マネキネコ解散

ブログでの報告が遅くなってしまいましたが(というか見てる人いるのか?)、
昨年9月に結成し、活動(練習)休止中だったユーキと女性ボーカルによる打ち込みユニット
『マネキネコ』は解散することになりました。

実は解散を発表した前日にツイッターで活動再開の発表をしたばかりなのです。
解散に至った経緯を説明すると、(元)相方が活動休止の期限の目安としていた
3月が終わり相方に連絡したところ、マネキネコをやりたいとの返答があり、
ツイッターで活動再開を発表しました。
そして早速次の練習日を決めようとしたのですが、続けたい気持ちはあるものの、
ユーキの練習のペースについていく自信がないとの連絡が来たのです。
相方は元々精神状態に波があり、その事はある程度承知の上でユニットを組みました。
しかし、初ライブに向けてユニットがある程度の状態になるまでは毎週練習をしたい自分と、
精神面や体調面での不安を抱える相方との間に練習に対する温度差が出てきてしまいました。

練習はおよそ月1回ペースで結局3回しか出来ず、なかなか練習ができず焦る自分と、
練習をするだけの精神面、体調、スケジュールなどがなかなか合わない相方。
このまま今までのように月に1回出来るか出来ないかの練習をしていても、
いつになったらライブを出来る状態になるのか分かりません。
また、相方の精神面や体調面を考えると、ライブが決まっても直前に
キャンセルになってしまう可能性もあり、だったら今のうちにやめておいた方がいい
との結論に至り、解散することに決めました。

楽しみにしていた方には本当に申し訳ありませんでした。
と相方も言っておりました。
スポンサーサイト

3.18 金豚祭vol.7

18日の土曜日はa.Cで或ナグラム企画『金豚祭vol.7』に出演させていただきました。

まず今回、松本のバンド界隈で実力、人気を兼ね備えた若手バンドである
或ナグラムの企画に呼んでもらえて大変光栄だったのですが、
“地元バンド”として呼んでもらったのにお客さんを全く呼べなかったことが
本当に申し訳なく思いました。
確かに他の出演バンドと共通のお客さんという人は何人かいたのですが、
自分がこのイベントに集客で貢献できなかったことが何よりも悔しかったです。

[セットリスト]
1.うつく四国
2.松本城初代城主・石川数正
3.中央西線
4.GO-HEY!
5.名古屋の和菓子
6.信州人
7.尾張七代藩主・徳川宗春

出来自体は自分としては決して悪くは無かったと思いますが、
今回のライブのDVDを家で観たところ、「ここはもっとこうした方が良い」と
思った部分がいくつもありました。

ユーキのライブは「若い世代にウケがいい」と思っていたのですが、
今回若いお客さんが中心の中でお客さんの反応はそこまで良くはなくて、
自身すごく楽しみにしていたライブでしたが自分としては“不発”に
終わってしまったという印象でした。

ライブ後は打ち上げに参加し、午前2時半頃帰宅しました。

復活の期限

昨年9月に結成し、練習を数回やっただけで現在活動休止中の
女性ボーカルユニット『マネキネコ』。
相方が3月頃までバタバタしてしまい精神的にも余裕がないので、
それまで活動をリセットさせて欲しいと言っていた期限の3月ももう半ばです。

今月いっぱいは相方からの連絡を待ち、4月になっても何も連絡が無い場合は
こちらから連絡するつもりです。
その時にもし相方にユニットを続ける意思が無ければ無理に続けようとは思いませんが、
自分の「ユニットを続けたい」という想いは伝えるつもりです。

とりあえず今はもう少し相方をそっとさせておきたいと思います。

深夜食堂 エニシング 祝5周年記念興行【ガキの頃のように ~パート5~】

19日の日曜日は長野市のLIVE HOUSE Jで行われた

深夜食堂 エニシング 祝5周年記念興行【ガキの頃のように ~パート5~】

に出演させていただきました。
今回で3年連続での出演でした。

持ち時間は20分と普段のライブの30分と比べ短いので、
曲数は5曲で行いました。

[セットリスト]
①松本城初代城主・石川数正
②中央西線
③GO-HEY!
④名古屋の和菓子
⑤信州人

今回のイベントには長野市の三才駅の歌を歌われてる演歌歌手の
加藤浩司さんも出演されるという事で、
長野県内の曲を多めに入れました。
そのため、ユーキライブの超定番曲である『尾張七代藩主・徳川宗春』を
外すという異例のセットリストとなりました。

『名古屋の和菓子』の時に練習不足による体力不足や、歌いながらだと少し無理のある
振り付けなどのために息が続かなくて上手く発声できなかった部分があり、
課題が残りました。

この翌日の仕事が早番勤務のため、止む無くイベントがまだ終わっていない
21:45頃に会場を後にしました。
恒例のベンジャミン上野さんのカラオケを観ていけなくてとても残念で
無念でしたが、遅くても食事込みで23時半までには家に帰らなくては
翌日の仕事に支障が出ると思ったので、途中で帰らせていただきました。

帰りは梓川S.Aで夜食を食べ、自宅には23:25頃着きました。

『名古屋の和菓子』初披露

11日はALECXでライブでした。
16:30スタート、全8組出演という長いイベントの5番手として出演しました。
最初から最後まで大勢のお客さんが居て、仲間内の人のバンドも出演したこともあり
知り合いのお客さんも多く、かなり盛り上げてもらって楽しくライブすることが出来ました。

[セットリスト]
1.信濃忍者
2.松本城初代城主・石川数正
3.中央西線
4.それゆけ!きしめん!
5.尾張七代藩主・徳川宗春
6.名古屋の和菓子
7.信州人

そして新曲『名古屋の和菓子』を初披露しました。
自分が新曲を披露する場合、練習を始めてからライブで完璧に歌えるようになるには
4週間の練習期間が必要で、今回の練習期間は3週間でした。
今まで3週間の練習で間違えずに歌えた記憶はないのですが、
今回は猛練習(?)の甲斐もあってなんとか無事に歌いきることができました。
(1箇所間違えかけたのはご愛嬌として)

今回の新曲はその名も『名古屋の和菓子』。
あまり知られていませんが、実は名古屋は意外と和菓子処なのです。
それは、江戸時代に尾張藩を治めていた尾張徳川家(家康の九男・義直の血筋)で
茶の湯が盛んだったことに由来しています。
そして七代藩主宗春の時代にそれが更に広まったそうです。
そして現在でも名古屋は全国屈指の茶道の盛んな土地柄で、
茶席に付き物の和菓子の消費量も多いそうです。
現在はどうなっているか分かりませんが、愛知県の和菓子店の数は
47都道府県の中で1位だそうです。(何年か前のデータのようですが)

そんな名古屋の和菓子処としてのイメージをもっと広め、
名古屋に歴史の街的なイメージをもっと強く持ってもらい名古屋の観光の発展に
少しでも貢献できたらと思い作った曲です。