FC2ブログ

上伊那紅葉ドライブ

10日の日曜日は上伊那方面へ紅葉を観に行ってきました。

自宅を8時半過ぎに出て、最初に行ったのは辰野町の横川渓谷。
横川渓谷へ行くのは初めてでしたが、もう少し手前にある『かやぶきの館』には
何年か前にライブを観るために行ったことがあります。
かやぶきの館からもう少し行くと案外大きな集落があったので驚きました。
かやぶきの館より先は山ばかりで住居なんか無いと思っていたのですが、
意外と開けていました。

集落を過ぎ、ダムを過ぎてから少し行くとその先が工事のために通行止めに
なっていました。
その先に滝があるそうなので行ってみたかったのですが滝は諦め、
通行止めの手前のキャンプ場前の駐車場に車を停め、横川渓谷へ。
ちなみにこの川の名前は『横川川』(よこかわがわ)と『川』が2つ付きます。
19上伊那紅葉01

そしてここには『蛇石』という大蛇の化石みたいな細長い石があります。
19上伊那紅葉02

横川渓谷を後にして横川ダムへ。
19上伊那紅葉03

19上伊那紅葉04
ここにはトイレもありましたが水道が使用できなかったのでこの後行く大芝高原
まで我慢することに。

横川ダムから約40分ほどで南箕輪村の道の駅 大芝高原に到着。
19上伊那紅葉05

19上伊那紅葉06

19上伊那紅葉07
人口の池『大芝湖』とその先の広場を散策し、昼食はこの後行く小黒川P.Aで食べる
予定だったけど腹が減っていたので、レストランでポテトとソーセージのガレットを
食べました。

その後、一般道から中央道の小黒川P.A(下り線側)へ。
一般道から小黒川P.Aを利用する人も結構多いようで、十数台分ある一般道側の
駐車場はほぼ埋まっていました。
小黒川P.Aではスナックコーナーに以前あって気になっていたけど食べたことの
なかった馬刺しの載った『さくら丼』を食べたかったのですが、そのメニューが
無くなっていたのと、席がほとんど埋まっていたためスナックコーナーで食べることを
諦め、売店に売っていて気になった地元産の米を使用したおにぎりを2つ買って
食べました。

小黒川P.Aから一般道を通って駒ヶ根へ向かったのですが、
この日は天気が良くて南アルプスがよく見えたため、南アルプスがよく見える
場所は無いかと思い中央アルプス側の標高が高い方を目指して走っていると、
牧草地帯(?)の向こうに南アルプスが見える絶景スポットがあったため、
近くの動物ふれあいパーク的な所の駐車場に車を停め、写真を撮りに行きました。

19上伊那紅葉09

小黒川P.Aにあった山名の案内板によると、左側の少し尖った山が甲斐駒ヶ岳、
中央の山が仙丈ケ岳、右側の雪で白くなった山が間ノ岳と農鳥岳だそうです。
19上伊那紅葉08

その後駒ヶ根まで行き、光前寺へ。
光前寺へ行ったのは2年前に木曽駒ヶ岳へ行った帰り以来2回目です。
ちなみにその時が初めて登山届を出して登った登山で、
千畳敷からスニーカーで登りました。
19上伊那紅葉10

19上伊那紅葉11

帰りに駐車場前の土産店で赤飯饅頭を2つ買って車の中で食べました。
予定ではこの後駒ケ根高原にも行く予定でしたが、夕方から予定があったため、
駒ヶ根I.Cから高速に乗って帰りました。
その途中、小黒川P.Aに寄り(さっき寄った方とは逆の方)、ローメンとソースかつ丼の
セットを食べました。
スポンサーサイト



南小谷から歩いて日本海へ(後編)

平岩パーキングを11:50に出発。
ここから少し行くと全長5777mという長大な洞門とトンネルが続きます。
子供の頃、新潟県に入ってからとにかく洞門が多かったという記憶が残っていますが、
2つのトンネルと合わせて5777mも続くのです。

洞門内には駐車スペースがないため、車で通ったらこの景色をまともに見ることは
できません。
南小谷糸魚川21

途中、洞門内で後ろから自転車で来た人がいたのですが、洞門内で唯一(?)
外に出られる場所に入ってそこで写真を撮っていて、その後その自転車に
抜かれなかったので、また長野県方面に戻って行ったものと思われます。
南小谷糸魚川22
ちなみに上で「駐車スペースがない」とは書きましたが、ここには一応車は
停めれそうでしたが、時速40キロ以上で走っていたらこの出口を見つけて
そこから出ることは難しいと思われますし、そこから車道に入る時は
見通しが悪く危険です。

