手を抜けって事?

先日、高校野球で大量リードしているチームが1試合で11個の盗塁をしたことに対し、
一部では非難の声があったとの事。
これはアメリカ大リーグの「大差でリードしているチームは盗塁してはいけない」
という暗黙のルールに影響された人だと思いますが、
私にはそのルールがとても理解できません!
だってそれって言い換えれば、大差でリードしているチームは手を抜いてプレーしろと
言っているようなものですよね。

例えば高校野球の地区予選で、優勝候補の強豪校と、
キャッチボールもまともに出来ないような野球の初心者ばかりの学校が対戦して、
強豪校の初回の攻撃が100点くらい入って、
いつまで経ってもチェンジになりそうもないというような試合だったら、
止む無くわざと三振してアウトになるという事も仕方ないと思います。
しかし、同じ大リーグのチーム同士、NPB(日本のプロ野球)のチーム同士、
各都道府県の代表校同士の試合で、しかも10点差以内の点差だったら
必ずしもセーフティーリードとは言い切れないと思うし、
そんな中で8点差とか6点差程度のリードをしているチームが
盗塁をしたら非難されるなんてのは馬鹿げた話だと思います。
それに、「この選手の盗塁が見たい!」とか、「走る野球が大好き」という人にとっては、
お金を払って試合を観に行ったのに、その変なルールによって自分の好きな
プレーが見れなくなってしまうなんておかしいと思う。

では、大量リードしているチームはそれ以上点を取ったらダメという事?
本塁打王を争っている選手がフルスイングしてはいけないのですか?
ピッチャーは力を抜いて投げなくてはいけないのですか?
ペナントレースで独走しているチームは力を抜いてプレーしなくてはいけないのですか?

例えが多少大袈裟かもしれませんが、でも自分にはその暗黙のルールとやらが
それらと同レベルの事に感じます。
スポンサーサイト

高校野球観戦

松本市野球場へ高校野球を観に行ってきました。
元々この日は上田まで自分の母校の応援に行く予定だったのですが、
母校は既に敗退…。

何年も前から母校の応援には行きたいと思っていたのですが、
試合の日が出勤日だったり、別の予定があったりでなかなか行けず、
今年は母校が春の大会で中信地区のベスト4になって今年は期待できると思って
行く気満々だったのにその前に負けてしまい、
母校の試合でなくてもいいからとにかく高校野球が観たい!
硬球が金属バットに当たった時のあの音を生で聴きたい!
ということで、今日は特に予定もなく暇だったので急遽行くことにしました。

この日の松本市野球場での試合は創造学園vs佐久長聖、
松本第一vs更科農業の2試合。
しかし駐車場が満車で停められないではないか!
県大会4回戦を少し舐めていました。
それに2試合とも地元松本の高校の試合ですからね。
結局、周辺をグルグル彷徨った挙句、1kmほど離れたスーパーの駐車場へ停め、
球場に着いた頃には第1試合が終わっていました。

第2試合は松本第一vs更科農業。
私は第一高校側の3塁側で観戦しました。
日が当たって暑かったですが、バックネット裏の屋根の下ではなく、
バックネットやフェンスが邪魔にならない位置で観戦。
これはプロ野球観戦での経験を活かし、
自分が最も観戦しやすいと思っている場所を選びました。

松本市野球場(高校野球)

試合の方は9-4で第一が勝ちました。
第一は学校が球場のすぐ近くなのですが、スタンドに一般の生徒は意外と少なかったです。

楽天優勝

楽天イーグルスが球団創設9年目にして初優勝をしました。
球界再編に揺れた2004年、近鉄バッファローズが消滅し、
あの不公平な分配ドラフトによって、言い方は悪いがほぼ“残り物”の選手で
構成された楽天イーグルス。
創設から2年連続最下位となり、その後、野村監督、星野監督によって
徐々に力が備わってきて、9年目でついにリーグ優勝を果たしました。

10年前の球界再編騒動の時は、自分は特に近鉄ファンとかいう訳ではなかったけど、
球団合併、1リーグ化への動きが加速してきて、
もしそうなったらプロ野球が衰退してしまう、プロ野球がつまらなくなってしまうと思い、
長野で行われたオールスターゲームの会場の外で球団合併反対の署名活動に
参加させてもらいました。
あの時は本当にファンと選手会の心が一つになっていました。
特に印象的だったシーンは、当時選手会の会長だったヤクルトの古田選手が、
昼間に今後の球界の行方を大きく左右するオーナー側との会議に出席し、
夜はナゴヤドームでのドラゴンズ戦に出場しました。
古田選手は会議が終わってから東京から名古屋に移動してきたため、
試合の途中からの出場になったのですが、
古田選手の打席になってコールされると、対戦相手であるドラゴンズのファンからも
大歓声で迎えられたというシーンが感動的でした。

結局近鉄バファローズは消滅してしまいましたが、
今までプロ野球チームの無かった仙台に新球団・楽天イーグルスが誕生し、
1年目からずっと応援していました。

そんな経緯があったからこそ、楽天の優勝には特別な想いがあります。

ドラゴンズ戦観戦

浅間の松本市野球場へDeNAベイスターズvs中日ドラゴンズの試合を観に行ってきました。
ドラゴンズの試合を観戦したのは10年ぶりくらいだったんですが、応援で使うメガホンというかバットが今では細いやつが主流になっていて、自分が持って行った大きいVメガホンを持っている人なんかほとんどいませんでした!

試合はドラゴンズが3点差を逆転されて6−10で負けてしまいましたが、地元でドラゴンズの試合が観れて楽しかったです。
お盆という事で、遠征組も大勢来ていました。
帰りに松本駅のホームで電車を待っている時、ドラゴンズファンの女の子2人組と地元のおじさんが話しているのを聞いたんですが、その女の子2人組は大阪から来たそうで、松本市内のホテルを予約しようとしたけどどこも満室で、塩尻のホテルを予約したそうです。
地元の人間として、遠くから松本に観戦に来て、宿泊したり観光してくれることは嬉しいですね。

球場2

球場1

ホーム初戦

11日の日曜日に山雅がJ2としてのホーム初戦を迎えます。
観に行きたい気持ちはあるんですが、
北信越リーグ時代に一度行っただけで、
地元での注目度が更に高くなった今となっては、
少し行き辛い感じになってます。
選手の名前もほとんど知らないし…。

11日といえば、名古屋ウィメンズマラソンがあります!
名古屋国際女子マラソン時代は正午頃スタートでしたが、
今回から参加枠が広がったという事で、
午前9時にスタートだそうです。