という事もあり
この間に会った人は石段ですれ違った地元の小学生2人組だけでした。
ただ、帰りに入口の近くに諏訪ナンバーの車が1台停まっていました。
(行きと帰りは別ルートだったので会わなかった)

その後、新府城の南側を回り込んで台地の西側の釜無川に架かる桐沢橋へ。
途中、車のすれ違いが出来ない狭いトンネルを通り、新府城入口の所から
桐沢橋までは歩いて25分かかりました。
桐沢橋の上からは富士山がよく見えました。
21冬山梨04
ただ、時間的、季節的にやや逆光気味になってしまい、この辺りから見える
鳳凰三山、甲斐駒ヶ岳、八ヶ岳などに比べるとあまり綺麗には見えませんでした。

釜無川沿いの国道20号を上流に向かって歩き、桐沢橋の1つ上流側にある
入戸野橋から少し写真を撮ってから台地を上り、道の駅 にらさきを目指しました。
その途中、台地を上るつづら折りの道から甲斐駒ヶ岳や鳳凰三山が綺麗に
見えました。
21冬山梨05

21冬山梨06

台地の上まで来て中央東線の上を渡り、その先は細い道が蜘蛛の巣のように
複雑に入り乱れる複雑な道で分かり辛いのですが、GPSを頼りに道の駅に到着。
21冬山梨07
道の駅 にらさきでは少し早めの昼食として『うま丼』を食べました。
ここでは元々『焼きほうとう』を食べるつもりだったのですが、コロナの影響なのか
分かりませんが今はメニューにありませんでした。

その後、売店で気になったお菓子類を何点か買い、新府駅には11:37に到着。
新府に着いてから4時間以上、城跡散策に七里岩(台地)の地形観察、
山の写真撮影に道の駅見物に新府周辺の散策と、とても内容の濃い4時間でした。

新府発11:52の普通列車に乗り、12:36に塩山に到着。
駅から恵林寺までは約4kmありバスでも行けるのですが、あえて歩いて行きました。
ちなみに新府で歩いた距離は13kmほどです。
塩山駅から40分ほどで恵林寺の参道の入口まで来ました。
21冬山梨08
無料エリアを観てから庭園などのある有料エリアへ。
21冬山梨09

21冬山梨10
枯山水庭園に池泉庭園、うぐいす張りの廊下などもあり、寺好きの自分としては
とても楽しめました。

帰りは駅まで35分で歩き、駅前にある甘草屋敷の建物が目に付いて気になったので
甘草屋敷にも行き、塩山発15:22の列車に乗って15:42に甲府に到着。
甲府では以前一度行ったことのあるパン屋でパンを買ってから岡島百貨店を少し見て、
その後甲府駅北側の甲州夢小路内の店で信玄餅パフェを食べた後、
駅南側の店でほうとうを食べ、駅でお土産を買ってから18:02発の普通列車に
乗って帰りました。
スポンサーサイト



飯田線の旅2日目(天龍峡、飯田)

[12月29日]

朝5時半過ぎにホテルを出て、豊橋発6:00の天竜峡行き普通列車に乗車。
豊橋からの乗客は数人と予想していたのですが、意外と10人前後の人が乗車し、
そのほとんどが終点の天竜峡まで乗り、天竜峡から更に先まで乗って
行きました。

話は戻って行きは特急で通った飯田以南の区間を帰りは各駅停車でのんびりと
進み、列車は2時間ちょっとで静岡県の水窪駅へ。
行きに特急で水窪を通った際、思ったよりも民家が集中する大きな町で驚きました。
20年末飯田線11
水窪-大嵐間には長いトンネルがあるのですが、付近に民家のほとんど無い秘境駅の
大嵐駅の次の駅(飯田方面から乗ると)なのでもっと山の中の寂しい場所に
ある駅なのかと思ったら意外と大きな町だったので衝撃を受けました。
この旅行から帰宅してから知ったのですが、大嵐から豊橋方面へ向かうと駅を出た
直後に不自然に左へカーブして長いトンネルに入るのですが、それは水窪という
比較的大きな町を通るために迂回しているだけだと思っていたら、
実は元々このルートではなく大嵐駅から天竜川沿いを真っ直ぐ進んで中部天竜駅
へ抜けるルートだったのが、佐久間ダムの完成によって途中の線路が水没するため、
現在の水窪迂回ルートになったそうです。

列車は大嵐駅の次の飯田線一の秘境駅と言われる小和田駅へ。
20年末飯田線12
この駅は現在の皇后雅子さまご成婚の際、雅子さまの旧姓と同じ漢字の駅として
注目され、現在は国内屈指の秘境駅として注目されています。