洞門内にはほとんど歩道はあるのですが狭いため、車が来た時(特に大型車)は
柱と柱の間に避難しました。
南小谷糸魚川31

対岸には大糸線の線路が敷かれている洞門があります。
南小谷糸魚川23

後ろを振り返るとこんな感じです。
南小谷糸魚川24
よくこんな深い谷を歩いて来たなと思います。

そして2つのトンネルを合わせて全長5777mの洞門をやっと抜け出しました。
時間にして1時間ちょっとかかりました。
その直後に小滝駅の近くを通りましたが、この辺りにも民家らしき建物はほとんど
見当たりませんでした。
そこからもう少し行くと橋があり、その橋の上から西側に明星山と思われる
印象的な山が見えました。
南小谷糸魚川25

その後、根知駅から少し行った所にあるフォッサマグナパークの駐車場に13:56に到着。
南小谷糸魚川26
ここでトイレ休憩と水分補給をしました。

それから頸城大野駅の近く、姫川駅前を通り、15:43についに国道148号線の終点、
国道8号線に突き当たる日本海の目の前までやって来ました。
そこから東へ少し歩き、15:55に日本海展望台に到着。
この時には足がかなり重くなってきていました。

東側
南小谷糸魚川27

西側
南小谷糸魚川28

日本海展望台を16:10に出発し、16:15にゴール地点の糸魚川駅に到着。
南小谷糸魚川29

駅のトイレに行ってから駅前にある商業施設『ヒスイ王国館』でお土産を少し見た後、
今回の糸魚川まで歩いた後の目的である寿司を食べるというミッションを行うため、
以前一度行ったことのある駅前の寿司店へ。
すると店のシャッターが閉まっていて休業日のようでした。
だったら前回糸魚川に来た時に寿司を食べた他の店へ、と探したけど見当たらず、
それにあれだけの距離を歩いて来たのでこれ以上探し回る気力もなく、
ヒスイ王国館内の喫茶店の所に糸魚川ブラック焼きそばの幟が立ててあったなと思い、
寿司は諦めブラック焼きそばを食べることに。
駅前に戻る途中、数年前の糸魚川の大火事の現場付近を通ったのですが、
辺りは新しい建物が立ち並び、8月の東北旅行の時に行った津波の被災地の
岩手県大槌町の光景と少し重なりました。

そしてヒスイ王国館へ行くと、さっき来た時には営業していた喫茶店が営業を
終えていました。
帰りの新幹線の時間までもうそれほど余裕がなく、仕方ないので糸魚川で食べて
いくことは諦め、新幹線で長野に着いてから何か食べようと考えました。
ヒスイ王国館の売店でお土産を見ていると、糸魚川の郷土料理でもある『笹すし』
が売られていたのでそれをお土産と共に買い、新幹線ホームのベンチで食べました。
南小谷糸魚川30
量が少なくてこれだけでは全然足りませんでしたが、山岳地帯をあれだけ歩いてきて
腹を空かせ、糸魚川では食事にありつけなかった自分にとってはご馳走でした。

新幹線で長野までの40分間は立ちっぱなしで、長野駅で立ち食いそばを食べ、
長野駅で買った駅弁を帰宅してから食べました。

南小谷から歩いて日本海へ(前編)

4日の祝日の日は南小谷駅から新潟県の糸魚川まで歩いてきました。
半年ほど前から「やってみたい!」と思い、自分にとっての登山シーズンが終了した
10月下旬頃から行く日を探っていて、観に行きたいライブはあったものの、
この日を逃したら今年はもう行けないかもしれないと思い4日に行くことに。
子供の頃、海水浴で毎年通っていた思い出の道なのですが、
南小谷から先の渓谷に沿った山岳区間は海に早く行きたい子供の頃の自分に
とってとてつもなく長く感じました。
大人になり車の免許を取ってから自分の運転でも何度かこの区間を通りましたが、
当時と比べると道も改良され近くはなったものの、延々と続く洞門は今も健在です。
その区間を歩いて日本海まで行ってみたいと思ったのです。


