FC2ブログ

初の伊那GRAMHOUSE

18日の日曜日は自身初の伊那グラムハウスでのライブでした。

自分の会場入り時間は14時半でしたが、寄って行く所があったので午前10時半頃
家を出て、近所のショッピングセンターに寄ってから下道を経由して南箕輪村の
『道の駅 大芝高原』へ。
道の駅へ行く際に大芝高原までは簡単に来れたものの、道の駅がどこなのか迷い、
付近を一周して何とか辿り着きました。
道の駅内のレストランで『飛び地カレー』を食べ、それだけでは足りなかったので
道の駅内のベーカリーでパンを買ってそれを車内で食べてから伊那へ。
まだ時間に余裕があったのでアピタへ行き、それから伊那市駅前の『いなっせ』の
駐車場へ車を停めグラムハウスに会場入りした時間は14時過ぎでした。

今回のライブの出演者は知り合いのバンドが1組もいなくて、グラムハウスのスタッフの
人とも面識が無かったので、知り合いが1人も居ないという中でのライブで
それはそれで新鮮ではありました。
ただ、自分は顔を覚えてなかったのですが、出演バンドのメンバーの1人が7月に
出演させていただいた上諏訪ロックハーツのスタッフの人でした。

ライブは6組中2番目に出演。

[セットリスト]
1.それゆけ!きしめん!
2.松本城初代城主・石川数正
3.GO-HEY!
4.名古屋魅力発見
5.尾張七代藩主・徳川宗春
6.名古屋の和菓子
7.おやきサンバ

4曲目の『名古屋魅力発見』では2番のAメロの最初の部分を1番の歌詞で歌って
しまいましたが、それ以外はそれといった間違いもなく、それなりの出来だったと
思いますが、盛り上がりという点では1曲目は物珍しさからそれなりにウケましたが、
それ以降はそこまで盛り上がりませんでした。
ただ、ある対バンのバンドのメンバーには好評だったのでそれが救いでした。

翌日は仕事が早番だったため、精算を早く済ませ21時半頃会場を後にしました。
スポンサーサイト

ハートライブ

28日の日曜日は、元スマンスのmasaさん主催のイトーヨーカドー店頭での
野外イベント・ハートライブに出演させていただきました。
当初は7組出演の予定でしたが、1組が出れなくなってしまった関係で、
自分がこのイベントのトリを務めさせていただき、アンコールまで
やらせていただきました。
ただ内容はというと、終盤は声が嗄れてしまったり、マイクの音飛び(一時的に
電源が切れる)が起こったりで納得のいくものではありませんでした。

[セットリスト]
1.松本城初代城主・石川数正
2.GO-HEY!
3.名古屋魅力発見
4.尾張七代藩主・徳川宗春
5.おやきサンバ
6.信州人
EN.名古屋の和菓子

何故アンコールが『名古屋の和菓子』だったのかというと、
今回のライブ用のオケ(ライブの時に流す打ち込み音)のCDはCD-Rの
節減のために9月の長野ロズベリーカフェでのライブの時と共通の物を使い、
このCDに入っている曲8曲中6曲を歌い、残っていた曲は『うつく四国』と
『名古屋の和菓子』の2曲だったのですが、『うつく四国』を披露するための道具は
持ってきていなかったので、自動的に『名古屋の和菓子』となったのです。

今回のライブの教訓は「野外ライブでもリハの音確認をしっかりやる」ことです。
ライブハウスでのライブでは、声嗄れ対策として自分の声の返しを大きめにして
もらっているのですが、今回はそれをリハの時に疎かにしてしまったため、
本番で自分の声が聴き取りにくくなり、それで力んで歌ってしまったために
声を嗄らしてしまいました。

伝説のライブ

17日はALECXでライブでした。
今回は通常ブッキングライブでしたが、ALECXのスタッフの方にお願いして京都の
山本新さんを誘わせていただきました。

今回のライブは正直言ってお客さんは少なかったですが、内容的には自分の納得の
いくライブが出来ました。
自分の納得度でいえば今までのライブをやってきた中で1番の出来だったかもしれません。
そういう意味では個人的に伝説のライブになったかもしれません。

[セットリスト]
1.信州人
2.松本城初代城主・石川数正
3.GO-HEY!
4.名古屋魅力発見
5.猫舌君
6.名古屋の和菓子
7.おやきサンバ
EN.尾張七代藩主・徳川宗春

今回何故それだけ納得のいく内容だったのかというと、まずはペース配分を考え、
最後までそれなりのキレがあったこと。
そのため、3曲目の『GO-HEY!』ではいつもほど無理をせず多少キレを欠いていた
かもしれません。

次に声の出し方を注意し、ステージの声の返しがすごくいい感じだったので歌いやすくて、
最後まで声を嗄らさずに歌えたこと。

あとは歌詞を間違えずに歌えたこと、表情などの表現力が自分なりに出し切れたこと、
苦しくて歌えてない部分がそれほどなかったこと、いつもほどMCがグダグダでは
なかったこと、などです。

