FC2ブログ

南紀旅行3日目(那智山、那智勝浦)

【12月30日】

旅行最終日のこの日は朝から雨でした。
串本発8:03の普通列車に乗るため改札を通ろうとすると、駅員から
「雨のため上り坂で車輪が空回りしてしまい、現在5分ほど遅れて運転しています」
と言われました。
でもその列車は時刻表では串本駅着が7:57で6分停車の予定だったので、
到着は5分ほど遅れましたが出発は定刻通りでした。

8:42に紀伊勝浦に着き、コインロッカーに荷物を入れてから8:55発のバスに乗り
那智山へ。
ちなみに那智山とは、那智の滝をバックにした朱色の三重塔の景観で知られる
世界遺産の青岸渡寺の山号です。
9:20に那智山に着き、山用の防水のハードシェルジャケットを着ていたので
最初は傘をささずにいたのですが、雨が強くなってきてリュックもかなり濡れて
しまっていて、写真を撮る時はどうせ傘をささなければならないので、
途中から傘をさしました。

まずは那智大社へ。
19南紀3-01

19南紀3-02

それからそのすぐ隣にある青岸渡寺へ。
19南紀3-03

19南紀3-04

そして三重塔へ。
しかし雨で見通しが悪く、那智の滝は少し霞んで見えました。
19南紀3-05

17年前に来た時は滝の水量が少なくやや迫力不足でしたが、今回はあいにくの
雨ですが逆に水量が増えて迫力は増しているのではないかと期待しました。
そして滝まで行ってみるとやはり水量が増え、前回来た時よりも迫力がありました。
19南紀3-06

19南紀3-07
でも激しい雨のため、靴やズボンはびしょ濡れでした。

滝の近くの売店で黒飴ソフトクリームを買って食べ、那智山のバス停まで戻り、
11:45発のバスに乗って12:10に紀伊勝浦駅前に到着。
駅前で昼食を食べる店を探していると、おばちゃんが呼び込みをしている食堂が
あったのでその店に入りました。
その店は恐らく17年前にも行った店で、更に社会人になって間もない頃に両親を
連れて旅行した時にも入った店だと思います。
その店は紀伊勝浦駅の駅弁も作っている川柳という店で、
そこでさんま寿司、マグロのステーキ、刺身の盛り合わせなどがセットになった
川柳定食をいただきました。(写真はその中のさんま寿司と刺身の盛り合わせ)
19南紀3-08

その後、勝浦港にある勝浦漁港にぎわい市場へ。
19南紀3-09
ここでマグロの握り寿司8種盛をいただきました。
19南紀3-10

その後、駅前の土産店でお土産を買い、お菓子系のお土産で自分が求めていた
ようなものがあまり無かったので再びにぎわい市場へ行き、
その帰りに柑橘類の専門店でみかんを買い、紀伊勝浦発14:29の特急『南紀』
84号に乗車。
この列車は臨時列車なのですが、紀伊勝浦発車の5分前の時点での乗客は
自由席に2人と指定席は自分1人だけでした。
その後、紀伊勝浦から名古屋までの中間ほどの位置にある三瀬谷駅発車後も
自分の乗っている5号車の乗客は自分1人だけで、
隣の4号車も4人くらいしか乗っていませんでした。
結局名古屋までの約4時間の間、5号車はずっと自分1人だけで、
全体の乗客も推定20人程度だったのではないかと思われます。
ちなみに途中駅で下りの『南紀』とすれ違ったのですが、その列車は
およそ7~8割ほど席が埋まっているように見えました。

18:26に名古屋に着き、名古屋で夕食用の駅弁を2つ買い、
それを名古屋発18:40の特急『しなの』23号の中で食べました。
スポンサーサイト



南紀旅行2日目(橋杭岩、一枚岩、紀伊大島、潮岬)