自宅を朝の5時20分頃出発し、車で松本駅前へ。
松本発5:58の大糸線の信濃大町行き普通列車に乗車。
信濃大町で乗り換え、終点の南小谷には8:19に到着。
南小谷まで乗車したのは自分だけでした。

トイレに行ってから8:26に南小谷駅を出発。
途中で中土駅方面を通る旧道の入り口があり、現道と合流できることを地図(スマホ)
で確認し、旧道を通って行くことに。
旧道は姫川に沿った絶景ポイントも多く、旧道を選んで正解だと思いました。
南小谷糸魚川01

途中で現道の橋の下を通る場所もあります。
橋は雪除けの屋根で覆われているので通行する車は見えませんが、
車が通る音は聞こえました。
南小谷糸魚川02

対岸にあった大糸線の線路が鉄橋で姫川を渡り、こっち側に来ました。
南小谷糸魚川03

道路のすぐ隣には大糸線の線路があります。
南小谷糸魚川04

赤い洞門と、正面に見えるのは平倉山?
南小谷糸魚川05

中土駅前を通り、その後現道に合流するとこの日最初のトンネルになりました。
すると、場所によっては暗くて足下がほとんど見えない場所があったため、
途中のトンネルとトンネルの間の洞門になっている少し明るい所で、
念のために持参したライトを取り出しました。

その後、北小谷駅前を通る旧道を少し通り、10:09に『道の駅 小谷』に到着。
南小谷糸魚川06
ここに寄るのは2年前の『東海北陸道ドライブ』の帰り(夜)以来2回目です。
道の駅好きな自分としては売店でご当地菓子チェックをしたかったのですが、
大雑把に出した予定到着時間で9分遅れていたため、トイレと水分補給だけして
9分後の10:18に出発しました。

その後、トンネルを2つ抜け新潟県との県境にある国境橋に10:51に到着。
南小谷駅を出てから2時間25分で新潟県までやって来ました。
南小谷糸魚川07

その直後の大所トンネルは今回通ったトンネルとしては一番長く、抜け出すのに
25分くらいかかりました。
南小谷糸魚川08

大所トンネルを抜けると平岩の街が見えてきました。
南小谷糸魚川09

もう少し先へ行くと対岸に岩山がありました。
南小谷糸魚川10

紅葉と対岸の大糸線
南小谷糸魚川11

そして11:38に平岩パーキングに到着。
ここでトイレ休憩と食事をすることに。
南小谷糸魚川12
ここにはプレハブのトイレと休憩所があり、休憩所には飲み物の自販機が1台と、
喫煙所がありました。
休憩所は少し煙草臭かったですが、誰も居なかったのでここで持参したパンを食べ、
昼食としました。
平岩パーキングでは12分休憩し、11:50に出発しました。

[後編へ続く]

11/2長野ロズベリーカフェライブ

2日の土曜日は長野市のロズベリーカフェにて【NAGANO NIGHT STAGE】に
出演させていただきました。
持ち時間20分で普段のライブハウスでのライブと比べ狭いステージでのライブでした。

[セットリスト]
1.名古屋魅力発見
2.木曽路へGO!
3.(もののけ姫)
4.尾張七代藩主徳川宗春
5.おやきサンバ

1曲目の『名古屋魅力発見』のAメロの振りを変更しました。
以前『おやきの歌』のサビで使っていた振りを取り入れました。

登場SE無し、最前列のお客さんが近すぎるということもあり2曲目の途中まで
いまいち調子に乗れませんでしたが、それ以降は大分良くなったと思います。

自分のライブが終わってからお店の看板メニュー(?)の焼きパスタを食べようと
注文したのですが用意できないとの事でタコライスを食べたのですが、
こちらもとても美味しかったです。

乗鞍高原&木曽

20日の日曜日は乗鞍高原と木曽へ行ってきました。
何故、乗鞍高原と木曽だったのかというと、元々は木曽方面の道の駅を
巡ったり、五平餅を食べに行こうと思っていたのですが、
2週間前の乗鞍登山の時にスタート直後に道を間違え、どこでどう間違えたのかが
凄く気になっていてそれを検証してみたかったので、ちょうど紅葉も見頃という事
なので最初乗鞍高原へ行ってから木曽へ行くことになりました。


