FC2ブログ

千畳敷・雪山観光

10日の日曜日は中央アルプスの千畳敷へ行ってきました。
決して登山ではなく、あくまでも散策ですが、一応アイゼンとストックは持参しました。
でもそれは山に登るためではなく、ロープウェイの駅周辺を散策するためです。
ちなみに千畳敷には一昨年の夏に一度行っていて、その時は普通のスニーカーで
駒ヶ岳まで登っています。

自宅を6:20頃出発し、中央道の伊北I.Cから高速を使い、千畳敷への“登山口”となる
駒ヶ根市の菅の台バスセンターの駐車場には7時半過ぎに到着。
散策とはいえ、登山靴や登山用スパッツなどそれなりの装備でしたが、
冬山用のアウタージャケットは持っていないので上は山用ではない
ファッションブランドのジャケットを着て行きました。
するとバスを待つ人の大部分の人は本格的な冬山装備で、そんな中で自分は少し
浮いた存在に映ったのではないかと思う。

8:15発の始発のバスに乗る予定でしたが乗り切らなかったため、
その後8:45頃に臨時便2台が来てその1台目に乗り込みました。
約30分でロープウェイのしらび平駅に到着。
ロープウェイを待っている時に係員の人が「宝剣岳へ行かれる方はいませんか?」と
訊いていて、宝剣岳では昨日滑落事故が発生し大変危険な状態になっているので
行くのを控えた方がいいと呼びかけていました。

しらび平発9:45の臨時便に乗り約7分後に千畳敷に到着。
建物から外に出ると雪で覆われた宝剣岳の大パノラマが広がっていました。
19千畳敷1

乗客のほとんどが冬山登山客だったようで、アイゼンを装着して駒ヶ岳方面へと
歩いて行きました。
19千畳敷2

建物の反対側に回り込んでみると、伊那谷、南アルプス、そして富士山の頭の部分が
見えました。
19千畳敷3

19千畳敷4

アイゼンを装着してこの周辺を散策することも考えていましたが、装着するのが面倒
なのと、ここから少し歩いたくらいではそこまで景色が大きく変わる場所もないだろう
と思い、アイゼンは装着せずに建物の周辺だけの狭い範囲を散策することに。

建物の表の方に戻ると宝剣岳の主峰ではない別の岩場の峰の急な斜面を登って
行く人たちがいて怖いな~と思いました。
19千畳敷5

この時の外の気温は恐らく-10℃以下でずっと外に居ることは辛かったので、
建物の中に入ってはまた外に出て、という事を3,4回くらい繰り返しました。
また、建物の中の軽食コーナーには椅子やテーブルがあってそこで何も頼んで
ないのに座っている人もいましたが、普段は絶対に頼むことはないであろうカフェラテ
なんてものを頼み椅子に座って南アルプスや富士山を眺めながら暖まっていました。
19千畳敷6

ロープウェイ
19千畳敷7

結婚式で使われた十字架の雪像
19千畳敷8

最後に宝剣岳の写真をもう1枚撮影
19千畳敷9

時間が遅くなるにつれ、ロープウェイで到着した人の一般観光客の割合が増えて
きていて、自分としては少し心強かったです。
千畳敷には約2時間滞在し、11:55のロープウェイで下山し、
12:44に菅の台バスセンターに到着。
帰りに小黒川P.Aに寄って昼食を食べ、14時半頃帰宅しました。

この前日の滑落事故の登山者は私がロープウェイで下山した後の午後にヘリで
救助され、死亡が確認されたそうです。
またこの行った当日の午後にも宝剣岳で滑落事故による死者が出たそうです。
スポンサーサイト

2/9 ALECXライブ

9日の土曜日はALECXでライブでした。
普段出演するライブでは自分よりも年上の出演者がいることはあまりないのですが、
この日のイベントは自分よりも年下の出演者の方が少ないくらい年齢層の高いライブ
でしたが、決して万全ではない体調の中で精一杯のパフォーマンスが出来たと思います。

[セットリスト]
1.名古屋魅力発見
2.GO-HEY!
3.中央西線
4.それゆけ!きしめん!
5.地獄と天国
6.尾張七代藩主・徳川宗春
7.おやきサンバ


次回のライブは3月に決まっているのですが、こちらはまだ情報が解禁になって
いないのでまだ発表はできません。
自分としては早く告知したくて仕方ないのですが…。

いくさかの郷のおやきリベンジ

新しい車になって2週間が経ち、その乗り慣らしの意味も兼ねて、
昨年10月に行った時におやきが売り切れていて買えなかったリベンジと
またおからドーナツとおからクッキーが食べたくて、生坂村にある
『道の駅 いくさかの郷』へ行ってきました。