【2日目・12月29日】

この日は串本でレンタサイクルを借りて回るのですが、レンタサイクルの貸し出しを
行っている観光案内所の営業が9時からなので、当初はそれに間に合うように
新宮発6:56の普通列車に乗って8:02に串本に着き、明日の日の出撮影の
下見を兼ねて橋杭岩へ行って時間を潰し、それから9時頃駅に戻って
自転車を借りる予定でした。(橋杭岩は日の出スポットとして人気があります)
しかし明日は朝から雨の予報で日の出は見られないと思い、この日の始発列車で
串本へ行くことにしました。
ただ、始発列車に乗っても橋杭岩での日の出には間に合わないので、
日の出直後の橋杭岩の写真を撮ることが目的でした。

新宮駅前のホテルを6:10頃に出て、新宮発6:30の特急『くろしお』12号の自由席に
乗車。その車内から、海から昇る日の出が見えました。
19南紀2-01

7:21に串本に着き、コインロッカーに荷物を入れ、徒歩20分くらいかかって橋杭岩へ。
19南紀2-02

橋杭岩には道の駅があるのですが、『くろしお』で橋杭岩の近くを通った時に
そこから10人以上の人が写真を撮っているのが見えました。
道の駅の中の店は営業時間が9時からなのですが、そこで売られている
キンカンソフトクリームとマグロの唐揚げがとても気になりました。
もしレンタサイクルで時間に余裕があれば営業時間内にまたここに来ようと
思いました。

反対側からも橋杭岩を見てみたいと思い国道をもう少し先へ行ってみると、
山の方へ登って行く津波時避難場所があったので行こうとすると、
その反対側の海側の小さな山の所に鳥居があり、上に神社があるようなので
行ってみることにしました。
すると、高台から橋杭岩が見えるスポットがありました。
19南紀2-03
その後、津波時避難場所の高台にも行き、その途中の斜面からの眺めも
素晴らしかったです。

串本駅に戻り、駅に併設された観光案内所で電動自転車を借りました。
レンタサイクルで電動自転車を借りたのは中津川、勝沼ぶどう郷に続いて
3回目でしたが、今回借りた電動自転車はその2回とは明らかに形が違いました。
前輪が2つあり、タイヤがとても小さいのです。
そして実際乗ってみて、過去の2回よりもバランスが取りづらいと感じ、
また電源を入れていても上りが大変だと感じました。

国道42号線を白浜方面に進み、途中から国道371号線に入って古座川町にある
一枚岩を目指したのですが、途中で予想もしていなかったくらいの急な峠道を通り、
また、崖崩れのために工事していて片側通行になっている場所もあり、
思っていたよりもかなり過酷でした。
一枚岩までは40分ほどで着くだろうと考えていたのですが、実際は1時間ほど
かかり10:14に到着。
正直、ここは電動自転車とはいえ自転車で来るような場所ではなく、
レンタカーで来る場所だと思いました。
この一枚岩も橋杭岩と同様に道の駅になっています。
19南紀2-04

19南紀2-05

ここの道の駅の飲食コーナーでカルデラドーナツとみかんジュースを飲食し、
10:55に一枚岩を出発。
当初は行きと同じコースを通って紀伊大島へ行く予定でしたが、あの峠道をまた
通るのが嫌だったので、多少遠回りにはなるけど古座川沿いを下って古座駅前に
出るコースを通って行くことに。
行きの峠道よりはずっと楽でした。
また、こっちを通って行くと橋杭岩の前も通るので、帰りに寄ってきんかんソフトと
マグロの唐揚げを食べていくことにしました。

古座駅前を通り、紀伊姫駅を過ぎたあたりのホームセンターの所で、
歩道だと思って入って行った道がホームセンターの私有地の道路だったようで、
でも景色が良かったのでそこに自転車を停めて写真を撮りました。
19南紀2-06

19南紀2-07

その後12:27に橋杭岩に着き、きんかんソフトとマグロの唐揚げを食べました。
マグロの唐揚げは少し期待外れでしたが、きんかんソフトは今まで食べた
ご当地ソフトの中でも屈指の美味しさでした!