列車が終点の天竜峡に到着する20分ほど前になり腹が減ってきたので、
前日に豊橋駅で“夜のおやつ”として買ったけど腹がいっぱいで食べれなかった
大あん巻き2本を食べ、9:08に天竜峡に到着。
天竜峡駅にはコインロッカーが無いので、予めネットで調べてコインロッカーが
ある事を知っていた近くの観光案内所へ。
百円玉が1枚しかなかったので、近くの自販機でコーンポタージュを買って飲み、
荷物をコインロッカーへ入れてから観光案内所のトイレへ行こうとすると鍵がかかって
いて使えなかったので、再び駅へ行ってトイレを済ませてから天龍峡散策へ。
天龍峡へ来たのは今回で3回目くらいだと思いますが、何れも駅近くの狭い範囲
しか回ってなくて、今回は吊り橋や1年前に開通した三遠南信道の天龍峡大橋にも
行こうと思い、たっぷりと3時間以上の時間を取ってあります。

まずは駅前の橋を渡り、龍角峯近くにある展望台へ。
20年末飯田線13

時間は9時半を過ぎていましたが、まだ薄っすらと霧がかかっていて視界はあまり
良くはありませんでした。
そういえば、11月にドライブでこれよりも南の天竜川沿いの為栗駅へ行った時も、
その途中の泰阜村でも天竜川付近には霧がかかっていたのですが、
この時季この辺りは霧がかかりやすいようですね。

展望台から少し下りた所にある吊り橋『つつじ橋』へ。
20年末飯田線14

20年末飯田線15

つつじ橋を渡り天龍峡大橋へ向かって歩いていると、途中で飯田線の線路が見える
撮影ポイントがあり、あと10分くらいで特急伊那路号が通過する予定なので
列車が来るのを待って写真を撮りました。
20年末飯田線16

その後、三遠南信道の天龍峡P.Aに寄って天龍峡大橋の展示コーナーを見てから
天龍峡大橋の歩行者通路『そらさんぽ』へ。
20年末飯田線17

20年末飯田線18

20年末飯田線19

20年末飯田線20

約2時間半かけて天龍峡をじっくりと散策し、12:33発の普通列車に乗り13:02に
飯田で途中下車。
飯田では五平餅を食べたいと思い、ネットで調べたりんご並木近くの五平餅店へ。
ここで4種類の五平餅を1本ずつ購入したのですが、店内で食べるつもりが箱と袋に
入って出てきたため、近くの公園のベンチで食べました。
20年末飯田線21

帰りの列車の時刻までまだ時間があったので、6月に実行した飯田~中津川
ウォーキングの時の道を途中まで辿ってみることにしました。
あの時は飯田駅を出発して40分くらいはまだ真っ暗でライトを使って歩いていたので、
明るい時にその場所を確認してみたかったのです。
段丘を降りる途中まで歩いて戻り、飯田発14:50の普通列車に乗って岡谷まで行き、
岡谷で乗り換えて18:11に最寄り駅に到着しました。

今年はコロナの影響であまり大きな旅行へは行けなかったものの、
今回の旅行は距離的にはそれほど遠くではなかったけどとても楽しめた2020年
を締めくくるのに相応しい旅行でした。

飯田線の旅1日目(豊川稲荷、豊橋、ラグーナ蒲郡)

12月28、29日は毎年恒例(?)の年末旅行として飯田線で豊橋まで往復してきました。
当初は2泊で飯田線経由で静岡県内を観光し、身延線経由で帰って来るという
コースを考えていたのですが、新型コロナウイルスの第3波が猛威を振るう中、
政令指定都市の浜松や静岡を通り、利用客数に対して編成の短い静岡県内の
在来線の移動はリスクが高いと思い、1泊で豊橋までの旅行に縮小しました。


[12月28日]