その途中、安曇野市の『道の駅 ほりがねの里』に寄り、
そこから少し歩いた歩道から常念岳などの山の写真を撮りました。

常念岳(左側)と横通岳。
2019年2月常念岳1

常念岳、横通岳と右の方には有明山、その右奥の白い山は餓鬼岳?
2019年2月常念岳2

ほりがねの里から車で4,50分ほどでいくさかの郷に到着。
到着したのは12時前で、灰焼きおやきの売り場へ行くと野菜ミックスは既に
売り切れていましたが茄子が残っていたので購入しました。
サイズはかなり大きめでした。
その後、農産物直売所でおからドーナツやおからクッキーなどを買ってから
食事処で『とうじうどん』をいただきました。
いくさかの郷とうじうどん

帰りは安曇野I.Cから長野自動車道を通り、新しい車で初めて高速道路を走りました。(2区間だけですが)

真冬の乗鞍高原

1年前に乗鞍高原の凍った滝『氷瀑』を観に行き、それが自分が本格的に登山を
始めるきっかけの1つにもなったのですが、1年前はまだ一眼レフカメラを持ってなくて
一眼でも氷瀑を撮影したかったのと、冬場のちょっとした山歩きの意味合いも兼ねて、
今年の冬も乗鞍高原へ行ってきました。
また、先週新しくなったばかりの車での初めての長距離(中距離?)ドライブでもありました。

自宅を8:40頃出発し、約1時間で番所大滝の駐車場へ。
ここから滝へ行くには急な階段もあり冬場は滑って結構危ないので、
今回はアイゼンを装着して行きました。(去年はスノーブーツでしたが)
19年1月乗鞍高原1

19年1月乗鞍高原2

去年はここでは誰にも会いませんでしたが、今回は1人の人と会いました。

車で移動して次は善五郎の滝へ。
乗鞍高原の直前まで雪の量は僅かでスキー場は大丈夫か?と少し心配になり
ましたが(決して自分がスキーやスノボーをやるわけではないが)、スキー場の
辺りまで来るとそれなりの積雪はありましたが、去年来た時よりは少ない印象でした。

善五郎の滝の駐車場には6,7台ほどの車が停められていました。
そして去年来た時よりは少なかったですが、2人の人がアイスクライミングを
していました。
それ以外にも滝を見に来たカップルや十数人の団体の人達などが居ました。
19年1月乗鞍高原3

19年1月乗鞍高原4

19年1月乗鞍高原5

19年1月乗鞍高原6

車で休暇村乗鞍高原へ移動し、まずは中のレストランで昼食として
『信州サーモン山かけ重』(テーブルのメニューには「山かけ丼」となっているが
店の入り口の所のメニューには「山かけ重」となっていて実際丼ではなく櫃で出てくる)
を食べました。
このメニューを食べるのは一昨年の秋に紅葉を観に来た時以来です。

食事後、休暇村から歩いて5分ほどで行ける牛留池へ。
牛留池には何度か来たことはありますが冬来たのは初めてでした。
19年1月乗鞍高原7

19年1月乗鞍高原8

車に戻り、最後の目的地の日帰り入浴施設『湯けむり館』へ。
ここは1年ぶり2度目です。
入浴を済ませてから、館内のレストランで気になっていたピザと『こけももソフト』
を食べました。
コケモモソフトは確か去年も食べましたが、ピザも気になったので注文しました。
よく高原へ行くと石窯で焼いたピザがありますが、今回初めてそのような焼きたての
ピザを食べてみたのですが、こけももソフトも美味しかったですがピザもかなり
美味しかったです。
19年1月乗鞍高原9

新車

先月契約した新車が納車となりました。
C-HR.jpg

真冬の寒い時季ということや、つい先日の酷い土埃、また普段から洗車や
車内清掃をあまりやらないこともあり、今まで乗っていた車をかなり汚い状態で
引き取ってもらい何か申し訳ない気持ちでした。
だったらちゃんと綺麗にしてから引き取ってもらえって話ですが、
この寒い時季で前日の土曜日が仕事だった事、午前中の納車だったこともあり、
「少しは綺麗にしておいた方がいいかな?」と思いつつもやれませんでした。

今まで乗っていた車で行った主な遠い所は、富山、長岡、東京(調布)、宇都宮、
房総半島(一周)、伊豆半島(一周)、浜松、白川郷、津、京都
といったところです。

納車したこの日は近場にしか行きませんでしたが、この冬のうちに車で行く予定の
少しだけ遠い所は乗鞍高原と駒ヶ根です。
乗鞍高原は去年の冬にも行った凍った滝を見るのとアイゼンでの雪道歩行の練習も
兼ねて行きます。
駒ヶ根は一年中営業している中央アルプスの駒ヶ岳ロープウェイに乗り、
白銀の千畳敷カールを散策しようと思っています。