12:57に橋杭岩を出て、途中の回転寿司屋で寿司を食べてから紀伊大島へ。
紀伊大島は17年前に電動じゃない自転車で島の先端の樫野埼まで行ったのですが、
今回は時間的に樫野埼まで行くのは無理そうなので、15時くらいまでに潮岬に
着ける範囲内の所まで行こうと考えていました。
しかし電動自転車でも島の中の坂道を思うようにグイグイとは上れなくて、
13:50頃に島に入ってから1kmちょっとほどしか来てない所にある、本に載っていて
気になっていたパン屋さんでパンを買って引き返し、潮岬を目指しました。

その途中、島の入り口の所にある展望スペースに寄って行きました。
19南紀2-08

14:55に潮岬に到着。
潮岬タワーの売店はレンタサイクルの返却場所にもなっているのでここで
自転車を返却しました。
当初潮岬では夕日の写真を撮影する予定で三脚も持ってきたのですが、
雲が増えてきて夕日は絶望的だったので、予定よりも1本前の17:02の
バスに乗って帰ることにしました。

まずは潮岬タワーの売店でみかんとミルクのミックスソフトクリームを買って
食べていると、ちょうど大型船同士のすれ違いがあり、シャッターチャンスを
逃してしまいました。
潮岬付近の海域は関西や瀬戸内方面を行き来する船で船舶の往来が
激しいのです。
19南紀2-09

その後、潮岬灯台へ。
19南紀2-10
灯台の中にも入り、上まで上りました。
バスの時間までまだ時間があったので休憩所で休んで時間を潰し、
17:02発のバスに乗って串本駅前へ。
コインロッカーから荷物を出し、ホテルにチェックインし、夕食と明日の朝食を
買うために近くのスーパーへ。
スーパーの中にはパン屋もあり、朝ここの前を通った時にとてもいい匂いが
したのでパン好きの自分としてはとても気になっていました。
ただ、紀伊大島で買ったパンもあるので、少し控えめに買いました。

南紀旅行1日目(熊野、御浜、新宮)

12月27日~30日まで3泊4日で南紀旅行へ行ってきました。
1日目の28日の日にも色々回るためにはどうしても名古屋発8:05の特急『南紀』
1号に乗りたくて、それに乗るためには名古屋での前泊が必要だったので、
27日の仕事を終えてから特急『しなの』24号で名古屋入りしました。
尚、27日は名古屋まで移動しただけなので、28日を1日目とさせていただきます。


【12月28日】
名古屋駅前のホテルを7時半頃に出て名古屋発8:05の特急『南紀』1号の
指定席に乗車。
列車は1両増結の5両編成で、指定席の乗車率は70~80%ほどでした。
南紀へ行くのも特急『南紀』に乗るのも17年ぶりでしたが、
紀伊長島から先の海沿いの区間は絶景が多くとても見応えがありました。
(それ以前の区間も色々と見応えはあります)
19南紀1-01

11:13に熊野市に到着。熊野市で下車したのは、三重県御浜町に行ってみたい
道の駅があり、ここで普通列車に乗り換えをするためです。
でも乗り換え時間が1時間半くらいあるので、周辺を散策し、
ここで昼食を食べようと思っていました。
不要な荷物をコインロッカーへ!と思い駅のコインロッカーを探しましたが
ないではないか!
17年前は確かあったと思うし、観光客の利用だって多いはずのこの熊野市駅に
何でコインロッカーがないんだ?