最寄り駅発5:59の中央東線の普通列車に乗り岡谷で飯田線の天竜峡行き
普通列車に乗り換え、9:35に飯田に到着。
途中、部活動で登校するとみられる高校生で車内は少しだけ賑わいましたが、
それでも全ての乗客が余裕で座ることが出来るくらいの乗車率でした。
飯田では特急『伊那路』に乗り換えるため、一旦改札を出て切符を買いました。
最寄駅から通しで買うことも出来たのですが、“あえて”飯田で区切って切符を購入。
飯田線で豊橋まで行くことと特急『伊那路』に乗ることは2012年の年始以来
約9年ぶりでとても楽しみにしていました。
『伊那路』では終点の豊橋までは行かず、豊川稲荷へ行くために1つ手前の豊川
まで2時間20分ほど乗るのですが、朝食を食べてから既に5時間半ほど経っており
豊川までの2時間20分もの間何も食べなければ腹が減ってしまうと思い、
飯田駅の売店でベルギーワッフルとチョコ菓子を買いそれを車内で食べることに。
ちなみに飯田駅は20年以上前には駅弁が存在したこともありました。
そんな中、現在はほとんど利用客がいないのではないだろうかと思う駅の売店の
店員さんが気の毒に思えてしまい(6月の飯田~中津川ウォーキングで飯田駅を
利用した際)、今回少しでも駅の売店に貢献したいと思ってここで何か買って
車内で食べようと最初から決めていました。

飯田発9:58の特急『伊那路』2号に乗車。
20年末飯田線01
自分が確認した限りでは始発駅の飯田からこの列車に乗った乗客は自分を入れて
わずか3人でした。
ちなみにこの旅行の出発日を年末年始休み初日の27日ではなく28日にしたのは、
Go Toトラベルが利用できるのが27日まででそれが使えない28日からは空くだろう
と思い、少しでも密を避けるために出発日を28日にしました。

飯田駅を出発した直後にワッフルとチョコを食べ終え、その後はじっくりと車窓を
楽しみました。
11月に為栗駅に写真を撮りに来たり2年前に中井侍駅から平岡駅まで歩いたりと、
9年前に飯田線に乗った時とは沿線の風景に対する想いは比べ物にならないほど
強く、豊川までの2時間23分はあっという間でした。
20年末飯田線02

12:21に豊川に到着。
乗車してきた伊那路号の乗車率ですが、途中で徐々に増えてはいったものの、
乗車率は最大でも10%程度でした。
JRの豊川駅にはコインロッカーが無いため、すぐ隣にある名鉄の豊川稲荷駅の
コインロッカーに荷物を入れ、豊川稲荷へ行きました。
豊川稲荷へ行くのは2回目です。
豊川稲荷へ行く前に周辺の店を少し見て回りました。
その中でうどん屋(?)の店頭でいくつかの商品を販売している中で
「きしめんチップス」が気になり購入。

その後、豊川稲荷へ行き参拝、見学をしました。

本堂
20年末飯田線03

狐塚
20年末飯田線04

帰りに露店の団子屋でみたらし団子ときなこ団子を1本ずつ買って食べてから豊川駅へ。
20年末飯田線05

豊川では2時間ちょっとの時間を取ってあったのですが、1時間ほどで用が済んで
しまったのと、この後の予定に余裕を持たせるために予定よりも3本前の13:49の
列車に乗って豊橋へ行きました。

14:05に豊橋に到着。
ホテルのチェックインは15時にならないとできないので、とりあえずホテルへ行って
荷物を預け、歩いて1.7kmほどあるアピタへ。
アピタへ行こうと思った理由は、自分が行きたいと思っていた若鯱家、スガキヤ、
そして豊橋で人気だというあんかけスパの店が何れもアピタの店内にあるからです。
そのアピタへ行く途中、今年閉店した豊橋で唯一の百貨店・ほの国百貨店の
前を通りました。
このデパートには数年前に“調査”のために一度来ていて、閉店すると知った時は
とてもショックでした。
ちなみに調査とは、客の入り具合や店内の雰囲気などを観察することです。
豊橋といえば数十年前までは愛知県第2の都市で、現在でも人口でいったら
長野市とほぼ同規模の都市なのですが、そんな豊橋からデパートが無くなった
ことは名古屋圏を贔屓にしている自分としてもとてもショックでした。
豊橋より10万人以上も人口が少ない松本市や甲府市にだってデパートがあるのに。

豊橋駅前のホテルから歩いて25分ほどでようやくアピタに到着。
まずはあんかけスパの店で鉄板あんかけスパを食べました。
20年末飯田線06

その後、若鯱家のカレーうどんやスガキヤのラーメンも食べたかったのですが、
ホテルには豊川稲荷の前の店で買った3種類の稲荷寿司(7個入り)と
豊橋駅で買った駅弁の三食稲荷寿司(7個入り)もあるため、
それを考えるとここでこれ以上食べたらそれらが食べられなくなると思い、
カレーうどんとスガキヤラーメンは諦め、スガキヤでクリームぜんざいだけを
食べました。