自宅を7時半過ぎに出て、ガソリンを入れてから乗鞍高原へ。
観光センターでトイレに寄り、9:06に鈴蘭橋の駐車場に到着。
乗鞍木曽01
2週間前はこの写真の真ん中の方へ向かって歩いて行きましたが、
今回はスキー場のリフトのある方のゲレンデへ出てから上って行く“もう1つのルート”
を通って行ってみることに。

乗鞍木曽02
ここは地図上の登山道のルートとはやや外れた場所だと思われますが、
ここをもう少し上って行くと(下の写真)本来の登山道に合流できるはずです。
ちなみにこのルートは2週間前は通っていません。
乗鞍木曽03

そしてここは間違って歩いて行った本来の登山ルートではない道です。
正面には乗鞍岳山頂の剣ヶ峰が見えます。
乗鞍木曽04
ただ、この写真の左側にわずかに写っている建物に『↑乗鞍岳登山道』としっかりと
表示されていたので、かつてはこっちが乗鞍岳への登山コースだったのでは
ないかと思われます。

そして検証の結果、↓の地図のように間違えたのではないかと思われます。
乗鞍木曽05
黄緑色の線が本来通ろうとしていたルート、青色の線が実際に歩いたおおよその
ルート。
ちなみにここでは線は途中で切れていますが、実際はこのまま川沿いを通って
三本滝の近くで三本滝方面から乗鞍岳へ行くルートに合流しています。
この地図にはそのルート(スキー場から三本滝近くへ出るルート)は載っていませんでした。
また、この地図の黄緑色の線の矢印の先端の“もう1つのルート”の合流地点の
途中まで行ってみましたが、その合流地点とみられるリフトの出発点へは
結構下らなくてはいけなくて、また上ってくるのが大変だと思い行きませんでした。

このスキー場でもう1つ調べたい事がありました。
それは、ゲレンデが小大野川の上を通っている場所があるというので、
その場所がどんな風になっているのか見てみたかったのです。
そしてこれが小大野川に架かるスキー場の橋です。
乗鞍木曽06
スキー場のコースでありながらこの部分だけ舗装されています。
そしてスキー場の真下を流れる小大野川。(橋の上から撮影)
乗鞍木曽07

鈴蘭橋の駐車場を10:16に出発し、上高地乗鞍スーパー林道を通って奈川へ。
その途中、一の瀬牧場から少し行ったどじょう池の前の道が紅葉見物に来た人の
車で混雑していました。
紅葉が綺麗だったので寄って行きたかったのですが、混雑していたのと
急いでいたので諦めて通過しました。

スーパー林道を抜け、11:03にながわ山彩館に到着。
写真はながわ山彩館南側の山並み。
乗鞍木曽08
ながわ山彩館でご当地お菓子類を数点買い、11:18に出発。

境峠を通って木祖村の国道19号へ出て、11:58に道の駅 日義木曽駒高原に到着。
ここで松茸おにぎりや木曽牛バーガーなどを買い、松茸おにぎりを車内で食べ、
12:14に出発。
上松町まで南下し、ネットで調べた寝覚ノ床近くの五平餅が名物の食堂へ。
しかしその店の駐車場が狭くて停めれなかったので、もう少し先の『ねざめ亭』の
駐車場に車を停めました。(12:35着)
ねざめ亭からはタダで寝覚ノ床が上から眺められます。
乗鞍木曽09
でも駐車してそれだけでは申し訳ないので、売店で少し買い物をしてから
五平餅が名物の食堂へ。
ここで五平餅定食とくるみ味の五平アイスクリームを食べました。
乗鞍木曽10

ねざめ亭の駐車場を13:13に出発し、13:19に道の駅 木曽福島に到着。
ここでは気になったご当地パン(といっても作っているのは伊那市)などを買い、
13:51に出発。
予定ではこの後木曽福島によって街を散策しようと思っていたのですが、
予定の時間よりも遅くなっていた事や、ご当地菓子などを沢山買って
かなり出費しているので木曽福島散策は諦め、今の季節限定の木曽福島名物
だという栗子餅を買いたかったので木曽福島の和菓子店にだけ寄り、
その後、道の駅 木曽川源流の里きそむらに寄って(14:26~14:43)
甘酒ソフトクリームを食べ、15時半頃帰宅しました。