仕方ないので大きなバッグを持ったまま行くことに。
まずは海まで歩きました。
19南紀1-02

その後駅前まで戻り、ネットで調べた店で食事をするつもりでしたが
休業していたので、駅の真ん前にある食堂に入りました。
ここで南紀名物のめはり寿司とさんま寿司を食べました。
19南紀1-03

19南紀1-04
めはり寿司は“寿司”とは付きますが、味付けされた高菜の葉でご飯を巻いた
おにぎりのような食べ物です。

駅に戻り12:46発の普通列車に乗り、13:05に阿田和駅に到着。
この駅から徒歩数分の所に『道の駅 パーク七里御浜』があります。
ここはみかんなどの柑橘類に特化した道の駅です。
19南紀1-05
1つ気掛かりなことがあり、それは大きなバッグを持ったまま道の駅の
売店などを見るのはかなり迷惑になるのではないかということ。
でも中に入ってみると売店内の通路は意外と広く、
それほど問題なく店内を見て歩くことが出来ました。
この道の駅ではみかんソフトクリームとみかんジュースを買って飲食しました。
また、道の駅内の他の店でプラスチックのパックに入ったみかんジュースも買い、
外で飲みました。
19南紀1-06

その後、近くの海浜公園みたいな所へ。
19南紀1-07

駅に戻り、15:01発の新宮行きの普通列車へ、と思っていると、
なんとその列車は臨時列車でこの日は運転されないらしい。
しかも次の列車は2時間後で、それでは新宮で観光が出来ないではないか!
そういえば駅のすぐ近くにタクシーの営業所があったなと思い、
そこからタクシーで新宮まで行くことにしました。

14:20頃阿田和の駅前を出て、約20分後の14:40頃にこの日泊まる
新宮駅前のホテルに到着。
まだチェックイン開始時刻の前でしたがチェックインできました。
荷物を置いてから観光案内所で新宮市内の地図を貰い、
まずは神倉神社へ。
ちなみに17年前も新宮市内のホテルに泊まりましたが、
新宮で観光をするのは今回が初めてです。
神倉神社は正直それほど期待はしてなかったのですが、
色んな意味でとても見応えがありました。
参道の石段が下の方がかなり急な上に石もそれほど綺麗には揃ってなくて、
もし誤って踏み外したり滑ったりしたら死ぬかもしれないと思い、
少しビビりながら慎重に上って行きました。
じつは熊野市駅で特急『南紀』を降りる際、座席と通路に段差がある事を
忘れていて思いっきり転んでしまったのです。
もしこの石段でそんなドジをしてしまったら命にかかわるので、
余計慎重になりました。

そして538段の石段を上り、ご神体の巨石のある本宮へ。
19南紀1-08
ここから新宮市内や太平洋が一望できました。(その写真は後日『旅日記』
の中に載せたいと思います)

日没まで時間が無いので急いで次の目的地の熊野速玉大社へ。
19南紀1-09

16:24に新宮駅に到着する特急南紀があるのですが、南紀が熊野川に架かる
鉄橋を渡っている時の写真を撮りたかったので、川沿いの道を走り気味に
橋に近い方へ向かいました。
そして定刻よりも5分ほど遅れて特急南紀が鉄橋を渡りました。
19南紀1-10

その後新宮城跡へ行き、駅近くの寿司屋でまぐろ丼と刺身の盛り合わせを
食べ、スーパーで明朝の朝食を買ってからホテルに戻りました。

昇仙峡~荒川ダム(後編)

昇仙峡のロープウェイ駅や観光施設などが集まる場所から歩道の無い山道を
30分ほど歩き荒川ダムへ。
その途中、ロープウェイ駅周辺の街が見えました。
19昇仙峡11

更に進むと荒川ダムの堰堤が見えてきました。
19昇仙峡12

景観を重視してか、堰堤は石垣のような見た目になっていました。
19昇仙峡13

堰堤の上は関係者以外立ち入り禁止になっていましたが、堰堤の歩いている
観光客もいました。
19昇仙峡14

19昇仙峡15

堰堤から少し行った所が湖畔の公園のようになっていて、その公園の道路を挟んだ
向かい側に大黒屋という茶屋があり、そこで少し遅めの昼食を取ることに。(13時半頃)
ちなみにこの店はガイドブックに載っていて餅がお勧めのようだったので、
この店に寄ることは最初から決めていました。(餅好きなので)
頼んだメニューは三色餅とほうとう鍋。