歩いてホテルに戻り(帰りは約20分)、2社の稲荷寿司を食べ比べながら
稲荷寿司14個を食べました。
本当は明日の朝食用に半分くらい残しておくつもりでしたが、消費期限が
この日の夜までだったので…。

その後、ラグーナ蒲郡へ行くために17時半頃ホテルを出ました。
元々豊橋から先へは行くつもりは無かったのですが、せっかく海の近くまで行く
のだから海が見たいと思い三河三谷辺りまで行ってみようと思って調べていると、
ラグーナ蒲郡のイルミネーションの事を知り、また、入場料を払わなくても入れる
ショッピングゾーンもあるので、ラグーナにはまだ一度も行ったことがなかったので
行ってみようと思ったのです。
豊橋駅にもイルミネーションがありました。
20年末飯田線07

豊橋駅の駅ビル内でお土産を少し見てから18:04発の普通列車に乗り、
ラグーナ蒲郡の最寄り駅である三河大塚には18:15に到着。
ここから徒歩20分ほどでラグーナに到着。
ショッピングゾーンでお土産を見ていると、蒲郡みかんのソフトクリームが
気になったので購入して食べました。
その後、建物2階のテラスから外のイルミネーションを見ていると、近くの遊覧船
乗り場の所で「イルミネーションクルーズ本日最終便です」という呼びかけが聞こえ、
それが気になって行ってみると、所要時間20分で料金も500円だけなので
乗ってみることにしました。

ショッピングゾーン1階テラスのイルミネーション
20年末飯田線09

イルミネーションクルーズの乗客は十数人程度でしたが、自分以外は全員室内に
行って自分は外の席を独り占め状態でした。
自分にとってはこの日の夜は決して寒くはなかったのですが、何故他の人は
わざわざガラス越しでしか見えない室内に籠っていたのか不思議に思えました。
船の上からはラグーナの有料エリアのイルミネーションはほとんど見えません
でしたが、海の上から見るヨットの帆のイルミネーションがとても綺麗でした。
20年末飯田線08

その後、ショッピングゾーンでお土産を購入後、腹は減ってなかったけどせっかく
海の近くに来たのだからと思い、海鮮の飲食コーナーで海鮮丼を食べました。
20年末飯田線10

帰りは三河大塚発20:36の列車に乗って20:47に豊橋に着き、ホテルに戻りました。

9/21妙高高原観光

笹ヶ峰の車を停めていた路肩を15:51に出発し、車で苗名滝へ向かいました。
その途中、眼下に野尻湖が見える場所があり、車を停めスキー場(妙高杉ノ原)の
斜面から写真を撮りました。
20妙高高原1

その後、16:24に苗名滝の駐車場に到着。
まずは登山後恒例のソフトクリームということで、駐車場近くの店で濃厚みるく
ソフトクリームをいただきました。
20妙高高原9

駐車場から苗名滝までは徒歩十数分かかります。
駐車場から少し行った所に砂防ダムがあり、そのダムの滝もなかなか迫力がありました。
20妙高高原2

そして苗名滝へ。
ここ数日の雨のせいか、川の水はかなり濁っていましたが、その分水量が多く、
迫力がありました。
20妙高高原3

20妙高高原4

20妙高高原5
意外だったのは、16時半過ぎという時間にも拘らず、案外多くの観光客が居たこと。
やはりコロナの影響でGWや夏休みに多くの人が遠出を控えていた中で迎えた
GO TOキャンペーン後のシルバーウィークという事で、行き帰りの高速道路は
車の交通量がとても多かったです。(特に帰り)

苗名滝の駐車場を17:11に出発し、5分ちょっとで『いもり池』近くの駐車場へ。
いもり池は水面に妙高山が映る池として人気の観光地だそうです。
駐車場に車を停め池を探して歩くが池が見つからない!
スマホのGPS機能を使って何とか池の場所が分かりいもり池へ。
しかし、妙高山は雲に隠れ、池の水面は蓮だらけで例え晴れていても
逆さ妙高山はほとんど見えないだろうと思いました。
ちなみに妙高山が見えればここで夕暮れ時の写真を撮ろうと思い三脚を持参
したのですが、この日三脚の出番はありませんでした。
20妙高高原6

20妙高高原7

20妙高高原8

いもり池の周りを一周し、車で近くの池の平温泉へ行ってみたのですがあまり
温泉街という感じの温泉地ではなく、そのまま車で赤倉温泉を目指しました。
せっかく新潟県まで来たのだからお土産でも買って行きたいと思っていたのですが、
この時間(18時過ぎ)まで営業している土産屋が見当たらず、
そんな中、温泉饅頭屋があったので近くの無料駐車場に車を停め、
そこで10個入りの温泉饅頭を購入。