でも逆にお客さんがいっぱい入った会場でもっと凄く盛り上がっている会場でも
それだけのライブが出来たかといえば分からないです。
盛り上がりの凄いライブやお客さんがいっぱいの会場だとどうしても飛ばし過ぎたり
力んでしまったりして、終盤バテバテだったり声を嗄らしてしまう傾向にあるのです。

山本新さんとはリハ後に夕飯を食べに行き、ライブ後にプチ打ち上げをしました。
自分は次の日早番だったのであまり無理が出来なかったのですが、
それでも22時20分頃までの約1時間、お客さんとして来てくれたテルコさんも
加わって打ち上げをしました。

ロズベリーカフェでヨルステ

15日の土曜日は長野市権堂のロズベリーカフェでピンクけむけむ企画
【ヨルステ】に出演させていただきました。

午前11時頃自宅を出て、塩尻北I.Cから高速へ。
途中、安曇野I.Cで一旦高速を降り、モンベルの安曇野店に寄って
登山用のヘルメットを購入。
ヘルメットが必要な岩山に登るためではなく、今月下旬~来月中に登ろうと思って
いる御嶽山のもしもの時の噴石対策です。

その後、再び安曇野I.Cから高速に乗り、姨捨S.Aで昼食を食べ、ライブ会場の
ロズベリーカフェ近くの駐車場には14時前に到着。
リハは17時頃からとの事ですが、何故こんなに早く来たのかというと、
この日はライブハウスJで10年くらい前に活動していたバンドばかりを
集めた同窓会イベント的なライブがあって、本当はそのライブを
観客として観に行きたかったのですが自分のライブとかぶってしまったため、
もう何年も会っていないかつてユーキ企画に出演してくれたバンドの
メンバーに人目だけでも会いたかったからです。

権藤から歩いて長野駅前まで行き、Jの前で15分ほど待ったけど知っている人が
現れなかったので、とりあえず一度Jを去り、東急百貨店へ。
催事場で行われている物産展で熊本ラーメンを食べたりしてから再びJへ。
すると、ANGEのメンバー、マカロニ倶楽部ドラムのせいいちさん、
LAST☆PIECEボーカルのaicoさんに会えました。
H.のメンバーに会えなかったのは残念でしたが、何年も会っていなかった人に
何人も会えて良かったです。

ロズベリーカフェでのライブは19時からスタートして、ユーキは8組中6番目に出演。
今までお互いのライブは何度か観ていた『山口さん』とも初めて対バンでき、
最近知り合ったばかりのももこさんとも初めて対バンでき、
ユーキのライブもそれなりにウケが良く、とても楽しいイベントでした。
残念だったのは時間の都合でロズベリーカフェの料理が食べられなかった事です。

[セットリスト]
1.うつく四国
2.GO-HEY!
3.名古屋魅力発見
4.尾張七代藩主・徳川宗春
5.信州人

11年ぶりのビージェネ出演

9日の日曜日は松本市のミュージックコートHANAで行われた【ビートジェネレーション】
に出演させていただきました。
ビートジェネレーションは以前は瓦レコードで行われていましたが、主催者の
かおりんさん(現在は「花織」さん)の一身上の都合により一旦終了し、
今年になってから約10年ぶりに復活した音楽、パフォーマンスイベントです。
自分は2007年以来11年ぶりの出演となります。

お店の営業上の都合で約2時間のうちに6組がライブをするため、
1組の持ち時間が15分・3曲に制限されており、セットリストは悩みました。

[セットリスト]
1.うつく四国
2.尾張七代藩主・徳川宗春
3.おやきサンバ

自分の前の井口綾香さんが凄く盛り上がった事や、3曲だけでということで
最初から飛ばし過ぎてしまったせいか、3曲目では声が嗄れてしまっていました。
ステージの楽器配置の関係であまり思うように動けませんでしたが、
宗春の時の動きはいつも以上にキレがあったと思います。

今回のライブでは共演者の人や共演者の石田秀和さんのお客さんで
何年かぶりに会えた人もいて嬉しかったです。


ライブ後はHANAで食事をしてから近くの登山用品店へ。
今回の目的は、今月下旬から来月くらいに登る予定の御嶽山の噴石対策の
ヘルメット、山で水場があった場合に気軽に水を飲めるようにステンレス製の
コップ、そして夏山と比べ荷物が嵩張る秋山のための今持っているのよりも
容量の大きいリュックを見るためです。
ヘルメットはあまり気に行ったのが無かったため、15日にライブで長野へ行く
途中に安曇野I.C前のモンベルで見て行くことに。
リュックは今持っている一番大きいのが30Lの容量なので35Lのも買うつもり
でしたが、自分の欲しかったメーカーの35Lのリュックで自分の身長に
合った長さの物が無く(店員さんが言うには)、今持っているのと同じ30Lだけど
それよりも入れる部屋が沢山あり実容量では持っているのよりも結構大きく
感じたそのメーカーの30Lのリュックを買いました。(写真左)
カリマーリュック
それとコップも買いました。