まずは三色餅。サービスとして胡麻豆腐のようなものも付けてくれました。
19昇仙峡16
三色餅はとても柔らかくて絶品でした!
胡麻豆腐のような食べ物もとても美味しくて一瞬にして平らげてしまいました。

そしてほうとう鍋。
こちらも美味しくて汁も全て飲み干しました。
19昇仙峡17

その後、そこからもう少し上流部へ行った所にある荒川大橋の方まで行きました。
19昇仙峡18

19昇仙峡19

19昇仙峡20

橋を渡って右に少し行った所にトイレのある公園がありましたが、
トイレは閉鎖されていて使用できませんでした。

時間があればもう少し上流部にある板敷渓谷まで行こうと考えていたのですが、
昇仙峡をのんびりと散策していたこともありこの時点で14時半を過ぎていたので
板敷渓谷は断念し、昇仙峡滝上バス停に向かいました。
途中ロープウェイ駅に寄ってトイレに行き、昇仙峡滝上発15:52のバスに乗って
16:45頃甲府駅前に到着。
甲府では以前一度行ったパン屋へ行くつもりだったのですが、
閉店間際の時間だったので諦め、岡島デパートへ行って7階のレストラン街
(といっても2店舗しか営業してなかった)で少し早めの夕食を食べ、
甲府発18:02の普通列車に乗って帰りました。

昇仙峡~荒川ダム(前編)

23日の土曜日は山梨県の昇仙峡へ紅葉を観に行ってきました。
昇仙峡へ行くのは5年ぶり2回目で、5年前の時は雨に降られてしまいました。
また、5年前はバスで終点の昇仙峡滝上まで行きその比較的近場までしか
歩かなかったのですが、今度行く時は昇仙峡口でバスを降りそこから渓谷に沿いの
遊歩道を通って滝上バス停まで歩きたいと思っていました。
更に、それよりも更に上にあるダムまでも行ってみたいと思いました。


自宅を朝6時半過ぎに出て最寄駅から普通列車に乗り8:40に甲府駅に到着。
駅前のバスターミナル発9:15発のバスに乗車。
紅葉シーズンの週末という事で昇仙峡滝上行きのバスを待つ人は100人近くまで増え、
追加便も運行されるとのことでしたが、自分は1台目に乗れました。
9:44に昇仙峡口バス停に到着。ここで乗客の1/3くらいの人が下車しました。

長潭橋の上から
19昇仙峡01

19昇仙峡02

19昇仙峡03

19昇仙峡04

寒山拾得岩
19昇仙峡05

羅漢寺橋
19昇仙峡06

覚円峰
19昇仙峡07

紅葉は全体的にもう色褪せ気味でしたが、渓谷美とのコントラストが綺麗でした。
写真を撮って寄り道しながら歩いたので、設定タイムが1時間15分の長潭橋から
複数の店などがある昇仙峡園地まで2時間かかりました。
時間は12時になり腹も減っていたのでこの辺で軽く何か食べていきたいと思いました。
軽くというのは、腹が減ってはいたけど腹の調子があまり良くなかったのです。
そして昇仙峡園地の野外に椅子とテーブルがある店で抹茶の信玄ソフトを食べました。
その後、仙娥滝、ロープウェイ駅方面へ向かいました。

石門
19昇仙峡08

覚円峰(後ろから)
19昇仙峡09

仙娥滝
19昇仙峡10

腹の調子も落ち着いてきて、昼食を食べる店を探しながらロープウェイ駅方面へと
歩きましたが、飲食店はどの店も混んでいたので結局そのままロープウェイ駅を
過ぎ、荒川ダムへ向かいました。

[後編へ続く]