その後、車で妙高高原駅へ。
目的は駅前の土産屋でお土産を買うことと、夕飯を食べること。
しかし、まだ19時前なのに営業している店はほとんどありませんでした。
赤倉温泉で温泉饅頭を買っておいて良かったです。
駅前に一軒だけ営業している食堂があったのですが、ソロ客の自分が
入りづらい雰囲気だったのでやめました。

そのまま飲食店を探しながら妙高高原I.Cに向かいましたが適当な店が無く、
姨捨S.Aまで我慢しようと思ったけど腹が減っていたので黒姫野尻湖P.A
(店の無いトイレだけのP.A)に寄って登山の時の携行食兼非常食として持ってきた
チーかまを3本食べ、姨捨S.Aに寄って食事をしてから帰宅しました。

南紀旅行3日目(那智山、那智勝浦)

【12月30日】

旅行最終日のこの日は朝から雨でした。
串本発8:03の普通列車に乗るため改札を通ろうとすると、駅員から
「雨のため上り坂で車輪が空回りしてしまい、現在5分ほど遅れて運転しています」
と言われました。
でもその列車は時刻表では串本駅着が7:57で6分停車の予定だったので、
到着は5分ほど遅れましたが出発は定刻通りでした。

8:42に紀伊勝浦に着き、コインロッカーに荷物を入れてから8:55発のバスに乗り
那智山へ。
ちなみに那智山とは、那智の滝をバックにした朱色の三重塔の景観で知られる
世界遺産の青岸渡寺の山号です。
9:20に那智山に着き、山用の防水のハードシェルジャケットを着ていたので
最初は傘をささずにいたのですが、雨が強くなってきてリュックもかなり濡れて
しまっていて、写真を撮る時はどうせ傘をささなければならないので、
途中から傘をさしました。

まずは那智大社へ。
19南紀3-01

19南紀3-02

それからそのすぐ隣にある青岸渡寺へ。
19南紀3-03

19南紀3-04

そして三重塔へ。
しかし雨で見通しが悪く、那智の滝は少し霞んで見えました。
19南紀3-05

17年前に来た時は滝の水量が少なくやや迫力不足でしたが、今回はあいにくの
雨ですが逆に水量が増えて迫力は増しているのではないかと期待しました。
そして滝まで行ってみるとやはり水量が増え、前回来た時よりも迫力がありました。
19南紀3-06

19南紀3-07
でも激しい雨のため、靴やズボンはびしょ濡れでした。

滝の近くの売店で黒飴ソフトクリームを買って食べ、那智山のバス停まで戻り、
11:45発のバスに乗って12:10に紀伊勝浦駅前に到着。
駅前で昼食を食べる店を探していると、おばちゃんが呼び込みをしている食堂が
あったのでその店に入りました。
その店は恐らく17年前にも行った店で、更に社会人になって間もない頃に両親を
連れて旅行した時にも入った店だと思います。
その店は紀伊勝浦駅の駅弁も作っている川柳という店で、
そこでさんま寿司、マグロのステーキ、刺身の盛り合わせなどがセットになった
川柳定食をいただきました。(写真はその中のさんま寿司と刺身の盛り合わせ)
19南紀3-08

その後、勝浦港にある勝浦漁港にぎわい市場へ。
19南紀3-09
ここでマグロの握り寿司8種盛をいただきました。
19南紀3-10

その後、駅前の土産店でお土産を買い、お菓子系のお土産で自分が求めていた
ようなものがあまり無かったので再びにぎわい市場へ行き、
その帰りに柑橘類の専門店でみかんを買い、紀伊勝浦発14:29の特急『南紀』
84号に乗車。
この列車は臨時列車なのですが、紀伊勝浦発車の5分前の時点での乗客は
自由席に2人と指定席は自分1人だけでした。
その後、紀伊勝浦から名古屋までの中間ほどの位置にある三瀬谷駅発車後も
自分の乗っている5号車の乗客は自分1人だけで、
隣の4号車も4人くらいしか乗っていませんでした。
結局名古屋までの約4時間の間、5号車はずっと自分1人だけで、
全体の乗客も推定20人程度だったのではないかと思われます。
ちなみに途中駅で下りの『南紀』とすれ違ったのですが、その列車は
およそ7~8割ほど席が埋まっているように見えました。

18:26に名古屋に着き、名古屋で夕食用の駅弁を2つ買い、
それを名古屋発18:40の特急『しなの』23号の中で食べました。